« こんな埼玉高速鉄道は嫌だ! | トップページ | 竜胴蛇尾:ナ杯 浦和 2-1 大宮 »

2005.03.26

イラン 2-1 日本

 後半はチャットしながらBSを見ていたいい加減なオッサンです。

 勝てたような気もしますし、ついに馬脚を表したか!といった感じがしないでもない、妙な感触の残る試合だったと思います。

 誰もが予想だにしなかったへなぎ投入。これが、これまた誰も予想しない形-ヘッドで競り勝って同点弾に絡み、爺古の悪運恐るべしと思ったのですが、その後は押し気味にゲームを進めながらも決定機は作れず。

 鹿組投入成功で悦に入ったのか、海外組ではもっとも出来が良いと思われた(贔屓目入っていますが(^^;)小野に代えて小笠原を投入したが、これはどう見ても失敗。爺古の悪癖-馬鹿の一つ覚えじゃなくて鹿の一つ覚えで、さすがの悪運も尽きた模様。鹿ばかり入れてどうせーちゅーねん。春日大社かっちゅーねん。

 何度も左サイドをやられ続けているのに最後まで放置し、そこを突かれての失点は予想の範囲内。ゴール前で佇むのはやっぱり加地。イラン代表12番目の選手として終始攻守に大活躍。これも想定の範囲内(^^;

 アレックスがいたとしてもやっぱりやられているだろうなと思いますが、三浦淳への幻想が木っ端微塵に砕けたのがこの試合の収穫でしょうか。

 遅まきながら投入された大黒様が袋をゴソゴソしているしているうちに試合終了。大黒様がイスラム圏で通用するのかどうかは確認できず。

 この試合に負けても大勢に影響はないというぬるぬるの予選なもんでついボケに走ってしまいましたが、次のバーレーン戦の結果次第ではいきなりがけっぷちに追い込まれますので、オッサンもぼちぼちネジを締めてゆきましょう。

P.S.

「アウエーだし、守るのか、もう1点取りに行くのかあやふやだった。それが悔しい」「ジーコに聞いたら『攻めろ』といったので個人的には攻めた。」

 爺古に聞いたら「がんばれ」の間違いではないのか(^^?

|

« こんな埼玉高速鉄道は嫌だ! | トップページ | 竜胴蛇尾:ナ杯 浦和 2-1 大宮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/3442030

この記事へのトラックバック一覧です: イラン 2-1 日本:

« こんな埼玉高速鉄道は嫌だ! | トップページ | 竜胴蛇尾:ナ杯 浦和 2-1 大宮 »