2019.02.23

【メモ】仙台 0-0 浦和

(スタメン)

浦和は織部公言通り、ゼロックス杯から橋岡→山中。マルが引き続きベンチ入り確保。

仙台も事前予想通り。長沢、兵藤の新戦力に加え、ハモン、関口、富田、永戸、蜂須賀と天皇杯決勝にはスタメンでなかった面子がゾロゾロ。

(前半)

仙台は意外にも長沢やハモンへのロングボールが多いが、マウリシオ&槙野が難なく対応。

仙台が簡単にボールを失うので最近の仙台戦には珍しい浦和がボールを支配。しかし仙台の攻守の切り替えは早いので、浦和はいつも仙台の守備ブロックが整った状態で攻めている。

仙台は高めの位置に523の守備ブロック。浦和はパス回しに緩急がなく、連携もイマイチなのでFWまでボールがなかなか渡らない。柏木が前を向かせてもらえないせいか、代わってエヴェが前に進出。

ほとんど決定機は作れなかったが、それでも徐々に噛み合い始めた感じで前半終了。

仙台はカウンターでハモンが裏抜けに成功すると面倒なくらいか。攻撃は浦和以上に可能性を感じない。エヴェをボールの奪いところとして狙っている気はするが。相変わらずラフプレー多い。

正直塩試合。


(後半)

仙台は前半より石原にボールが入るようになり、ついに57分関口クロス→長沢ヘッドという仙台らしいサイド攻撃を見せたものの、西川が好セーブ。そしてこれが両チームを通じてこの試合唯一の決定機らしい決定機か。

浦和は59分カウンターからエヴェのシュートで終わった場面があり、さらにFKから仙台のエリア内ハンドくさい場面があったものの笛はならず。

織部は長澤→マル、興梠→ナバウトと替えたもののさしたる効果はなく、仙台も長沢に代えてジャーメインを入れたのが不可解。

仙台はシュート数こそ増えたが、ハモンがミドルをやたら撃つだけで可能性は感じられず。

寒さが身に染みる塩試合だったが、浦和の攻撃の不完全燃焼ぶりが際立った。織部はこの時期「負けなければ良し」と考えていると思うけど。

| | トラックバック (0)

大味@蕨 ~ エビチャーハン

005

 蕨駅東口から中央分離帯に植え込みがある通りを産業道路方面へ。約2年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客10と相変わらずの人気店。屋号は「タイミー」と読みます。

 外観通り何でもありの町の中華料理屋さん。とにかく盛りが多いことで有名で、近所の湊部屋に所属する逸ノ城関が来店した時の写真(もっともまだ髷が結えなかったころですが)が飾ってあります。下手にセット物なんて頼もうものなら爆死するのは確実なので、無難そうな「エビチャーハン(780円)」を注文。

 店内は4人掛けテーブル2卓、6人掛け1卓、2人掛け2卓。大きくはない店内に目一杯テーブルを詰め込んだ感じ。混んでくるとすぐに相席になります。

0041

 何度か往訪済みの店ですが、相変わらずバカでかい。フツーのチャーハンの倍以上あるでしょう、これ・・・・これの大盛りなんて、それこそ関取じゃないと無理じゃろう・・・ おまけに付いてきたわかめスープまでやたらでかいし・・・

 チャーハンなのでそれなりに脂っぽいのはやむを得ないのですが、「餃子の王将」のチャーハンみたいな濃い目の味付けではなく、どちらかといえば薄味。ただ混ぜ込んであるのはほぼ卵のみで、あとはニラがわずかに認められるだけ。また海老もエビチリにありがちなプリプリ系ではなく、軽く揚げてある感じ。

 従って薄めの味付けとはいっても味わいが単調なのは否めず、半分食べた辺りから急激に食のピッチが落ち、最後はレンゲが止まり勝ちに。

 「カニチャーハン」を頼んでいた後客が「小」にしてもらっていましたが、たぶんそれが正解。でも特に美味いというわけではなく、とにかく量が多いという店で「小」を頼むというのはなんだかなぁという気も。もうこの手の店は卒業かなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.02.22

食べラー・メンマ牛丼@すき家

001

 「すき家」が2019年1月30日より期間限定販売中の「食べラー・メンマ牛丼・並(500円)」を試食。同牛丼は新発売ではなく、2010年に販売された商品の復活なんだとか。当時人気だった割には復活まで随分と間があるのが不思議でなりません。桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」が突如大ブームになり、スーパーで超品薄になった時期もありましたが、あのブームとは何だったのか・・・というか、ブームとはだいたいそういうものですが。

002

 「シャキシャキメンマにピリッと辛いザクザク食感の"食べるラー油"、青ネギをトッピングした牛丼です。」「 "食べるラー油"は、ごま油、フライドガーリックとドライオニオン、唐辛子でザクザク食感と香ばしい香りが特徴です。」というのがすき家のウリ文句。写真ではラー油がちょっとしかかかっていないように見えますが、大半が青ネギの裏に隠れています。

 ただ残念ながらこのラー油がたいして辛くなくて「ピリッと辛い」には程遠い感じでした。それはまだしも困ったのがメンマ。後乗せのメンマが冷え切っていて、せっかくの牛丼の熱を奪うだけに終わっているように思えてなりませんでした。また普段そこそこ美味いラーメン屋のメンマに慣れているせいか、メンマ自体のクォリティーにも少々難が・・・

 これだと「食べラー・メンマ牛丼」の復活に長い年月を要したのは、単に「あまり美味くないから」と結論付けざるを得ない出来。牛丼をピリ辛にして楽しみたいならレギュラーメニューの「キムチ牛丼」のほうがはるかにマシだと感じました。

| | トラックバック (0)

2019.02.21

むさし坊@武蔵浦和 ~ 八丁味噌らーめん

005

 武蔵浦和駅・埼京線の西側。図書館の北にある高層マンションの1F。半年ぶりの再訪。先客3、後客5。

 今回は期間限定の「八丁味噌らーめん(850円)」を注文。といっても、冬の定番になっているのかな?通年販売の「むさし坊ラーメン」麺では太麺/細麺が選べたのですが、今回は何も聞かれず。ただ麺の堅さを聞いてきたので、堅めでお願いしました。

 店内はL字型カウンター13席。マンションに同居した店舗にしてはびっくりするくらい天井が高いのが特徴。卓上にはミックスペッパーと塩昆布。さらに八丁味噌らーめん用に別に一味が出てきます。

0031

 名古屋名物味噌煮込みうどんを意識したような浅い丼で登場。以前食べた時は味噌煮込みうどんとは違ってスープは必要以上に味噌味が支配的ではないという印象でしたが、今回久しぶりに食べてきたところ思い切り八丁味噌の味わいが全面支配。当然濃厚な味わいになりますが、それでいて塩加減は許容範囲内で、味噌らーめんには珍しいことに旨さにひかれてついついスープを飲み進んでしまいました。

 味噌は「八丁味噌・信州味噌・京都の米味噌」のブレンド。香ばしさは焦がし味噌にしているところから来る模様。ベースは「むさし坊」同様鶏白湯かな?

 麺は平打ちっぽい縮れ麺。スープとの相性を考えれば「堅め」で大正解。スープとの相性を考えれば太麺でも良さそうですが、この麺でも辛うじてスープとのバランスが保たれていて、スープに負けている感じはせず。

 チャーシューは味噌漬け炙りで、適度に崩れゆく様が面白い逸品。太いきんぴらごぼうといい、もやしといい、それぞれに歯応えが楽しく、良い箸休めになります。他に刻み青ネギ、にんじん、糸唐辛子。さらに底のほうに揚げネギや揚げにんにく(?)が隠れていて、それらが自然と味変アイテムとして作用。

 なお八丁味噌らーめんは2月一杯までとのこと。「むさし坊」は期間限定商品に力を入れている割にはSNSでの情報発信をしていないので、行ってみないと何が出ているのか判らないのが難。

| | トラックバック (0)

2019.02.20

BUONO@草加 ~ 洋食ラーメンホワイト

Buono003

 草加駅東口、マルイの北に続く駅前一番通り商店街内。イタリア料理店「italian NAHOH」が日曜昼のみラーメンを提供。「tokyo hoajao style IKEDA」の跡地ですが、外壁を塗りなおしただけかな? 先客ゼロ、後客5。

 券売機は無く後会計制。卓上のメニュー先頭の「洋食ラーメンホワイト(800円)」を注文。メニューは他に「洋食ラーメンブラック」のみ。ホワイトは塩で、ブラックは醤油とのこと。ランチサービスはなく、「洋食屋の肉丼」を注文する後客が目立ちました。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター8席、店奥に4人卓×2が見えましたが、使っているのかどうか不明。卓上には調味料類無し。水セルフ。店主と、いかにも入店したばかりっぽい若い兄ちゃんとで切り盛り。着席するとおしぼりサービスあり。

