« 失せろ大宮、ワッショイ! | トップページ | MDPウォッチ(No.231) »

2004.03.21

前進-セレッソ戦

 結果は4-2と派手な点の取り合いでしたが、その内容は予想したものとは随分違うものになりました。昨年の長居での一戦のように、森島とか徳重とか後ろから飛び出してくる選手にレッズ守備陣が全く対応できずにボコボコにやられる姿を想像していましたが、意外にも守備網が切り裂かれる場面はあまりありませんでした。永井がディフェンスラインに入っている姿なんぞ恐くて見てられませんが・・・ 

 セットプレーによる攻撃には相変わらず脆く(ニキや闘莉王が戻るまで、上背のある相手には当面苦労しそう・・・)、「なんで大久保がフリーやねん??」と首を傾げたくなる場面もありましたが、西澤のショボさにも助けられて板子一枚のディフェンスはこの試合もなんとかボロを出さずに済みました。しかし、このチームにセーフティーリードというものはありませんねぇ・・・

 セレッソは引くのか攻めるのか意図がもう一つはっきりしないままに終始したことにも助けられ、攻撃はマリノス戦よりもさらにレベルアップ。まだ連携が不十分でパス交換で相手を崩しきるには至らず、やっぱり結局のところエメ頼みやんと感じさせる場面も少なくないのですが、今日は長谷部が光りました。もともと良いものを持っているパスセンスに、ゴールへ向かう姿勢が加わり、さらに相手に絡まれても倒れない強さまで持ち合わせてきました。

 右サイドから敵をドリブルで抜き去る永井の雄姿。あれよあれよと言う間にドリブルで中央を駆け上がる暢久。時折三都主の持ちすぎが気になりますが、攻撃的に行くギドの狙いは十二分に達成できているといっていいでしょう。なにせ昨年と比べて前に突っ込む人数が違います。相手が中盤でミスでもしようものなら、即座にビックチャンス!!!

 課題のセットプレーは今日も不発。上背ではまるで勝てない相手だったのでショートコーナーやサインプレーを多用していましたが、暢久がボーッとしていてなんの意味もなかったりと。

 山瀬や啓太は顔見せ程度に登場。お疲れだと思いますが、共にポジションを失いかねない状況で、特に三都主に代わって不慣れなFWで起用された山瀬は気迫が顔面に満ち溢れているように思えました。度重なる代表組不在で心配されたレッズですが、まさに「災い転じて福となす」。チーム内の競争激化で良い方向に向かっているようです。


|

« 失せろ大宮、ワッショイ! | トップページ | MDPウォッチ(No.231) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/333794

この記事へのトラックバック一覧です: 前進-セレッソ戦:

» ■1st第2節 C大阪 − これが1年続くのかよ! [RJ2001.NET 公式声明]
エメのあたり損ないといってもいいシュートがコロコロと転がり、勝敗を決するゴールに狂喜して「フ〜〜ッ」と湯浅風?に一息つく。階段の上から跳びかかり、下から突き上げ... [続きを読む]

受信: 2004.03.22 01:11

» 浦和レッズVSセレッソ大阪 [浦和魂BLOG]
 リスクを恐れないサッカー。今日の後半のうちのサッカーはまさしくそれだった。今季REDSが標榜するサッカーのモデル(?)というか指標みたいなものが、マリノス戦以... [続きを読む]

受信: 2004.03.22 01:25

» vs セレッソ [中空庭園]
レッズ 4-2 セレッソ なんというか、大味な試合だったが、まずはギド監督の初 [続きを読む]

受信: 2004.03.23 13:39

« 失せろ大宮、ワッショイ! | トップページ | MDPウォッチ(No.231) »