« サテライト:大宮 0-3 浦和 | トップページ | 日本 1-0 セルビア・モンテネグロ »

2004.07.12

オッサン、南紀を行く(了)

 失意のオッサンは今回最後のポイント「めはり寿司」の試食に出かけます。「めはり寿司」は新宮名物ですが、。握り飯を高菜でくるんだだけのいたってシンプルなものです。高菜にはちょっと醤油がついていて素朴な味わいを出しています。「寿司」という名がついていますが、寿し飯ではありません。

2004_0703_nanki6.jpg

 食べに行ったのは「総本家めはりや」。屋号は大層ですが、店はカウンターと小上がりがあるだけで、いかにも地元向けの小料理屋風。もう日も暮れようという時間なので、テーブルを囲んで一杯やっているお客も多い中、こちらはお目当ての「めはり寿司」だけを注文。480円也。

 もともとは高菜一枚を使ってソフトボール大の寿司を握り、目を見張らんばかりに両手でおもむろに持ち上げ大きく口を開いてがばっと食べたことから「めはり寿司」の名が出来たそうです。出されたものはさすがにソフトボール大ではありませんが、女性の握りこぶし大くらいはあるかなといった感じ。やはり一口で食べるのはちょっと難しく、でも高菜を食いちぎると醤油めしがこぼれそうになり、なかなか難儀です。少し時間を置いて飯が堅くなったほうが食べやすいかも。

 なお、かつて駅弁の「めはり寿司」を食べたことがあるのですが、こちらはさすがに一口サイズでした。

|

« サテライト:大宮 0-3 浦和 | トップページ | 日本 1-0 セルビア・モンテネグロ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/953310

この記事へのトラックバック一覧です: オッサン、南紀を行く(了):

« サテライト:大宮 0-3 浦和 | トップページ | 日本 1-0 セルビア・モンテネグロ »