Buono0021

 メニューに「仔牛と名古屋コーチン」と添え書きがあるところから、スープはそれらがベースなのでしょう。ただ最初はスパイス類がちょっと邪魔。慣れるに従って出汁のまろやなか旨味がぐんぐんと迫ってきて、いかにも「洋風」という顔立ちを見せてくれますが、終盤になると今度は塩ダレが気になりだしました。もうちょっと塩気控えめのほうが好み。

 麺は細目のストレートタイプ。心持ちざらつきがあるせいか、日本蕎麦っぽい食感ですが啜り心地は良く、案外噛み応えもあり、かつスープの絡みも申し分なし。

 具は低温調理の豚・鶏チャーシュー。共に淡白な味付けで肉の旨味を存分に生かしていて気に入りました。干からびたキノコは乾燥させた本しめじとのこと。「風味が強いので、後でいただいて下さい」とのアナウンスが食前にありました。

 いかにも実験的な一杯ですが、これなら上々の出来といっていいでしょう。

| | トラックバック (0)

2019.02.19

初代にぼ助@御茶ノ水 ~ にぼ助らーめん

004

 御茶ノ水駅前の「丸善」の裏、駿台予備校1号館の横あたり。ラーメン屋らしくない、どちらかと言えばオフィス向きのビルの一角に店を構えています。先客3、後客4。

 店内の券売機ボタン先頭の「にぼ助らーめん(800円)」を注文。普通盛(160g)・中盛(190g)・大盛(220g)同料金なので中盛にしました。メニューは他に魚介らーめん、つけ麺等。往訪時はつけ麺のボタンにに×印が付いていて不思議に思ったのですが、つけ麺は17時から販売とのこと。

 店内は厨房を囲むコ型カウンター10数席と壁に向かってカウンター4席。卓上にはフルーツ酢、胡椒、黒七味。

003

 店内のウンチク書きに「豚骨ベースのスープに厳選煮干しをたっぷり使用し」とある通り、屋号に「厳選煮干しらーめん」と冠している割には食べ手を選ぶくらい煮干しをがっつり効かせたタイプではなく、豚骨とのバランスを取って万人受けする範囲内に仕上げています。表面に背脂が目立ちますが、その割には脂こてこてという感じはしません。

 それどころかちょこんと乗せられた生姜を溶かし込んでゆくとむしろあっさりすっきりした味わいにすら感じられるくらい。この味わいの変化が劇的なので中盛でも全く飽きは来ませんでした。かえしが妙にでしゃばらないのも好印象で、背脂プカプカの割には飲む気を損なわれないあたりはたいしたもの。

 自家製の麺は太目の強い縮れ入り。つるつるした口当たり、かつやや硬めの仕上がりで噛み応え抜群。それでいてスープに対して強すぎるという感じもせず。またスープをケチらず、中盛でもスープとの量的バランスはちゃんと保たれていました。

 チャーシューはバラ肉と肩ロースの2種類。崩れがちなバラ肉のほうはなかなかの出来。他にメンマ、刻み玉ねぎ、青ネギ、ナルト。

 クォリティー的には大満足でしたが、普通盛~大盛同料金にしたのが却ってよくないのか、この値段だと隣の駿台生には高いだろうなぁ・・・ 御茶ノ水は割とその辺シビアなのでちょっと気になりました。

| | トラックバック (0)

2019.02.18

田乃井@大師前 ~ 比内地鶏中華そば

003

 西新井大師の北参道沿い。先客5、後客1。暖簾がかかっていないので営業しているのかどうか判り辛いのが難。

 券売機はなく、店内のメニューを見て基本と思しき「比内地鶏中華そば・中(650円)」を注文。他に味噌中華そば、塩中華そばなど。夜はちょっとしたおつまみも揃えてちょい飲み屋になる感じの店です。

 店内は厨房前に縦長カウンタ6席のみ。卓上にはテーブルコショー、ラー油、醤油、酢、辛味噌、おろしニンニク、おろしショウガ。さらに好みに応じて比内地鶏の鶏油(にんにく風味orしょうが風味)も足してくれるようです。

001

 なんだか日本蕎麦みたいなルックス。しかし、かえしが弱く、その代わりに出汁でぐいぐい押してくるのかと思いきや、出汁もそんなに強くなくて非常に物足りないというのが正直なところ。比内地鶏を掲げていますが、それを活かしきっているとは言い難いような・・・ たまらず卓上のおろしショウガを投入。

 脂っ気が全くないのも悪い風に作用している感じなので、ここは是非とも鶏油を入れてもらうべきでしょう。

 麺は並太ストレート中太タイプでつるつるした口当たり。若干柔らかめ。麺のほうがずっと蕎麦っぽい感じ。

 チャーシューは淡白な味わいなのはともかく、かなり堅くて難儀。他にメンマ、刻みネギ、かわいれ。

 「伊藤」系統と比較するとだいぶ落ちるかなぁ・・・ 安いのはありがたいのですが。

| | トラックバック (0)

2019.02.17

極王焼そば@餃子の王将

 餃子の王将が2019年2月1日から期間限定で「極王焼そば(630円+税=680円)」を売り出しているのに気づいて早速試食。「極王シリーズ」は過去炒飯や天津飯でも実例があり、焼きそばも今回のがリニューアル版のようですが、いずれも未食。というか、「餃子の王将」に入るといつも餃子ライスで済ませてしまうし、せいぜいチャーハンを食べるくらいだからなぁ・・・ 王将で麺類を食べること自体極めて異例。

002_2

 従ってレギュラーメニューの焼そばとどう違うのかは全く判りませんが、「極王焼そば」は個人的には十分満足が行く出来でした。なんと言っても具沢山。キャベツ&タマネギ主体ながら、他にピーマン、白菜、小エビ、豚肉。そして豚肉のボリューム不足を補うかのように多めに添えられたふわふわの炒り玉子が良い仕事をしています。

 麺は並太でやや柔らかめの仕上がり。「コクと旨味が凝縮された特製XO醤と白醤油の風味を加えた」というのが王将のウリ文句ですが、王将にしては割とあっさり目の味付けで、焼きそばの宿命=油まみれの割にはしつこさは感じられず。

 ボリューム的には小ライス(税別150円)をつけてちょうど良いくらい。具沢山なので野菜炒め定食のようにも楽しめますが、前述のようにご飯がないと食べづらいほど味が濃い、しつこいわけではないのでその辺は好みに応じて。

| | トラックバック (0)

【観戦記】XEROX杯:川崎 1-0 浦和 ~ 仕上がり状態の差が如実に出たスコア以上の完敗

・シュート数12対1というスタッツが示す通り、スコア以上に試合内容に大差がありました。浦和はまさに手も足も出なかった完敗。53000人弱もの大入りとなったこともあって、AT突入を待たずに家路につく観客が目立ちましたが、それもやむを得ないと思えるほど先制された浦和が同点に追いつく可能性は微塵も感じられませんでした。

・ただ試合内容に大差があったのは単純に両者の実力差ではなく、そもそも両者にこの試合の位置づけ、さらにいえばこの試合に至るまでの取り組み姿勢、トレーニングプロセスにかなりの差があり、それがそのまんま試合内容の差となって表れただけと見るのがより妥当でしょう。

Xerox001

・浦和は沖縄キャンプをほぼ体力づくりに費やして練習試合はわずか1試合のみ。ゆえにこの試合はぶっつけ本番も同然。一方川崎はこれまでカップ戦に実績がないことを気に病んでか、「一発勝負に勝つ」ことを重要視してこの試合までに練習試合を積み重ねてきたようです。

・おまけに川崎は完全無欠のフルメンバーだったのに対し、浦和はファブリシオが依然長期離脱中の上に武藤&青木が故障。特に青木の穴埋めに苦労している状態。

・浦和の攻撃は全く体をなさず、セットプレーに全てを賭けるしかない状態でしたが、そのセットプレーですらこんな試合で手の内を明かすわけにはいかないという、二重三重に縛りがあるような試合でした。

・従って試合内容にウノゼロ以上の大差が生じたのは当たり前で、オリヴェイラ監督も敗戦自体は特に気に病んではいないでしょう。むしろ急仕上げ気味の川崎とほぼぶっつけ本番の浦和が闘ってもウノゼロにしかならなかったと前向きに考えているかもしれません。

