« 元祖 札幌や | トップページ | 昔の川口 »

2004.08.01

ざぶーん

 ざぶーん、じゃなくてズブーンか、今日の負け選手は。

 劇的な日本の勝利に嬉しいやら悲しいやらもの凄く複雑な感情を噛みしめているうちに、意味もなく新潟の日帰り温泉を思い出したりしてました。

 ある意味自業自得とはいえ、今日も動きの鈍い日本。いつ負けてもおかしくないゲーム内容なのだが、徳俵で凌ぐというか蜘蛛の糸にすがるというか、とにかく負けない日本。この異様なまでの勝負強さはこれまでの日本にはなかったものでしょう。

 ただ、その勝負強さを植えつけたのは監督の功績ではないのが悲しいところ。Jリーグで揉まれ、多くのメンバーがワールドカップを闘い、そしてある者は海外で挫折を味わって、それぞれに経験を積んだ選手たちの労苦は大いに称えたいと思います。とりわけ掛け値なしにアジアの壁となった中澤、そして神が舞い降りた川口。今大会は両人の大会といっても差し支えないでしょう。

 重慶スタジアムのブーイングに耐え、主審の再三怪ジャッジにも耐え、日本2本・ヨルダン1本終了後という不公平な状況でなされたこれまた不可解なPKサイド変更をも凌ぎ、PK戦2本ビハインドという絶体絶命のピンチから這い上がった日本。

 本来なら感涙にむせんでもいいはずなのですが、これでよほどのことがない限り爺古がワールドカップ最終予選まで指揮を取ることは確実になり(もっともこの試合に90分で負けていてもそうなったのでしょうが)、日本の夜明けが遠のいたかと思うとそう単純に喜べないのも事実。でも、日本が負けて重慶のやつらが歓声を上げるのも悔しいので、やっぱり勝ってよかったというのもまた事実。こんな複雑な思いがないまぜになった勝利はそうそうないですね。

 爺古って「創造性に溢れた楽しいサッカー」を見せてくれるんじゃなかったのか?いつからこんな守備的だが結果だけはしっかり残すサッカーに宗旨替えしたのか?たぶん意図したところとは無関係にそうなっているのだろうけど、こんなオヤジをシャッポに頂いて異国の地で苦闘する選手たちを今後は暖かく見守ろうと思います。たとえ、それが加地であろうと、三都主であろうとも。

 今日の格言:「上司がマヌケだと往々にして部下が育つ」


|

« 元祖 札幌や | トップページ | 昔の川口 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/1096242

この記事へのトラックバック一覧です: ざぶーん:

« 元祖 札幌や | トップページ | 昔の川口 »