« ネタチーム対決! | トップページ | 負け組??? »

2004.08.12

日本 1-0 スウェーデン

戦前の予想を覆す完勝でした。

個人のパワーとFW陣の縦への速さはさすがにスウェーデンに分がありましたが、攻守とも組織力で圧倒。守ってはスウェーデンに対し常に数的優位を確保し、攻めては豊富なバリエーションを持つセットプレーや、荒川の驚異的なキープ&川上の右サイド攻撃、さらに深い位置からのスルーパス(弥生!)等々から数回にわたって前半は決定的チャンスを作り出しました。澤が一つでも決めていればもうちょっと楽な試合になったはずですが・・・

細かい足技は明らかに日本が優位で、適当に相手に詰めさせておいてひらりと交わしたり、股抜きを試みたり(FW陣が果敢にチャレンジしていましたが、最終ラインで山岸が相手の股を抜いてフィードするのはさすがに勘弁・・・)と、なかなか面白いプレーも飛び出して、スウェーデンは少々面食らったかも。

体力の落ちた後半はやや押し込まれ気味になりましたが、かなりやばいピンチは左右に振られて中央からミドルシュートを許した場面と、終了間際に完全に左がフリーになった場面くらい。共にシュートは山郷の正面で事なきを得ましたが、動けなくなった時間帯をどう凌ぐかが今後の課題でしょう。日本は最後まで動けないことが丸分かりになったので、前半は守って後半勝負を仕掛けてくるようなチームが出てくるとちょっとやばいかな。

試合途中で時折ゆったりとしたリズムを作って適宜サボりながら、要所では最後まできっちり動けるようにする老獪な試合運びを日本女子に期待するのはちょっと無理な注文か。

丸山はまだしも安藤の左ボランチ投入は全く機能せず。これが今日の最大の失策でしたが、あくまで攻撃的に出るなら普通はロナウジーニョ妹を出すはず。ロナウジーニョ妹は怪我でほとんど使い物にならないのか、あるいは決勝トーナメントを睨んでロナウジーニョ妹を温存(隠匿?)したのか。このあたりが今後のポイントだと思います。

P.S.
 BSのアナ、選手名間違えすぎ。大谷と荒川は文字通り荒川が頭一つ違うので絶対に見分けがつくと思うのですが。あと酒井と丸山を間違えてましたが、それって髪型しか見てなくない?

P.S.2
 「ちんちん」を買いに行ったデパートは西武なのか?東武なのか? 土地柄西武しか眼中にないかもしれないが、受付嬢に「ちんちん売り場」を聞いたのだろうか? 押しも押されぬチームの大黒柱でありながら、常にネタの提供を欠かさない「天然系FW」として久保と双璧をなす荒川。 「こんな荒川は嫌だ!」スレが立つのも時間の問題だろう(^^)

P.S.3
 安藤の目のタレ具合とゲーム中の口の開き加減がなんとなく若き日の小野伸二に似ているのも気になったが、その後ろで和んでる山岸はどうも根本に見えて仕方がない。

|

« ネタチーム対決! | トップページ | 負け組??? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/1178527

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 1-0 スウェーデン:

« ネタチーム対決! | トップページ | 負け組??? »