・ただオリヴェイラ監督も認めるように昨年ダブルを達成した川崎戦を再現するには武藤&青木の不在はかなりでかく、その穴を埋める新戦力のフィットにはまだまだ時間がかかる感じだったのも明らか。連携難からカウンターを上手く発動できずに逆にカウンターを食らって負けたならともかく、結局のところ守備ブロックをきっちり崩されての敗戦だったのを重く受け止めているかもしれません。

Xerox014

・両チームの差が最も顕著に表れたと感じたのはボールを失ってからの切り替えの速さ。ボールを失った後の川崎のボール奪回へ向けての切り替えの速さ&迫力はとにかく凄まじく、試合勘のない浦和はそれを交わしきれずに試合を終えた印象が強く残りました。よって浦和の攻撃はほとんど形にならず、ナバウト投入後シンプルな裏狙いを試みるもこれまた不発。

・川崎は浦和WBにボールが入った時点で圧力を強めて、苦しい体勢でパス出しを余儀なくされたところでボールを刈り取る狙いをもっていたようで、25分橋岡→長澤ロスト、77分山中→柏木ロストと同じような形でボールを奪って決定機に結びつけています。

・この川崎の策によってモロに標的となった感のあったのが橋岡。右サイドでボールを失って家長にボールが渡ってしまうとなかなかボールを奪い返せず、かといって無理に奪いにいくと自陣深い位置でファウルを犯すのがオチ。

・また新外国人CFレアンドロ・ダミアンの出来は圧巻でした。猛然と浦和最終ライン&GKにプレッシャーをかけるわ、足元への楔のパスは確実に収めるわ、空中戦に強いわ、3人に囲まれてもなんら苦にせずパスを出せるわ、おまけに決定機を一発で決めるわと、どう見てもJリーグでは突き抜けているレベル。ただ勢い余って相手を怪我させかねないプレーも散見され、そんなところだけ早々と川崎風味なのが残念です。

・52分の失点は家長どフリーでふんわりクロス→ボックス内でダミアンどフリーで折り返し→中村はボールコントロールできなかったもののマウリシオのクリアが運悪く橋岡に当たる→こぼれ玉をダミアン!! という格好。自陣深い位置で家長どフリーというのもあんまりなら、ボックス内で槙野がダミアンを見失っているというのもあんまり。失点場面には直接関係ありませんが、マウリシオがダミアンに簡単にポストプレーやらせすぎという気も少々。

・今シーズン序盤は如何せん試合勘のなさ&連携難ゆえにオリヴェイラ監督就任当初と似た「負けにくい試合」を志向せざるを得ないでしょう。セットプレー一発で勝ち点をもぎ取りに行く堅い試合の連続になろうかと思います。ゼロックス杯の様子を見る限り、アンカー青木復帰までは3-3-2-2に拘らず、2ボランチの3-4-2-1に戻すのが「負けない」ためには得策に思えてなりません。どちらにしてもたいして点が入る気がしないでしょうが、エヴェルトンのアンカーは現状ちょっと心もとない印象を受けましたので。

Xerox012

---興梠--杉本---
---柏木--長澤---
宇賀神--エヴェル---橋岡
-槙野--マウリシオ--岩波-
-----西川-----

(交代)

HT エヴェルトン→阿部
HT 杉本→ナバウト
66分 長澤→山中(山中が左WB、宇賀神が右WBへ)
66分 橋岡→柴戸(柴戸がIH)
81分 柏木→マルティノス

・選手交代人数5名。各チーム交代数3回まで(ハーフタイム除く)という練習試合っぽいレギュレーションなので、オリヴェイラ監督も割り切って試合の流れとは何の関係もなく、予定通り的かつお試し風味の強い選手交代を連発。

・この試合でもっとも可能性を感じたのは最後に投入されたマルティノス。昨年の惨状からすればベンチ入りしただけでも驚きで、かつ柏木に代わってIHに投入されたのも驚きでしたが、山中との連携による左サイド攻撃には刮目すべきものがありました。山中が中へ、マルティノスが外に出てサイドを崩す場面もあり、ひょっとすると山中が1年遅れでマルティノスの取り扱い説明書をもって現れたのかも。

・またあえて「良かった探し」をすれば、柴戸が投入直後に強烈にプレッシャーをかけて谷口のイエローカードを誘発したのも良かった。ただ柴戸もアンカーではなくIHのほうが適性ありげ、端的には長澤の代替っぽくて青木の代わりにはなりそうにないのが悩ましい。

・槙野&ナバウトとアジアカップ組はやはりコンディションが良くなさそう。槙野は猛追してくるダミアンを持て余し気味で、ボールとは無関係な位置で進路妨害によるつまらないイエローをもらう始末。

Xerox010

-----ダミアン-----
家長---中村---小林
---大島--守田---
車屋-谷口-奈良-マギーニョ
-----ソンリョン-----

(得点)
52分 ダミアン

(交代)

70分 中村→齋藤
70分 マギーニョ→馬渡
79分 ダミアン→知念
79分 守田→田中
88分 小林→阿部

| | トラックバック (0)

2019.02.16

ビーフシチューハンバーグ定食@Sガスト

S003

 川口駅東口のペデストリアンデッキ下には吉野家・松のや・Sガスト・松屋と似たような低価格外食チェーンが並んでいて、個人的には「川口デフレ通り」と呼んでいますが、案外客層が被らないのか出来た時から店が入れ替わることもなく続いています。

 Sガストといえば主力商品がハンバーグ・竜田揚げ・カレーの3本柱で、あとはそれらの順列組み合わせでメニューの数を増やしているに過ぎず、あまり新商品開発には熱心ではないという印象を持っていましたが、たまたま店先で見かけた「ビーフシチューハンバーグ定食(630円)」が美味そうだったので超久しぶりに入店。

 ビーフシチューハンバーグ定食は2/7からの期間限定販売で、2/20までライス大盛無料サービス中。なんか見覚えがあると思ったので調べたところ、昨年同時期に期間限定販売されていました。

S002

 ハンバーグはいかにもつなぎが多そうなパン粉臭いタイプ。松屋のハンバーグと比べると肉々しさに欠けるような気がします。うーん、Sガストのハンバーグって以前はもうちょっとマシで、低価格のファミレス並みだったような気が・・・

 また「ビーフゴロゴロ」がウリ文句ですが、一応細角切りの牛肉が2片半ほど認められるくらいで「ゴロゴロ」というのはどう考えても誇大表示ですが、値段も値段なのでそこを論うのは大人げないかと。むしろ大きくはけれどもビーフが味わいに変化をもたらして飽きが来ないように工夫していると前向きに考えても良いでしょう。

 シチューと言うよりはたっぷりとかかったソースといったほうが正鵠を射ている気もしますが、ハンバーグよりもこれが美味い。ハンバーグの至らなさをデミグラス風のソースでなんとかしているみたいな。定食にはサラダが付いてくるので、ソースが少々濃くてもサラダが箸休めになって全く飽きません。正直味噌汁は要らないと思いますが。

 隣の松屋が鶏ベースでしょっちゅうハズレ商品を量産するので、そんな時はSガストを覗いてみるのもいいかも。

| | トラックバック (0)

2019.02.15

麻婆チキンカツ丼@かつや

003

 「かつや」が2019年2月8日から期間限定で販売中の「麻婆チキンカツ(590円+税=637円)」を試食。「かつや」は昨年10月に「タレカツ丼」を試食して以来、期間限定メニューに面白そうなものがなくて、なんと5カ月ぶりの往訪。かつや伝家の宝刀(?)「100円割引券」に使用期限が明記されていなかったのは幸い。

 「唐辛子と花椒を利かせた本格麻婆豆腐にチキンを合わせた逸品です!」「寒い時期にぴったりなシビ辛に仕上がっております」というのがかつやのウリ文句。そしてポスターには「ほとばしる辛さ」「ダレがこんなに辛くしろと!?」と大書されていますが、出来はそのウリ文句通り。

002

 丼が運ばれてきた瞬間に鼻がムズムズするくらい大量に振りかけられた花椒!! とにかくこれが強烈でした。汁なし担々麺でも花椒がこんなにかかっているのはいるのは見たことありません(あんまり辛いのを頼まないせいでしょうが)。従って、辛いよりもむしろ痺れが強烈。堪えきれず店員に水を頼んだら、店員はいっぺんに水を2杯持ってきました(苦笑)。

 花椒についで襲ってくるのは大量の唐辛子の群れ。麻婆は豆腐が小さいだけで挽き肉もそれなりあって思いのほか旨辛に仕上がっていましたが、その旨味を痺れと辛さがかき消しているような気も。揚げたてでサクサクっと軽い歯応え&淡白な味わいのチキンカツが箸休めと思えるくらい痺れ&辛さが強烈で、チキンカツを食べてほっとした瞬間に麻婆の美味さが遅れて伝わってくる感じ。

