« 苦渋 : 東京V 1-3 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:東京V2004年追記 »

2004.05.23

サテライト:浦和 2-1 市原

 先発はこんな感じ。

 カニ  ウメ 
三上 千島 セル
 新井  西村
 南 ホリ 中川
   山岸

 久々にサテライトに山岸が登場。前節に続いてセルヒオがスタメンに起用されましたが、今節は千島とポジションを入れ替えています。あとはウメツァが復帰しましたが、その代わり今日は萌ちゃんがサブにもいません。今日はプリンスリーグが開催されているので、その関係かも。気になったのは故障が癒えて新潟へは行っていたはずの小林宏の姿がなかったこと。

 結果は一時三上のゴールで同点に追いついたものの、終了間際に再び引き離されて1-2の敗戦。相手はFW林、巻(→この二人、昨日も出てるやん。休息を許さないオシムならでは)に加え「現役の日本代表」茶野(→こちらは昨日は休み)が出場し、前半はかなり苦戦しましたが、市原の運動量が落ちた後半は互角以上の闘いぶりでした。但し、中川君は終始林への対応に苦戦し、右サイドは結構やられてしまいました。この辺を押さえ切れれば自信にもなるんでしょうけど。その代わりといってはなんですが、山岸が大活躍。でかいコーチングも冴えわたります。

 カニの負傷が最大の誤算。代わりに入ったユースの野島くんは急な出場ということもあって気の毒になるほどの出来でした。おまけに引き離された後に西村まで負傷してしまい、今後に不安を残す結果になりました。

 間近で見たセルヒオは高校生とは思えないしっかりとした体格をしていましたが、出来のほうは前節以上に見せ場がなく、お約束どおり後半早々に大山に交代。

 久々のウメツァは前半はまさにさ迷える大木といった按配でしたが、後半になってようやくボールに絡み始めます。やる気は感じられるのですが、ポストプレーは周りの選手のフォローが遅いこともあってあまり効果的ではなく、レッズでの居場所を探しあぐねているようにも見えます。

 トップチーム同様、このチームも押上げが遅くて前3人が孤立しがちという欠点がありますが、昨年のサテライトと違ってやる気に満ち満ちているので、観戦のし甲斐がありますね。

|

« 苦渋 : 東京V 1-3 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:東京V2004年追記 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/641448

この記事へのトラックバック一覧です: サテライト:浦和 2-1 市原:

« 苦渋 : 東京V 1-3 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:東京V2004年追記 »