« 腐臭 | トップページ | 浦和歌壇 »

2005.03.03

小倉百人一首(2)

春過ぎて夏来にけらし リセットの穴は埋まらず頭掻くGM

                       じっと待てんのう
-------------------------

 開幕を目の前に控えて○瀬の穴ですとか、怪我人続出ですとか、情報量が圧倒的に多い分レッズの心配の種にどうしても目が行きがちですが、どこのチームも何がしかのトラブルや不安材料を抱えているもの。闘う前にあれこれ心配しても仕方ありません(といっても心配自体が案外楽しみだったりするのがサポ心理ですな)。

 といった先から何ですが、いつの間にか千島は怪我して別メニューになっています。○瀬が抜けてトップ入りを窺うには絶好にチャンスのはずなんですが、またしても出遅れ。昨年後半もそうですが、ここぞという時に怪我をしてチャンスをフイにしています。前目のMFとしては既に長谷部にぶっこ抜かれ、さらに今年は赤星が入ってきて、いよいよヤバイ状況に追い込まれた感のある千島ですが、浦和が誇るDQN系プレーヤーとして記憶に留められるだけになってしまうのでしょうか?

|

« 腐臭 | トップページ | 浦和歌壇 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/3158026

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉百人一首(2):

» ◆ ちっしーについて考える [日本活動蹴球倶楽部~Japan Action Football Club オフィシャルWEBサイト~JAFC]
千島。ああ千島。 鍵盤柄のセーターとキャップをフォーマルに着こなす千島。 ... [続きを読む]

受信: 2005.03.04 01:56

» たけやすココロの一句 [たけやす駅長の日常茶飯事:Pub QUEEN of HEART]
かく負けし 帰路につづきし 辛き道 罵倒も出来ずに ただ涙かな。 準急業平橋 伊 [続きを読む]

受信: 2005.03.05 18:58

« 腐臭 | トップページ | 浦和歌壇 »