 「麻婆チキンカツ定食」にはキャベツがあり、「丼」にはキャベツがありません。何か箸休めとなるものがあるとなお良いのは確かですが、麻婆に合わせるべきものがキャベツなのかどうか。

 間違いなく翌日ケツに深刻なダメージが来そうな一品でしたが、なんだかんだと飽きずに一気に完食。もっとも食後しばらく卓上の割干大根づけを齧りながら休んでしまいました(^-^;

| | トラックバック (0)

2019.02.14

万世麺店@有楽町 ~ 排骨拉麺

001

 有楽町駅日比谷口目の前の有楽町ビルB1F。約6年半ぶりの再訪。日比谷は休日のランチタイムは営業していない店が多いせいか、早い時間帯から賑わっています。

 店先のタッチパネル式券売機で基本メニューの「排骨拉麺(パーコーメン:850円)」を注文。大盛無料サービスをやっていたので大盛でお願いしました。

 店内は横長カウンター席がずらずらっと伸びていてテーブル席皆無。卓上にはラー油、酢、テーブルコショー、粗挽きブラックペッパー。

004

 大盛らしく大き目の丼で登場。ただレンゲまでやたらでかいのが不思議。

 スープは本業の食肉業で毎日出てくる大量の豚や鶏のガラがベースの模様。あっさりでもこってりでもなく、万人受けするバランスが良い出来ですが、なんか昭和然とした味わいなのも確かで、なんだか物足りずに早々とコショウをぶっかけたくなります。

 麺は太めのごく緩い縮れ入り。つるつるもっちりしたし食感は悪くありませんが、スープに対して少々強すぎるように感じました。並太麺で良さそうなものですが・・・

 排骨(パーコー)とは薄めの衣をつけて揚げた豚のスペアリブ。万世のウリだけあって、これは傑出して美味い。ラーメンに浸かっていても衣はべちょっとしませんし、からっとした揚げ具合といい、豚の味わいといい、文句の付けようがない出来。さすが本業は肉料理屋。

 ラーメン自体は可もなく不可もなしといった感じですが、とにかく排骨は美味い。排骨&ライスの「排骨定食」があると一番いいのですが(苦笑)

| | トラックバック (0)

2019.02.13

十六夜@大山 ~ 煮干し中華そば・醤油

006

 東武東上線大山駅から「遊座大山」の商店街を東へ。"Morris"の先で商店街の東端近く。「善龍」の跡地。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタンを眺めて、基本と思しき「煮干し中華そば(750円)」を注文。醤油と塩が選べるので「醤油」で。ランチサービスなし。

 メニューは他に濃厚煮干し中華そば(醤油・塩)、濃厚煮干しつけめん、濃厚煮干し辛つけめん、さらに期間限定で煮干しまぜそばを売り出していました。

 店内はL字型カウンター8席のみ。水セルフ。卓上には醤油、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、煮干し粉。さらに頼めばおろしニンニク、ラーメンのタレ、煮干し油、自家製辛味を出すとのこと。厨房内には若い店主一人のみ。

003

 店先のウンチク書きによれば「国産片口煮干しと3種類の節(さば・うるめ・いわし))を大量に使い炊いた極上煮干し出汁を鶏ガラスープと合わせ」とありましたが、味わいはかなり煮干し寄り。それでいて食べ手を選ぶようなやり過ぎ感が出ない程度に煮干しの効きを抑えています。魚粉等のざらつきは一切なく、表面の脂もやや多めながら気になるほどではありません。惜しむらくはかえしがややきつくて、飲み進む意欲を削がれました。

 麺は細目のほぼストレート。煮干し系ラーメンにありがちな、水気少なめで噛み応えがしっかりした麺ですが、食感がざらざら、ごわごわするほどではなく、この手の麺にしては啜り心地良好。ただちょっと量が少な目かなぁ・・・

 ばら肉チャーシューは三元豚を自家製タレに漬け込んで云々とのウンチク書きがある割には、全然手間をかけたようなようには見えず、むしろチープな味わい。他にキクラゲ、タマネギ、海苔、青ネギ。

 悪くはありませんが、ありがちな一杯であることもまた事実。この立地&この内容だとランチタイムは小ライスくらい付けないとなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.02.12

湧@蕨 ~ (期間限定)汁なし辛ボナーラ

004

 国道17号線沿い。旧中仙道が交わる錦町3丁目交差点の北。蕨駅と北戸田駅のほぼ中間にあり、いずれの駅からもかなり距離があります。ほぼ2年半ぶりの再訪。先客2、後客4。近所にこれといったラーメン屋のないエリアのせいか、作業服姿のオッサンが入れ替わり立ち替わりやってきます。

 前回は「白味噌らーめん」を注文したので、今回は期間限定の「汁なし辛ボナーラ(850円)」を注文。さらに当店のTwitterを見せて、「プチチャーシュー丼」をサービスしてもらいました。

 しばらく来ないうちにメニューが増えていて「佐野ラーメン」「中華そば」「濃厚つけ麺」「まぜそば」等。毎月26日は二郎系のラーメンも出す模様。さらにまたどういうわけか「唐揚げ弁当」を作っていて、実際電話注文を受けていました。

 店内は厨房に向かって横長カウンター5席、右奥に4人卓×1、2人卓×1。厨房内には店主と女性アシスタントといった構成。

002

 麺の上に卵黄、青ネギ、チャーシュー、そして大量のコーンと見た目はなかなか華やか。天地をひっくり返しながらひとしきりまぜまぜしましたが、麺にからまっているタレというかソースが結構重い。カルボナーラなので当たり前といえば当たり前ですが、思った以上にチーズ臭いというか乳臭くて参りました。

 「辛」はカルボナーラにありがちな黒胡椒も目につくけど、それ以上に唐辛子的な刺すような辛さを感じました。青ネギの横の黒いのが辛味の正体かな?辛さのレベルはピリ辛程度。まぜそばなのでチャーシューは細かくカットしてほしいところ。

 麺は極太と形容していいくらい。ごく緩い縮れ入り。極太ですが硬くはなく、程よい噛み応えで気に入りました。前回往訪時は平打ち縮れ麺の印象が良くなかったのですが、麺の種類によって出来にばらつきがあるのかどうか。麺の量はそこそこ多くて、重いタレが胃にずっしり。

 プチチャーシュー丼はラーメンと一緒に食べることを前提としているせいか、明らかにタレ不足で単体で食べるのはチトしんどい。汁のないまぜそばには不向きでした。

 個人的には好みから外れていましたが、麺が美味いことが判ったので他のメニューで再訪します。

| | トラックバック (0)

2019.02.11

旨辛味噌煮込みロースかつ鍋@松のや

003

 松屋系列の「松のや/松乃家」が2019年2月6日より発売中の「旨辛味噌煮込みロースかつ鍋(650円)」を試食。往訪したのは松のや川口店。

 「松のや/松乃家」は昨年の同時期にわずか57店舗限定で「味噌煮込みロースかつ鍋膳(630円)」を売り出しており、そこそこ手ごたえがあったのか、今年はそれをマイナーチェンジして全店で売り出したようです。同時にちょこっと値上げしています。昨年と違って「膳」を省いた理由はよく判りません。

002

 鍋で出てくるだけあって、味噌まみれのロースかつをうっかり噛むとやけどしそうな熱さで登場。「サクサクジューシーな熟成チルドポークを合わせ味噌の風味とピリッした辛さがアクセントの松のや特製旨辛ダレで煮込んだ身体のあたたまる逸品です。」というのが松のやのウリ文句。昨年のメニューに「旨辛」を冠して「ピリッした辛さ」を加えたのが最大の違いですが、「ピリッ」と形容するのはどう考えても過少表記で案外辛い。旨辛の「辛」のほうにかなりベクトルを振った感じです。

 また味噌ダレは「味噌ロースかつ定食」の味噌と同じようで、八丁味噌風味の甘ったるい味わい。「味噌ロースかつ」のようにカツの上にべっとりつくだけならそれはそれで一興なのですが、味噌ダレにどっぷり浸かった上に煮込んでしまうとかなりしつこいというかくどいというか・・・ ご飯がめっちゃ進む超濃厚な味付けなのでご飯普通盛りだとご飯が足らなくなるというかロースかつが余るというか・・・ご飯大盛でちょうどいいくらい。

 「玉子を絡めますとまろやかなお味もお楽しみいただけます。」とも謳っていますが、半熟気味の玉子にその役目を担わせるのは酷。味噌まみれになったネギは箸をつける気すらおこらず。

