« 宴:柏 0-4 浦和 | トップページ | 豹変 »

2004.11.24

柏戦拾遺

 エメの得点王支援と並ぶこの試合の目標が控え組の再チェック。

 この日の控え組で安心して見られたのは酒井と内舘。日立台のような小さなスタジアムで至近距離で酒井のプレーを見て、足元がめちゃくちゃ上手いのを再確認。啓太とともに中盤で柏の攻撃を寸断し続けたのはいつも通り。柏はせっかくボールを奪っても前への展開が遅く、もたもたしているうちに浦和のFW陣や啓太・酒井に囲まれてボールを奪われ、そのまんまカウンターを喰らう場面(=浦和と対戦するチームが最も恐れる展開)が頻発しました。前へ進出した時の判断が鈍いのが玉に瑕ですが、バックアップメンバーとしては文句ない出来でしょう。

 内舘も随所で神プレーを連発。玉田と対峙して何もさせなかった時には惚れ惚れしました。

 平川は柏の右サイドを完璧に封じただけでなく、2アシストを記録して一応結果は出しましたが、左サイドでの攻撃はやや不発気味だったので、全体としてはまずまずといったところでしょうか。

 堀之内もラインコントロールは闘莉王より上手いと思うのですが、柏の出来があんまりでしたのでカバーリングの出来不出来まではよくわからず。ちなみにこの日は山下がオフサイドゾーンにボーっと突っ立っていて、柏のロングフィードでいきなりオフサイドを取られる場面が2回ほどありました。再三のチャンスを外したこととあいまって、オッサン的には山下に「和製クビツァ」の称号を授けたいと思います。

 気になったのは岡野。90分どころか45分持ちません。前半30分過ぎあたりから柏が岡野の裏をかなり攻めたてて繰り返しコーナーキックを得ていましたが、あれが続いていたらもうちょっと競った試合になったかも。

 室井は立ち上がりに得点こそ上げましたが、肝心の守備ではすぐファウルで止めてしまう悪癖が健在で、セットプレーの上手い相手には使いにくいかな。

 最後は大山・カニ・コバを相次いで投入して余裕ぶっこいで見ましたが、大山やカニにとってはトップの試合に出ること自信が貴重な経験になったでしょう。大山は右サイドから良いクロスを上げていましたが、これはサテライトでもしばしば見るプレー。カニ投入後、大山はボランチに下がりましたし、カニに至っては左WBとサテでも全く見たことのないポジションに入りましたが、物怖じせずにプレーできただけでこの両人は良しとするべきでしょう。

 試合終了後非常に気まずいムードが流れる中、それでもホーム最終戦なので場内一周ぐらいするのかと思っていたら、かなり遅れて選手が出てきてペナルティーエリアぎりぎりのところでちょこんと挨拶して終わり。

 それ以前に柏ゴール裏は挨拶も見ずに帰る人がゾロゾロいる始末。柏はホーム最終戦を大切にしたいので、たとえ相手が集客の見込めるレッズであろうとも狭い日立台を会場にしたのだとオッサンは好意的に解釈していましたが、こんな状態だったら日立台でやる意味全くなし。選手とゴール裏サポーターの間に軋轢が生じた経緯はいろいろと報じられていますが、一番苦しい時に選手とチームが反目しているのはあまりにも悲し過ぎます。

P.S.
 チケット確保に奔走していただいた柏サポのN氏にはこの場を借りて御礼申し上げます。

P.S.2
 おまえら、どこ見てんねん。

2004_1123_reysol1.jpg


P.S.3

 「汗かいて・・・」の白ダンマクの上の広告に注目。

2004_1123_reysol2.jpg

|

« 宴:柏 0-4 浦和 | トップページ | 豹変 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/2054663

この記事へのトラックバック一覧です: 柏戦拾遺:

» We'll never walk alone? [Nayu-bits Talk(Type-R)]
日立台を相手ユニで来たものだから、太陽掲示板でさらし者でしたね。 ホームゴール裏など、係員に止められて行けない位なのに、 よく見ている人がいますよ。ただの物好き... [続きを読む]

受信: 2004.11.24 22:42

« 宴:柏 0-4 浦和 | トップページ | 豹変 »