« 脱皮:ナビスコ 浦和 3-0 清水 | トップページ | 達也、青山を走る! »

2004.06.06

サテライト:浦和 0-1 新潟

 雨の中埼スタまで行ってきました。スタメンはこんな感じ。小林が復帰した代わりに中川がベンチに押し出されてしまいました。ユースの渡辺くんは初出場かな?

  梅ツァ  新井
三上  千島  大山
  渡辺  萌え
コバ  ホリ  南
    徳重

後半頭:渡辺→エスクデロ
後半中:細貝→堤

 前半の早い時間帯に低い弾道のCKを蹴りこまれて失点。その後終始ボールは支配するものの、どうしても1点が奪えませんでした。

 まぁボールを支配といってもカウンター狙いで引き気味に構える新潟陣営の前を漫然とパスを回していただけの話で、敵陣を崩すには至らず。両サイドからも良質なクロスは上がらず、これといった攻め手のないままタイプアップ。枠内シュートは数えるほどで、前半はシュート自体も少なかったように思います。カニや西村を欠いてユースのメンバーを多数起用せざるを得ない以上、この結果も致し方ないと思いますが・・・ 

 なかなかポジションが定まらない新井ですが、今日はなんとFW。これはいくらなんでも可哀想。ゲームに出られるだけマシという考えもありましょうが。後半ボランチに下がってからもなんだか元気なさげ。MDPで中川に「ムラがある」と評されたのもわかるような。

 久々登場の小林もスピード感が戻らないのか、緩いパスを相手にカットされる致命的なミスが散見され、まだまだといった感じ。

 トップに近い面子の中では堀之内が白眉。大分戦で自信を掴んだのか、攻守に生き生きしておりました。反面、三上は途中負傷して以降、急に積極性を欠いてしまったように思えましたし、梅ツァもサテライトで存在感を見せつけるには至らず。

 これといった見所も少なく、なんだか昨年のサテライトみたいな感じになってきたのがちょっと心配です。

P.S.
 新潟は宮沢、阿部がそろって出場。阿部ちゃんはCKだけならいまでもレッズで十分通用するなぁと思うのですが、それ以外は宮沢共々いいところなし。つまらんサッカーが嫌でレッズを去ったはずなのに、最もつまらんサッカーをやるハメになった阿部ちゃん。人生の皮肉としかいいようがない。

 安英学はいつの間にかバットマン仕様に。

 三田光も今はサテ暮らし。こんな選手がどうして五輪代表に選ばれていたのか、今となっては謎としか言いようがない凄まじいパスミスを犯して、自分で大声を上げていました。


P.S.2

 MDPといえば、今回(No.237)の29ページ脚注にある不自然な投稿。事情を知らないものにとって、どうして私信がここに載っているのか不思議としかいいようがない。

 たぶん清尾氏はクラブのオフィシャルな広報誌であるMDPに記事としては書けない何事かを、こういう形で記録に残したかったものと推察されるが・・・


 

|

« 脱皮:ナビスコ 浦和 3-0 清水 | トップページ | 達也、青山を走る! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/722181

この記事へのトラックバック一覧です: サテライト:浦和 0-1 新潟:

« 脱皮:ナビスコ 浦和 3-0 清水 | トップページ | 達也、青山を走る! »