 熱々で出てくるので厳冬期には嬉しい一品ですが、とにかく味が濃すぎてしかも終盤は箸休めになるものがないのが辛く、「松のや」なら正直キャベツの千切りが付いてくるてレギュラーメニュー「味噌ロースかつ定食(630円)」のほうがバランス的には良いように思います。若干安いですし(苦笑)。

| | トラックバック (0)

2019.02.10

きんいろ@水道橋 ~ 焼きあごだし醤油ラーメン

005

 総武線水道橋駅西口を出て南へ。「品川甚作商店」や「ひらさわ」のある通りの南端近くの飲食店の多い一角に位置。この辺りは斜めに交差する道が多くて、何度来ても迷います。先客ゼロ、後客5。

 店外の券売機ボタン先頭の「焼きあごだし醤油ラーメン(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「特濃焼きあごだしラーメン」「鰤白湯ラーメン」「焼きあごだし塩ラーメン」「特濃焼きあごだしつけ麺」など。

 店内は壁に向かったカウンター4席、窓際にカウンター2席、さらに2人卓×4。卓上にはラー油、醤油、胡椒の他、「上越かんずり」「和歌山ぶどう山椒」という変わった味変アイテムも用意。

 厨房は店奥にあって様子はうかがえず。ホール係が水を出してくれるのは良いのですが、店内に給水器も水ポットもないので、水のお代わりを店員に頼まないといけないのはチト面倒。

0031

 スープは「焼きあご」の名前を前面に押し出していますが、実際はに丸鶏から取ったスープとのWスープで、しかも丸鶏のほうが強いといった印象。焼きあごらしい甘みも感じられますが、それでも焼きあごを掲げていないと、よくありがちな魚粉を多用した動物魚介と思ったかも。

 表面の脂層が目立つものの脂っぽく感じるほどではないのは良いのですが、残念ながら醤油がややきついせいか味が濃すぎて、それゆえに少々しつこい、くどいという気も。もともとの味が濃すぎるので、味変アイテムの存在はすっかり失念レストラン。

 麺は村上朝日のやや細目ストレート。全粒粉入りらしい若干ざらつきのある口あたりで、歯応えもまずまず。スープも良く絡んで結構気に入りました。

 具はチャーシュー2枚と穂先メンマ、海苔、刻み玉ねぎ。超細い茎のようなものは正体不明。

 総じて悪くはないのですが、ランチサービスがないので競合店がアホほどあるこの場所だと少々割高という感は否めず、先々どうかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.02.09

【雑感】沖縄キャンプを終えての浦和2019年展望

・浦和は昨日延べ2週間強の沖縄キャンプを終えました。キャンプ最終日の沖縄SVとの練習試合、及びキャンプ終了後に公開されたオリヴェイラ監督の「トレーニングキャンプ総括」から垣間見える浦和の現状を自分なりに妄想込みで備忘録代わりにまとめておきます。

(1)体力強化に明け暮れた沖縄キャンプ

・1次キャンプはもちろんのこと、2次キャンプに入っても練習試合はキャンプ最終日の沖縄SVとの練習試合が1試合組まれただけ。紅白戦も11人vs11人は1試合あっただけのようで、今年の沖縄キャンプはほぼ体力強化に全日程を費やした模様。選手が飽きないように練習メニューも手を変え品を変えて連日2部練習。

・準備期間の長短に差があるので単純には比較しづらいのですが、ミシャや堀監督の時はキャンプ中に数多く練習試合が組まれていたのと好対照。さらに言えばフィンケやゼリコの時は有料のPSMが組まれていた(そして往々にして不安を掻き立てるだけに終わる)のが懐かしい思い出に。

・オリヴェイラが昨年浦和監督就任時に浦和の選手たちのあんまりな体力不足(=試合終盤に大失速)に愕然として、長い中断期間をひたすらフィジカル強化に充てたのをなぞったようなキャンプで「シーズンの途中で消耗してしまわないように、まずここでしっかり蓄えを作」ることに力点を置きまくったようです。

(2)3バック継続は確実

・沖縄キャンプでは体力強化に明け暮れてチームで戦術的な練習はしてないも同然。しかも今週末のXEROX杯まで練習試合は全く予定されていないので、シーズン序盤は昨年同様3バックベースで闘うのはほぼ確実です。

・キャンプ入り前のインタビューでもオリヴェイラ監督はシーズン中の4バック移行の可能性を残しつつも「継続性は持たせます。昨年行ってきたことがベースになります」と明言しており、実際沖縄SVとの練習試合も昨年終盤同様3-1-4-2の布陣だった模様。

(3)天皇杯優勝の代償=レギュラークラスに怪我人

・武藤は昨年終盤の湘南戦で小破したにも関わらず、天皇杯準決勝&決勝で無理使いしたのが思いのほか祟ってキャンプ中は完全に別メニュー。同じく天皇杯で骨折が判明した青木も依然練習試合に出られるような状態ではないようで、昨年のレギュラー陣ではこの両名がXEROX杯に間に合わないのは確実。

・このため沖縄SVとの練習試合、昨年のレギュラー陣主体で臨んだ1本目では武藤→杉本、青木→エヴェルトンという布陣だった模様。

・槙野はアジアカップ終了後も休みなく、いきなり沖縄キャンプに合流していましたが、ウズベキスタン戦でのちぎられぶりを見ると昨年ほとんど休みがなかった影響でコンディションが良くないように思えてなりません。XEROX杯では槙野に代えて鈴木がスタメンでもなんら不思議はないかと。

・長期離脱中のファブリシオはキャンプに帯同していたものの、同然ながら別メニュー。ACLグループリーグの終盤に間に合えば御の字かな?

(4)青木の代わりは?

・練習試合の様子を見る限り、武藤の代わりに杉本がシーズン序盤スタメンを確保するのはあまり心配なさそうですが、問題は青木の代わりのエヴェルトン。

・オリヴェイラ監督は「(エヴェルトンは)中盤であれば3つのポジションどこでも対応できると思います。」と語っていますが、どちらからといえばIH向きの選手というのが世評。蓋を開けてみればその世評通りアンカーとしてはイマイチということになると、あとは衰えが著しい阿部か、まだまだ経験不足な柴戸か・・・

(5)右WB問題

・今年難儀なのは、昨年ユース卒の新人なのに一躍右WBのレギュラーに定着した橋岡がU-20W杯で離脱するのが確実なこと(それに加えて五輪代表にも呼ばれると迷惑極まりないのですが・・・)。

・にも関わらず、オフに右WB/SBの即戦力を補強しなかったのが不可解で、大卒新人の岩武をよほど買っているのかな?と思ったのですが、オリヴェイラ監督は「山中が左、宇賀神が右というオプション」を考えていることが今般のインタビューから判明。言い換えれば右WBとしての森脇の評価はあまり高くないかも。

(6)コパアメリカの影響

・6月に開催されるコパアメリカに日本代表が招待されたものの、日程上リーグ戦&ACL・R-16が丸被り。従って槙野を筆頭に主力選手がA代表に招集されて、リーグ戦やACLに不在となる可能性がありますが、それについてオリヴェイラ監督は「私としてはより多くの選手が招集されたらと思っています。」「コパ・アメリカは非常に重要な試合ですので、槙野以外の選手が行くことも望んでいます。」とその可能性は織り込み済みなことを明言。

・もっとも「FIFAマッチデーで組んだ親善試合に行くことによって、こちらの重要な試合に出られないという状況とは違いますので、親善試合に行くのと、重要な試合に行くのとでは選手たちが得るものも違うと思います。」と、さすがにただの親善試合に呼ばれることは快く思っていないみたいですが。

(7)11月を見据えたチームづくり=最後に笑えばええんや!!

