« 大分戦へ向けて | トップページ | 「すだちくん」と「オリーブくん」 »

2004.09.09

「元気くん」と「たいきくん」

 1991年石川国体で登場したのは「元気くん」
 こんな実に惨めな姿の画像しか見つからなかった。京都・福岡に続く和風マスコットだが、ただの小僧を出してどうせーっちゅーねん。加賀百万石が泣くぞ。

 続いて1992年山形国体で登場したのは「たいき君」

 お米をモチーフにして、国体終了後は山形米「はえぬき」や同「どまんなか」の販促にも使えるようにしたとしか思えないマスコットだが、実は蔵王の樹氷がモデルとのこと。実際の樹氷はもっと奇怪な形をしていると思うのだが・・・

 ちなみに偶然とは思うが、「はえぬき」や「どまんなか」が誕生したのも国体と同じ1992年である。ともに愛称は公募で決定されたらしいが、「コシヒカリ」はともかく「あきたこまち」や「ひとめぼれ」にもブランド力で劣るのはそのネーミングにも問題があるような気がしてならない。豪農本間家を生み出した山形県としては忸怩たる思いだろう。

 JA山形よ、今こそ物置に眠る「たいき君」の出番ではなかろうか。

|

« 大分戦へ向けて | トップページ | 「すだちくん」と「オリーブくん」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/1397818

この記事へのトラックバック一覧です: 「元気くん」と「たいきくん」:

» 13年目の復活劇(期待をこめて) [1000年は1秒の夢]
そういえば、モンテディオ山形にはマスコッ [続きを読む]

受信: 2005.01.14 20:05

« 大分戦へ向けて | トップページ | 「すだちくん」と「オリーブくん」 »