« 惑星:浦和 7-2 東京V | トップページ | ごらんアウェー:はばタン »

2004.08.22

人生辛抱が肝心だ

 開幕1分け1敗でいきなり座り込みですか。

 そんなことでいちいち座り込みしてたら、浦和のゴール裏にゃそのまま住み着いてしまう人も出て、今頃家の一軒や二軒建ってまっせ(笑)

 負け慣れていない者は実に脆い。負け慣れている者が威張るのもどうかしていますが(苦笑)、名古屋って勝ち点を計算できるほど弱くはないんじゃないの?

 目先の勝ちに拘ったのかどうかは定かではありませんが、あれだけ長年メンバーを固定し、やがてそのツケが来るといわれ続けて、それでもなかなか負けなかったところが凄いといえば凄いのだけれども、ようやく若手起用に腰を上げて成岡とか前田とかを出すようになればポロポロ星を落とすのは自明の理。

 昨日はカレンロバートも出てるみたいだし、これでガーナ戦で活躍した菊池も出場すればさらに負けが加速するかと思いますが、ジュビロも一度は通らないといけない道でしょう。長期的にはそれほど悲観すべきこととは思えないのですが。

 鹿島は一度中位クラスにまで落ちましたし、横浜は降格すれすれまで行きましたし、浦和に至っては降格してしまった歴史があるのです(前2者と浦和を並べるのは変だ!というツッコミは禁止)。ここらあたりで一丁艱難の道を歩まれてはいかがでしょうか?

 次の埼スタで6-0とか7-2とかその場で悶絶死してしまいそうな負け、何度も夢に出てきそうな負けを経験して、一皮むけていただくのも長い人生に必要なことかと。


P.S.

 元祖「トシヤ」争いは、こちらの俊也があぼーんしてしまうというなんとも残念な幕切れとなりましたが、今度は本家「誠」争いです。と同時に「田中た」「田中ト」「田中ま」と三つ巴の宮内庁御用達「田中」争いでもあります。

 埼玉県内でしか勝負がついていない「誠」争いが最大のポイントかも(謎)

|

« 惑星:浦和 7-2 東京V | トップページ | ごらんアウェー:はばタン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/1247573

この記事へのトラックバック一覧です: 人生辛抱が肝心だ:

« 惑星:浦和 7-2 東京V | トップページ | ごらんアウェー:はばタン »