・オリヴェイラ監督は練習試合で故障するリスクをも加味して、キャンプで練習試合をほとんど組まなかった一方、「1年で70試合プレーできますので、90分の練習試合はやらなくてもいいと思っています」とこなさなければならない公式戦の多さを逆用して、公式戦を通じてチームを作り上げるようなことを示唆しています。もっともこれは昨年ある程度ベースがあるがゆえに出来ることでしょう。

・そしてオリヴェイラ監督は早めに仕上げてくるチームに対して序盤苦戦して勝ち点を落とすようなことがあっても、キャンプ&期中のトレーニングで鍛え上げた体力をベースに終盤まくりにまくって「ACL決勝&リーグ戦最終盤の11月に笑えばええ」と割り切っているのでしょう。

・もっともリーグ戦スロースタート気味なのは一向に構わないのですが、ACLグループリーグは5月までのわずか6試合での短期決戦。ここで終わってしまうお話になりません。オリヴェイラ監督もACLは初めてではないので、その辺の匙加減は承知の上と思いますが・・・

| | トラックバック (0)

2019.02.08

バジルチキンライス@日高屋

001

 日高屋が2019年2月1日から期間限定で販売中の「バジルチキンライス(650円)」を試食。メニューに「辛」と明記され、注文時にも「辛いですが大丈夫ですか?」と念を押されました。大盛不可なのでいつものサービス券は空振りに。

004

 広告なりメニューの写真なりを見れば一目瞭然ですが、バジルチキンライスは「バジル・チキンライス」ではなく「バジルチキン・ライス」なのでチキンライス的な要素は一切ありません。わざわざバジルを使っているのでイタリアン風なのかと思いきや、見た目も味わいも完全に中華。端的にしまえば「粗挽きの鶏挽き肉たっぷりあんかけご飯」といったところでしょうか。バジルは味わい・香りとも全然主張せず、これならただの青菜でも良かった気が。

 甘辛いというよりはかなりしょっぱめに振った味わいなのでご飯が進み、大盛がないのが惜しまれます。散りばめられた唐辛子が効いて辛さもそれなり。別皿でついてくる温泉玉子で味わいを多少マイルドにしたつもりなのでしょうが、さしたる効果はなさげ。

 日高屋は餃子の王将や珍来と比べるとご飯ものメニューにあまり力を入れておらず、その実力のなさが新メニューで露呈したような感じがしました。ハズレではありませんが、現状では定例化にはほど遠いと思います。

| | トラックバック (0)

2019.02.07

鴨すきうどん@丸亀製麺

004

 丸亀製麺冬季定番メニューと化しつつある「鴨ねぎうどん」。その売れ行きに気を良くしたのか、今年は「鴨ねぎうどん」に「鴨すきうどん」「鴨つけうどん」を加えたラインナップで「鴨うどん祭り」を始めました。

 早速近所の川口店へ出かけて「鴨すきうどん・大(790円)」を注文。「鴨すきうどん」と「鴨つけうどん」は主に全国のロードサイド店舗で提供されると注意書きがあり、川口店はロードサイド店舗に当たるのかどうか微妙な店ですが、店先に幟が揺れていて一安心。後客の注文を見ていると「鴨すき」は全然出ておらず、「鴨ねぎ」が目立ちました。

 入口近くで麺を受け取って、レジ近くで焼いた鴨肉や野菜類を乗せてもらうという季節限定商品にありがちなオペレーションですが、現場は少々混乱気味。生卵は最初別皿で出てきたのですが、配膳時に丼の中へドボン(´・ω・`)ショボーン

003

 「ロース肉ともも肉、食感と旨みの違う柔らかい2種類の鴨肉をすき焼きに。鶏油で焼き目をつけてから特製割り下で味つけ。鴨の旨みをまるごと一杯に閉じこめました。」というのが丸亀製麺のウリ文句。春菊、白ねぎ、えのきを添えてすき焼きっぽいビジュアルになっています。

 鴨肉は「鴨ねぎ」で十二分に実績を積んでいるせいか、相変わらず上々の出来。ともすれば硬くなってしまいがちな鴨肉は柔らかく、かつ弾力性を残した仕上りになっており、いかにも鴨肉らしい甘めの味わいも堪能できます。白ネギもこれまた甘みたっぷり。

 ただ割り下で味付けしてすき焼き風にしたのが災いして全体にちょっと甘すぎるというか、しつこくなってしまった気も。それゆえ生卵を別皿にして、卵をつけながら食べたほうが旨いような気がしてなりませんが、その卵を丼にドボンはないなぁ・・・ 当然ながら汁も辛くなって飲むのはちょっと躊躇。

 悪くはないけれども「鴨すき」は「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」という感じで、個人的には基本の「鴨ねぎ」のほうが好みでした。

 「鴨うどん祭り」は1月29日から3月11日までの予定。

| | トラックバック (0)

2019.02.06

ごまや@東浦和 ~ こだわり担々麺

004

 国道463号線新見沼大橋の手前、「芝原1丁目」交差点近く。一応武蔵野線東浦和駅が最寄り駅になりますが、駅からもかなり距離があります。先客9、後客4。到着時には既に満席で中待ち1。但し、正規の開店時刻(11時45分)よりも早くから店を開けていたようで、早々と食べ終わって席を立つ客もいました。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「こだわり担々麺(800円)」を注文。ランチサービスはなく、半ライスすら100円もします。後払い。ここは担々麺専門店で、他のメニューは辛口担々麺、香酢たんたんめん、ミルクたんたんめん、(6-9月限定)冷やし担々麺など。今時の担々麺専門店には珍しく汁なし担々麺がありません。

 店内はL字カウンター8席のみ。卓上には麻辣醤があるのみ。水セルフ。店は夫婦で切り盛りしているのかな?

003

 ややとろみがかったスープは屋号通り「ごまダレ」に拘りがあるようで、担々麺といっても全然辛くなく、もちろん痺れもなく、めっちゃごまダレを利かせているいるのが特徴。ごまダレは濃い目orあっさり目という調整が効く半面、辛さの程度に注文を付ける客はいないようで、その辺は卓上の麻辣醤で自分で調整してくれというスタンスみたい。

 また「当店の担々麺は、ごまの風味を大事にするためにごま温度となっております」という意味不明の能書きがメニューに記されていますが、スープが若干ぬるめなのはそのためかも。

 麺は緩い縮れ入りの細麺。あっという間に出てきたのはそのためか・・・ またこれなら汁なし担々麺がないのも納得。それでもスープに対して弱すぎるということはなく、むしろ肉味噌や水菜が麺に絡みまくって、スープからサルベージする必要があまりないのを評価してもいいくらい。

 なぜかザーサイが入っていますが、肉味噌共々ごまダレにどっぷり浸かっているせいか、何もかも甘く感じます。

 これはこれで悪くはありませんが、このような全く辛くないタイプを担々麺と認めない方もいても不思議はないかと。また周囲にこれといったラーメン屋が全くなくて競争が働かないためか、内容の割に少々高いと感じました。

| | トラックバック (0)

2019.02.05

竜葵@川口 ~ 味噌らーめん

001

 川口駅東口、コモディイイダ前にある「満開屋」と「珍来」の間の小路を横へ入る。屋号は「ほおずき」と読みます。季節限定メニューながら冬季好例となっている「味噌らーめん(880円)」が登場したと聞いてほぼ半年ぶりの再訪。先客1、後客2。

 店内は縦長L字型カウンター10席。水セルフ。前回往訪時は店主は食材の仕入れ(?)で終始店を出入りしていて、店はほぼ若いねーちゃん一人で切り盛りして店の運営体制に不安を覚えました(=急激な店舗展開に伴う既存店の劣化)が、今回はすっかり落ち着いたみたいで。

005

 スープは「八丁味噌をメインに数種類の味噌やスパイスを絶妙な加減でブレンドした特製味噌ダレ。豚と鶏、香味野菜を煮込んだ濃厚スープ」とのこと。八丁味噌の味わいが強めながら、スパイスのピリ辛が良いアクセントになっているだけではなく、概して自己主張が強すぎて、何を食っても同じような味になってしまう八丁味噌の通弊を巧く打破しているように思えました。ゆえにピリ辛であって、しかも八丁味噌ベースにしては思いの外マイルドな味わい。しょっぱい、辛いとは感じませんでした。

 自家製の麺は並太縮れ麺でつるつるした食感。しかも硬くはないのにスープに負けることのないしっかりした噛み応え。量はやや多めな気が。

 チャーシュー自体は硬め。寒さで冷え切ったチャーシューを後乗せしたためか、その周辺のスープがぬるくなってしまうのは困りもの。また刻みネギが青臭くて苦手。他にやや大ぶりのメンマ、茹でもやし、コーン、糸唐辛子。

 細かい難点があるものの、相変わらず上々の出来で季節限定なのが惜しまれます。ただ具のバリエーションを増やしたせいか、値段が昨年から850円→880円と値上がりして、気軽に食べられるレンジを抜けてしまったのは残念です。

| | トラックバック (0)

2019.02.04

Lunch&Beer SUN@岡山 ~ えびめし

002

 食材には全くローカル色がなく、どこにでもありそうな一品なのに、なぜかその地域にしかない「B級グルメ」。岡山では「デミカツ丼」が有名ですが、それと双璧を成すのが「えびめし」。

「えびめしや」という専門店チェーンもあるようですが、残念ながら田舎にありがちな車がないと行きづらい店だらけ。岡山駅付近で「えびめし」を出しているところを探したところ、駅の商業エリア「サンフェスタ岡山1F」にある「Lunch&Beer SUN」に辿り着きました。

 本来列車の待ち合わせ時間に軽く飲食を楽しむことを目的としたような店ですが、店先には「えびめし」の幟が高々と掲げられています。「えびめし(770円)」はスープ付き。

