« 狙うは人間力の首一つ! | トップページ | 2004年回顧録 »

2004.12.25

終戦:浦和 1-2 磐田

 またしても結果を残せず。

 経験なのか、落ち着きなのか、それが何であるのかはよくわからないのだけれども、、やはりタイトル奪取には何か一つ足りないものがあると思わざるを得ない残念な試合でした。また勝てたはずの試合をフイにしてしまった感じの強い、ちょっと後味の悪い試合でもありました。

 敗戦に至る直接の原因は早いリスタートからすかさず同点に追いつかれたこと。この瞬間は明らかに集中力を欠いていました。この失点を機にこれまでずっとレッズペースだったゲームが大きく動きます。

 ウッチーのサイドを川口に崩され、西に切れ込まれ、最後は中山にやられるといったいかにもジュビロらしい攻撃の前にあえなく逆転負け。今日のDF陣は前半からやや危ない場面が目立ち、この結果は案の定というべきかもしれません。闘莉王に続き、ネネもいなくなってしまうとさすがに脆さは隠せない様子。坪井を温存したのが裏目となったかどうかはなんともいえませんが。

 守備陣が脆いのはある程度覚悟の上だとしても、それ以上に痛かったのは三都主トップ下がほとんど機能しなかったこと。瓦斯戦を4バックの奇策で凌いだギドですが、この日の采配はどう見てもハズレ。これまでやったことがない布陣(瓦斯戦で失敗した時はギド不在。この時の反省を生かせなかったか・・・)で失敗すると監督は惨めなものです。結局レッズの攻撃は終始右サイドに張った永井頼みになってしまい、厚みがあり、かつ多彩な攻撃が十分できなかったのも敗因の一つに上げられるでしょう。アルパイの攻撃参加も目立ちましたが、縦パスがカットされて逆襲を喰らうこともしばしばで、あまり誉められたものではありません。

 頼みの永井はよくやりました。永井が作り出したチャンスを達也が決め切れなかったのが惜しまれます。

 ジュビロは藤田&中山投入で瀕死状態から一気に活気付いたのに対し、こちらは三都主→酒井で長谷部をトップ下に上げるのが精一杯。最後の最後は控え選手の差も勝敗に結びついてしまいました。
 
 山瀬を欠き、エメを欠き、闘莉王もネネも欠き、しかも過密日程のレッズがフルメンバーのジュビロ相手に互角以上の試合ができたことはそれなりに感慨深いものがありますが、それで満足する時代は終わりました。

 来年は多少は結果に拘った試合をお願いします。

|

« 狙うは人間力の首一つ! | トップページ | 2004年回顧録 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/2373151

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦:浦和 1-2 磐田:

» vs.ジュビロ(天皇杯準決勝) [中空庭園]
レッズ 1-2 ジュビロ(NHKにて観戦) 試合開始10分後ぐらいから、テレビ中 [続きを読む]

受信: 2004.12.25 20:46

» 天皇杯準決勝、浦和vs磐田。 [kiku's]
磐田でゴールを決めたのは33歳と37歳である。 今日の磐田の殊勲者はむしろ西だろうけど、暗澹たる気持ちになる。今年Jで頂点を極めようとした浦和を相手に、33歳... [続きを読む]

受信: 2004.12.26 00:22

» 浦和1−2磐田 [ダイヤモンド★ロックス]
浦和1−2磐田 国立 35523人 ≪得点者≫ 浦和:田中71 磐田:藤田73、中山83 スタメンのメンバーを見て、前節成功した4−4−2を採用すると思っ... [続きを読む]

受信: 2004.12.26 08:53

» 天皇杯準決勝 vs 磐田戦 観戦雑感 [赤と緑と男と岩と 8]
浦和 1-2 磐田 後半に先制したものの、すぐに同点にされ逆転負けを喫し、今シーズンの日程をすべて終了しました。 UBリーダーの角田氏が試合前に懸念していた... [続きを読む]

受信: 2004.12.26 11:21

» 12/25天皇杯準決勝ズビロ田舎戦試合雑感 [BornToBeRED!]
終っちまいました、2004シーズン。国立にサンタはいませんでした。 小春日和の国 [続きを読む]

受信: 2004.12.26 21:29

« 狙うは人間力の首一つ! | トップページ | 2004年回顧録 »