« 後退:FC東京1ー0浦和 | トップページ | 耐える。 »

2004.09.24

瓦斯戦拾遺

 山瀬離脱でどんな策を打ってくるかと楽しみにしていたのですが、その答えは何とエメ・永井・アレックスの3トップ。アレックスを前に上げて平川を左で使ってくるのは全く予想外でしたが、残念ながらこのシステムは不発。システムをいじるのが好きなギドの悪癖がこんなところで顔をのぞかせてしまいました。

 3-5-2のまま長谷部を前に上げるのが普通と思うのですが、首脳陣は啓太の相方の選択に自信がないのかなぁ・・・ 酒井はコンディション不良との噂もありますし、内舘や堀之内をボランチで使うこともほとんどやってませんし・・・ 山瀬抜きでの最適解を探しているうちにシーズンが終わってしまうかもしれません。この日のレッズはなんかファーストステージ前半まで一気に戻ってしまった感じでした。さらにいえば、前がフン詰まりになってにっちもさっちもいかない戦いぶりはオフト時代まで遡っているようにも見えました。

 前半は瓦斯ペース。サイド(特に左サイド)を崩される場面が目立ちます。瓦斯は基本的には引き気味ながら、厳しいプレスでボールを奪うと手数をかけずにサイドをえぐるなり、早めにクロスを上げるなりしてレッズゴールへ迫ってきます。かたや個人技しか打開策のないレッズ。瓦斯との組織力の差は歴然でした。

 中盤が非常に薄いのもこの日の特徴。前線からのプレスがほとんどないせいか、中央にポッカリ空白ができてしまって、啓太がその間を一人で駈けずり回っているという感じ。

 後半立ち上がり早々セットプレーで失点を喫した後(ここはやはりアルパイの不在が響いた)、エンゲルスはなんと内舘→達也で大胆にも4バックに組替えてきました。禁断の3トップに禁断の4バックと「W禁断」を犯してしまったレッズですが、瓦斯が一層引き気味になったことと瓦斯の運動量も落ちてしまったこともあってこの日の4バックは特に混乱することはありませんでした。

 ところが攻撃が手詰まりなのは相変わらずで、右に開いた永井を軸に打開を図るも大した成果もなく、そのまま試合終了。

 瓦斯の策にまんまと嵌った完敗です。原監督は年中レッズに勝つことばかりを考えているのではないか(その結果他の試合でポロポロ取りこぼす)と思うくらい見事にやられました。相手が強いとは感じないけれども、終わって見れば負けているという試合内容が多い瓦斯戦ですが、この試合に限っては手も足も出なかったといって差し支えありません。エメを抑えた茂庭も見事。

 瓦斯と言えば「攻撃サッカー」が売り物ですが、レッズ戦を見る限りでは

・基本的に守備的
・攻守の切り替えが非常に早く、カウンター時にゴール前に飛び込んでくる頭数は意外に多いので攻撃的に見えることもあるが・・・
・悲しいほどに決定力がないので得点はそれほど上げられず
・従って内容も結果も全くと言っていいほど攻撃的ではない

という羊頭狗肉以外の何者でもないサッカーを展開しています。しかし、そのやり口をチーム全員に浸透できている点では明らかにレッズよりも一日の長があります。そしてそれこそがさほど傑出したタレントがおらず、しかも少々主力を欠いたとしてもそこそこの成績を上げられる所以なのでしょう。

 中2日でレッズがどう立て直してくるか。ガンバ戦で真価が問われます。

|

« 後退:FC東京1ー0浦和 | トップページ | 耐える。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/1509863

この記事へのトラックバック一覧です: 瓦斯戦拾遺:

» Shock!!!! [RED WARM CHILIPEPPER]
先程勤務先から帰宅しましてメールをチェックしたところ、「REDS PRESS」の速報メールが届いておりました。 クリックして開けてみると、そこにあったのは ... [続きを読む]

受信: 2004.09.24 17:40

» 04 2nd 第6節 東京戦 [ウラワの魂]
ヘトヘトになって帰ってきました。 負けると帰り道が長い…。 実に久しぶりの負け試合となりました。無得点試合は12試合ぶりだそうです。我々はギドの留守を預... [続きを読む]

受信: 2004.09.25 01:12

» J1 2ndステージ 第6節 vs F東京戦 観戦雑感 [赤と緑と男と岩と 8]
浦和 0-1 東京 2ndステージ開幕からの連勝と公式戦の連勝がストップ。しかし、上位陣のもたつきもあり首位はキープです。 どちらのサポーターでもない人が見... [続きを読む]

受信: 2004.09.25 14:16

« 後退:FC東京1ー0浦和 | トップページ | 耐える。 »