006

 やたら早く出てくるあたり「作り置きをチンしただけじゃないのか?」と一抹の不安を感じましたが、「えびめし」はそのネーミングに反して焼き飯ないしチャーハン寄りではなく、明らかにピラフ寄りの味わい。黒々とした見た目に反して割と薄味で、ソースの自己主張が強い「そばめし」とは全く違い、わずかにスパイシー&ほんのり辛めといった程度。薄味ゆえに脂っぽさだけが突出しているようにも感じました。

 海老は小さいながらも案外ぷりぷりでなかなか美味。ただ具が他に刻み玉ねぎくらいしかないのが残念なところ。三つ葉や錦糸卵は彩りを添えるだけで具としてはあまり意味がありませんし。
 
 「そばめし」のように冷凍食品化されていればまた食べてもいいかなと思いますが、まぁそこまでかなぁ・・・一度食べる分には悪くないでしょうけど。

| | トラックバック (0)

2019.02.03

はしご 本店@有楽町 ~ 担々麺

001

 東急プラザ銀座の裏を走る数寄屋橋通り沿い。すぐ近くに「朧月」あり。先客6、後客6。「はしご」は潰れてしまった谷中店に8年前に行って以来。銀座となるとそれより昔に銀座阪急の地下にあった店に行ったきり。

 腹具合からウリものの排骨とか太肉とかを食べる気になれなかったので、シンプルに「担々麺(800円)」を注文。「はしご」ではなぜか「だんだんめん」と読みます。券売機はなく後払い。

 昔は辛さを「マイルド→普通辛→中辛→大辛」で調節可能だったのですが、先方からは何も聞いて来ませんでした。小ライスの無料サービス付き。

 店内は縦長L字型カウンター20席ほど。卓上にはラー油、酢、醤油、胡椒、そして細切のたくあん。

008

 店内にはゴマの香りが強く漂っていますが、スープはごまダレを強く効かせたタイプではなく、むしろ酸味が目立つ感じ。辛さは控えめで痺れは全く感じませんでした。それはともかくラー油の質が良くないのか、脂臭さが鼻に付くのは困りもの。

 麺は細麺ストレートでしっとりと柔らか。あまり好みのタイプではありません。しかも量はちょっと少な目かな?

 チャーシューは脂身多めでトロトロととろけやすいタイプ。他にチンゲン菜。麺の量が少ない分をご飯で補おうにも、シンプルな担々麺だとおかずに困ります。

 担々麺がウリものの店が激増した今となっては、単に老舗なだけという感じの一杯になってしまったような。

| | トラックバック (0)

2019.02.02

湯の里 おかだ@箱根湯本

027

 久しぶりに箱根湯本で日帰り温泉。往訪したのは「ホテルおかだ」に付設した「湯の里」。「ホテルおかだ」のロビーから8階までエレベーターで上がり、長いエスカレーターでもう1階上がり、さらに戸外に出てちょっと坂を登ったところに立地。なんか旧館を日帰り温泉客向けに転用したような感じのロケーションですが、「ホテルおかだ」の宿泊客も利用可能。

 タオルも浴衣も付いてこないのに1450円(クーポン利用で100円引き有り)もするのはいかにも箱根価格。

 ただその代わりに「自家源泉5本使用」が自慢のお風呂はご立派。露天風呂主体で、しかもすっぽり屋根で風呂を覆ってしまうようなただの「戸外風呂」ではなく、敷地面積が広いので開放感も相応にあり、チ○チ○ブラブラさせながら数種類のお風呂がはしごできます。もっとも湯は無色透明&無味無臭のアルカリ性単純温泉で、これといった特色はありません。

019

 休憩スペースもそこそこ広く、かつ照明を落として畳で寝られるゾーンと明るいゾーンがあるのも好印象。すぐ近くに「かよい湯治 一休」がありますが、あちらは湯質が良さげな反面休憩スペースが全くないのが最大の難点。トータルではこちらのほうが気に入りました。

014

004

 箱根湯本では「塩辛コロッケ」や「ピリ辛ごぼう」を買い食い。「塩辛コロッケ」は揚げたてをいただけるものの思いのほか小さく、逆に「ピリ辛ごぼう」は練り物で思った以上にでかく、でもいずれも大満足。

016

 帰りは小田急GSEを試乗、というかこれがこの旅の主眼でした(苦笑)

| | トラックバック (0)

2019.02.01

しゃがら 新潟駅店@新潟 ~ 醤油らーめん

001

 新潟駅在来線東口改札の目の前。新幹線改札口も近いという好立地。先客7、後客ゾロゾロ。「しゃがら」は新潟県内で複数ブランドでラーメン店を展開しているようです。

 店外の券売機ボタン先頭の「醤油らーめん(680円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他ににぼしらーめん、味噌らーめん、つけ麺など。

 店内は縦長カウンター4+5席と4人卓×5、2人卓×2。駅内店舗らしくやや手狭なのはともかく、場所柄か、あるいはランチタイムのせいか一人客が圧倒的に多くてカウンター席はいつも混みあっているのにテーブルはガラガラという不合理さが気になりました。卓上にはホワイトペッパー、ブラックペッパー、酢、醤油、ラー油。

005

 背脂がびっしり浮いているのでぱっと見「燕三条系かな?」と思いましたが、内実は全然違って煮干しなど魚介系出汁はないも同然で、ベースはほぼ豚骨の模様。残念ながら出汁よりも醤油が効きすぎていて、飲み進む気は起らず。

 麺は自家製の太目縮れ麺。心持ちざらつきのある口当たりで、噛み応えはしっかり。濃いスープによく合っています。量は180gとやや多めなので、「安くてそこそこ腹持ちするコストパフォーマンスの良い店」という評価もできましょう。

 茹でもやしのシャキシャキ感が秀逸で、麺に絡めながら食べるとスープのしょっぱさが緩和されてなかなかいい感じに。その反面メンマがかなりチープ。他にばら肉チャーシュー、刻みネギ、ナルト、海苔、糸唐辛子。

 好立地ゆえか、店外に行列が出来ているのをよく見かけますが、基本的にお忙しい方が移動の合間にサクサクっと食べるのに向いている店で、それ以上でもそれ以下でもないと思います。

| | トラックバック (0)

2019.01.31

角煮ちゃんぽん@リンガーハット

003

 リンガーハットから2019年1月15日より期間限定で発売中の「角煮ちゃんぽん(890円+税=961円)」を試食。「角煮ちゃんぽん」のベースとなっている「醤油ちゃんぽん」との同時発売ですが、「角煮ちゃんぽん」は数量限定とのこと。共に2月20日まで販売予定。

 往訪したのは国道122号沿いの川口末広店。丸亀製麺のように期間限定メニューの広告とか幟とかを店の内外に目立つように配してはおらず、通常メニューの中に埋もれています。なおここの店は番号札を渡されて席で待っていると、注文品を席まで持ってきてくれるシステムでした。

0021

 角煮ちゃんぽんは醤油ちゃんぽんに豚の角煮を乗せたもので、角煮は「豚の三枚肉を手作業でじっくり煮込んで調理し、長崎らしい甘い味付けに仕上げました」というのがリンガーハットのウリ文句。確かにリンガーハットにしては結構な値段を取るだけのことはあり、トロトロの角煮は嫌みにならない程度、飽きがこない程度にぷるぷると脂が乗り、かつ全体に甘い仕上がりになっています。

 ただ角煮ちゃんぽんが結構いけると思ったのは角煮以上にベースとなっている醤油ちゃんぽんのほう。「5種類の削り節(うるめ節、いわし煮干、かつお節、さば節、宗田かつお節)をブレンドしたオイルと、みじんぎりのしょうがをアクセントに加えた、香り豊かな醤油スープ」というのがリンガーハットのウリ文句ですが、リンガーハット標準の豚骨&鶏ガラスープに慣れきっているせいか、この醤油スープの味わいが実に新鮮。

 節系の出汁が強めに出た、そして角煮効果のためか、あるいは九州らしい醤油ゆえか、ちょっと甘目のスープでいただくちゃんぽんもまた面白い。基本の「長崎ちゃんぽん」と違って、途中で味変アイテムを投入したくなるような「飽き」は全く訪れず、一気に完食。もっとも塩分が多いのでスープはかなり残しましたが。

 具は基本の長崎ちゃんぽんと大差なく、ニンジン、キャベツ、モヤシ、青ネギ、豚肉、キクラゲ、かまぼこ、ちくわ、コーンといったところでしょうか。麺もたぶんデフォルトどおり。

