« 金のゆくえ | トップページ | 意表 »

2005.01.27

選手の生き様とサポートと

 中田浩二事件の結末は鹿島にとって非常に厳しい、悲惨としかいいようのものとなりました。

 法制度上の不備を浪花節でなんとかしようとしたのが甘いといえば甘いのですが、代表クラスの選手を何の見返りもなしに他所へ引き抜かれては泣きっ面にスズメバチ。まかり間違えば即死の事態です。

 山瀬事件といい、本件といい、田辺代理人の暗躍が目立つので代理人への風当たりが強まるのは当然ですが、最終的に移籍を決めるのは選手本人。倫理的にはいかがわしいが違法ではないやり口を駆使するのはプロならよくあることで(←そういう代理人が優秀といっているわけではないですが)、違法行為を働いていない限り代理人をやり玉に挙げても詮無いかと。

 たとえ代理人にそそのかされたかもしれないものとはいえ、クラブを、そしてサポーターを裏切るようなやり方で去ってゆく選手が少なからずいる。

 ひょっとすると上昇志向の強い選手は多かれ少なかれ所属クラブのことは踏み台くらいにしか思っておらず、ましてやサポーターのことなんぞ屁とも思っていないのかもしれん。

 逆にいえばクラブに忠誠を誓ったり、サポーターへの絶対的な信頼を顕にする選手っていうのは良くも悪くも己の力を知った人間なのかもしれん。

 両事件でそんなことを思ったりしました。

 オッサンの歴代レプリカには背番号がありません。

 多くの選手がレッズに入り、そしてある者は祝福され、ある者は惜しまれつつ、ある者は不本意ながら、そしてある者は後足で砂をかけるようにして去ってゆく。

 選手の生き様はいろいろですが、真紅のユニフォームを身にまとい、レッズのために闘う気持ちがある選手たちをオッサンは今後とも末永く支えてゆくつもりです。

|

« 金のゆくえ | トップページ | 意表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/2714518

この記事へのトラックバック一覧です: 選手の生き様とサポートと:

« 金のゆくえ | トップページ | 意表 »