« ごらんアウェー:シャチボン | トップページ | 鬼退治 »

2004.06.18

良い監督、悪い監督、フツーの監督

エメ不調、永井好調の時、エメを先発に使うのはフツーの監督。

 そりゃエメと永井くらいもともとの実力差があれば、エメを使ってダメでも周囲(の大半)は「まぁ今日はしゃーないな」で許してくれるけれども、永井を使って結果が出なければバカ扱いされるのがオチである。小心者のフツーの監督はエメを使う。


エメ不調、永井好調の時、永井を先発に使うのは良い監督。

 結果を出すのは先発起用に応えた永井か、はたまた「俺を差し置いて永井が先発か!!」と怒りに燃える途中投入のエメか。巧みに選手のモチベーションをコントロールし、結果に結び付けられるのが良い監督。もっとも一歩間違えれば「バカ采配」とみなされるのがオチで、ここまで来るには相当の経験を必要とする。仮に結果が出なくてもバカと呼ばれないだけのカリスマがあればいうことはない。

ちなみに、

・エメ不調、永井好調の時、柳沢を先発に使うのは爺古

・エメ不調、永井好調の時、盛田を先発に使うのは原監督

・エメ不調、永井好調の時、途中で鹿取を投入するのは王監督

・エメ不調、永井好調の時、「とりあえず走れ!」というのはオシム監督

・・エメ不調、永井好調の時、「殺れ!」というのは桑原

 いくらでも続編が作れそうなので、アイデアが浮かんだ方はコメントをどうぞ(^^)

|

« ごらんアウェー:シャチボン | トップページ | 鬼退治 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/793601

この記事へのトラックバック一覧です: 良い監督、悪い監督、フツーの監督:

« ごらんアウェー:シャチボン | トップページ | 鬼退治 »