 手間がかかり過ぎる「角煮」が期間限定&数量限定でも仕方ないと思いますが、「醤油」はレギュラーに格上げしてほしいところ。

| | トラックバック (0)

2019.01.30

肉そば@日高屋

003

 先日日高屋の冬の定番「チゲ味噌ラーメン」を食べた際に、同じく期間限定商品「肉そば(610円)」を売り出しているのに気づいて別の日に試食。サービス券を利用して大盛で注文。肉そばの販売は2018/12/21からだったようですが、いつまであるのか不明。なお単に「肉そば」といえば肉乗せの日本蕎麦を指すほうが普通だと思いますが、そこは日高屋ゆえ日本蕎麦ではなくラーメンです。

 うーん、大盛にして丼のサイズが大きくなったのが裏目に出たか、看板の写真みたいに肉を始めとする具材が丼を覆っている風からはほど遠く、ビジュアルは甚だ貧相。

002

 具は豚バラ肉、タマネギを主体に半熟卵1個、刻みネギ少々といったところでしょうか。豚バラ肉&タマネギの組み合わせなので生姜焼き風とか醤油ダレで煮込むとか何か軽く味付けしたものを乗せたのかな?と思ったのですが、豚はほぼ軽く茹でただけみたい。よく言えば豚の旨味を存分に生かした仕上がりになっています。ビジュアルはともかく、肉のボリュームは案外多め。

 半熟卵自体は悪くないのですが、後乗せで冷え切ったものを冬季に食べると味わい半減なような・・・これに代えて炒め野菜にバリエーションをつけたほうがはるかに良いような気がします。

 スープはタマネギ効果で少々甘くなっているものの、デフォルトがしょっぱすぎて全く飲む気にならず。麺はいつものしょぼい細目の縮れ麺。

 日高屋のラーメンに多くを期待しても仕方ないのですが、日高屋の至宝「チゲ味噌ラーメン」と同時期にわざわざ別種の期間限定ラーメンを出す意味があるのかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.01.29

昭和歌謡ショー@庚申塚 ~ 白タンメン

001

 都電庚申塚電停から南へ。庚申塚交差点そば。約2年半ぶりの再訪で先客1、後客4。相変わらず店先に「わ」の看板が掛かっていますが何かの判じ物なんでしょう。

 前回は「中華そば」を注文したので、今回は「白タンメン(910円)」を注文。えらく高いな!と思って過去の記録を見たところ、中華そばも2年半の間に800円から880円へと大きく値上がりしていました。ランチサービス無し。

 メニューは他に白醤油そば、地球の塩、(限定)女のニンニクラーメンなど。後払い。

 店内はI字型カウンター5席のみと狭小で、カウンター裏のスペースもあまりありません。卓上に調味料なし。

 厨房はオヤジ一人が奮闘。BGMとしてこれまた相変わらず屋号通り昭和の歌謡曲が流れています。「昭和」を売り物にする店って30年代をイメージするところが多いのですが、この店は50年代が基調の様子。30年代みたいな貧乏臭さがない昭和は実に良い!

004

 「白タンメン」が面白いのは塩味ではなく白醤油を使っていること。当然ながら塩味のタンメンにありがちな塩の尖りは一切なし。鶏ベースのようですが、むしろ野菜から来ると思しき甘みが終盤になると急速に強くなってきます。無化調が売りものですが、無化調にありがちな物足りなさは一切感じられず、むしろ味はやや濃い目なくらい。また野菜をせっせと中華鍋で炒めているのが良く見えますが、その割には意外なくらい脂っ気が全然ありません。

 麺は細麺ストレートでつるつるとした口当たり。細麺ながらそこそこ噛み応えがあり、スープの絡み具合、相性、共に文句なし。

 野菜はキャベツともやしが主体でニンジンとニラがわずかに確認できる程度。さらに角切りのチャーシューをおまけしてくれたようですが、八角(?)みたいな中華系のスパイスが感じられてちょっと苦手。

 「トナリ」みたいなやたらギトギトしたタンメンが増殖する中で、伝統的なタンメンを幾分今風に昇華させたような一杯です。美味いことは美味いけれども、この値段になっちゃうと一回で良いかなぁ・・・ というか、年寄りだらけのこのエリアでマニア向けにシフトして店が持つのかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.01.28

スパットミート@アリオ川口 ~ プレミアムソース

003

 アリオ川口フードコート内。昨年のアリオ川口の大規模リニューアルに伴い開店したもの。

 ミートソース専門店という大胆にメニューを絞り込んだ店ですが、ソースはオリジナルソースと新発売のプレミアムソースのどちらかが選べます。オリジナルソースだとなんと350円、プレミアムソースでも500円と激安。大盛(Lサイズ)もできるので、「プレミアムソース・Lサイズ(650円)」を注文しました。

 注文を受けると店員が茹で置きと思しきパスタを鍋でちゃちゃっと炒め上げて、あっという間に登場。番号札を渡されて待たされるということなんてないみたいで。甘さの程度を調整できるようですが、店員からは特に何も聞いて来ませんでした。その代わりにチーズとかパセリとかはかけて良いかどうか逐一聞いてきます。

004

 驚いたことに皿ではなく、テイクアウト弁当を入れるような紙容器入りで登場!! 皿を洗う手間を省くためだと思いますが、店頭の写真とはまるで違うので詐欺同然やん・・・ しかも添付のフォークがふにゃふにゃで食べにくくて仕方ないので、途中で箸に切り替えました(調味料置き場に設置)。会計もセルフレジで、いろんなところに省力化努力が見て取れます。

 ミートソースだから当然と言えば当然ですが、値段の割にはひき肉たっぷり。ただひき肉は豚ではなく、もちろん牛でもなく、どうも鶏のようで、こんなところにも安値の秘訣が・・・「プレミアムソース」は「玉ねぎまるごと1個分」がウリで、そのせいかデフォルトでもかなり甘目。トマトに起因するような酸味は一切ありません。

 Lサイズだと量は十二分すぎるくらいで、帰り際には胃にずっしり。ひき肉が鶏じゃなかったら重すぎたかも。

 なんか味がサイゼリヤにそっくりやなと思ったのですが、何のことはないこの店はザイゼリヤの関連店みたいで。でも極端にメニュー&サービスを絞り込んだパスタ店にそんなにニーズあるのかなあ・・・この感じだとそれこそ近所のサイゼリヤに行ったほうが満足度高そう。「パンチョ」みたいな爆食系のパスタ店が川口のSCでは成り立たないのは実証済みですが。

| | トラックバック (0)

2019.01.27

さわ@中板橋 ~ 中華そば

003

 中板橋駅北口と石神井川に挟まれた商店街の一角。対面にセブンイレブンあり。開店直前に到着したところ既に先客3。開店と同時に満席となり、後客8。退店時には外待ちが3名出来ていました。結構な人気店のようです。

 店内の券売機ボタンを見て「中華そば(650円)」を注文。メニューは他に「塩中華そば」があるだけというシンプルな構成。ランチサービスなし。

 店内は厨房前縦長カウンター6席のみ。全体にやや手狭で、特に席背後のスペースが狭小。卓上には、酢、黒胡椒、一味。さらにヘアゴムあり。

 店は店主一人で切り盛りしていてただでさえテンパリ気味なのに、先客がおぶっていた赤ん坊が何かの拍子でラーメンをひっくり返してしまう大惨事が発生。やけどしたかもしれない赤ん坊を心配して氷水を用意したりしているうちに店主のテンパリが加速したせいか、後客の注文を間違える事態も発生。もっともこういうトラブルがなくても、あまり回転は良くなさそう。

002

 スープは動物系(鶏ベース?)主体の魚介混じりといった風ですが、どれ一つ突出した感じはせず、全体にまろやかかつ旨味に溢れた優れもの。また濃い色合いの見た目と違ってかえしも必要以上にでしゃばることなく、これまた出汁とのバランスが絶妙。表面の脂がやや多めなものの、コクを増すのに一役買っていて、あまりの美味さについつい惹きこまれて完飲してしまいました。

 麺はやや細目のストレート。若干柔らかめで、水気が少なそうな麺をわざわざ採用している割には意外な仕上がりな感じがしました。

 チャーシューはしっとりかつ柔らかで、それでいて弾力性のあるタイプ。メンマはやや大ぶりながらもサクッとした歯ごたえが楽しい出来。他に刻み青ねぎ。

 この値段でこのクォリティーなら、これといったラーメン屋がない中板橋界隈で人気が出るのは当然でしょう。ちょっと凝った風のものを作れば高値でもOKと勘違いも甚だしい凡百のラーメン屋に見習ってほしいものです。店主のテンパリ具合だけは些か心配でしたが。

| | トラックバック (0)

«チゲ味噌ラーメン@日高屋