« イラン 2-1 日本 | トップページ | サテ:浦和 3-4 新潟 »

2005.03.27

竜胴蛇尾:ナ杯 浦和 2-1 大宮

 試合終了後は珍しく飲んで帰り、ただでさえ少ない脳細胞をさらに死滅させてしまったため細部は録画を見て確認したほうがいいのですが、端的にいえば神戸戦のくりかえしですな。

 まさに竜頭蛇尾。立ち上がりは神戸戦ほど良くもなかったから竜胴蛇尾というべきでしょうか。大宮とは神戸戦以上に個人能力の違いが歴然としていただけに、もうちょっとすっきりした勝ち方を期待していたのですが・・・

 要するに中盤のプレスがしっかり掛かっているうちは相手は手も足も出ず、高い位置でボールを奪っていきなりビックチャンスが作れるのですが、後半も半ばを過ぎるとぱったりと足が止まってしまい、相手にいいようにやられてしまいます。啓太が戻ってきたらこの辺は改善されるのかもしれませんが、このままでは一段レベルの高い相手には苦戦必至ですな。

 昨日の試合についていえば西谷投入が状況をさらに悪くさせました。西谷がトップ下に入って暢久がやや前目に上がったように見えましたが、これが大失敗。運動量が少ないとの悪評がある西谷ですが、時間が経過した後ならともかく、投入直後からいきなり動かないとは・・・ これは西谷本人が悪いのか、事前の指示があいまいだったのかは謎ですが、せっかくのレッズデビュー戦で評価を著しく下げてしまったのは残念です。


 選手個々人についていえば、達也の復調ぶりが目を惹きました。エメはもうちょっと時間がかかりそうですが、それでも確実に上向きになっていることが確認できました。酒井は依然絶好調。長谷部はどうも最後は消えてしまうのが困ったところでしょうか。三都主は相手が弱いのが判ってからちょっと遊びに走りすぎ。暢久はよく動いていましたが、たまには自分で撃ちましょう。平川と途中出場の堀之内は可もなく不可もなし。

 アルパイの不安定さが非常に気になります。良いプレーもあるのですが、再三かぶってみたり、軽いプレーでボールを奪われたりとまるで大宮のアシストをしているのではないかと訝しくなる場面も多かったと思います。九州方面から一喝願います(^^; これでは坪井が戻ればスタメン落ち必至です。もっとも坪井も良いとは言いがたい状態ですが・・・

 ウッチーはでかいクリスティアンに苦戦していました。押し倒しでPK献上か?と思われた場面もありましたが、ここは太田主審が逆にシミュレーションを取ってくれて事なきを得ました。でもスタメンの安泰度が高まるにつれプレーに精彩を欠いてゆくという「ウッチーの法則」は健在のようで、ネネの復帰が待たれるところです。ウッチーには適度に無職の刺激を与えてやらないといけません。

 「飛び出すな ボールは急にさわれない」の標語が似合う都築。またまたやっちまいましたが、昨日はそれ以上にビックセーブを連発していましたので、目をつぶってあげましょう。お疲れです。アルパイに怒り心頭のようでしたが、関西弁は通じますか(^^?

 啓太が戻ってきたと思ったら今度は闘莉王負傷と、なかなかフルメンバーが揃わないレッズ。それでも極端に戦力が落ちた気がしないのは喜ばしい限りですが、この2戦勝ったとはいえリーグ制覇を目指すチームとしては疑問符の付く出来栄えでギドも頭が痛いことでしょう。

*録画見てから適宜補足するかも。

|

« イラン 2-1 日本 | トップページ | サテ:浦和 3-4 新潟 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/3454405

この記事へのトラックバック一覧です: 竜胴蛇尾:ナ杯 浦和 2-1 大宮:

« イラン 2-1 日本 | トップページ | サテ:浦和 3-4 新潟 »