« オッサン、ケータイを買い換える | トップページ | 静寂 ~ 浦和4-1大分 »

2004.04.17

流星墜つる時:大宮3-1仙台

 絶不調にあえぐ仙台。今日もいいところなく大宮に完敗。終了間際に主審の温情とも取れるトニーニョ退場&PKで1点を返しはしましたが、反撃もそこまで。今季仙台の試合を初めて見ましたが、昨季J1とは思えない惨状ぶりに驚きを禁じえませんでした。

 フォーメーションはこんな感じ。

   寿人
 大柴  財前
村田    原崎
 菅井  石井
数馬 瓦斯 村上  *瓦斯=ガスパル
   高桑

 マルコス、シルビーニョを欠く攻撃陣はお寒い限り。佐藤寿人の1トップはかなり無理があるかと思いますが、とりあえず中盤の守備を厚くして、中盤でボールを奪ったら寿人に素早く大宮DFラインの裏を狙わせる算段だったようです。

 ところが悲しいことに中盤からはろくなパスが出てきません。最も正確なパスが出せると思われる財前は守備に忙殺されていい位置で前を向けませんし、レッズのユニフォームを投げ捨てた男-石井はせっかく良い形でボールを奪ってもパスはあさっての方向へ。大柴にいたっては何をやっているのかさっぱりわからず、居ながらにして数的不利を作っているようなものです。

 だからといって寿人がボールをもらいに下がってきたところで何ができるでもありません。ほぼ確実にボールを失うだけ。

 たまにボール回しに興じる局面もありましたが、(J2チーム全般にいえることですが)これまたなんら相手に対する脅威にはならず、むしろ途中でミスして逆襲を喰らうリスクを高めているだけ。結局PKによる得点以外、得点機は大宮DF陣の凡ミスに乗じて財前が放ったシュート2本だけという想像を絶するお粗末さで試合は終了しました。

 それでも格上相手に無失点で切り抜けられれば、それはそれで収穫もあったでしょうが、結局CKから高橋にヘッドを決められてそれもならず。高さがあるのはガスパルしかいないので、バレー&トニーニョのいる大宮相手にセットプレーを封じきるのはちょっと厳しかったかもしれませんが、これでちょっと集中が切れたようで立て続けに2点を奪われます。ただ大宮に守備陣を完全に崩された場面は意外と少なく、これが収穫と言えないこともないかもしれません(ものすごい推量ですが・・・)。

 失点後、原崎→西、石井→千葉、大柴→西谷 と相次いで投入しますが、寿人にまともなボールが入らない症候群は最後まで治らず。

 チームを強くするには時間がかかるが、弱くなるのはあっという間。以って他山の石としたいものです。

P.S.

 前半仙サポがずっと「仙台、レッツゴー!」をひたすら単調に繰り返していて、コールのバリエーションが豊富な仙サポにしては芸がないなと不思議に思っていたのですが、シュートを打つまでコールしようと決めていたところ、なんと前半40分までコールが止められなかったというとんでもないオチがあったようです。

|

« オッサン、ケータイを買い換える | トップページ | 静寂 ~ 浦和4-1大分 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/453767

この記事へのトラックバック一覧です: 流星墜つる時:大宮3-1仙台:

« オッサン、ケータイを買い換える | トップページ | 静寂 ~ 浦和4-1大分 »