« ここにも腐臭が | トップページ | 引き続き「腐臭」について »

2005.03.07

小倉百人一首(9)

パスコースは うつりにけりな いたづらに こねくり回して 眺めせしまに

                              小野も困る

(語釈)無駄にコネコネして出す先を探しているうちに、出すところなくなっちまったじゃねぇかよ!!

-------------

元歌 「花の色はうつりにけりないたづ(ず)らにわが身よにふるながめせしまに」(小野小町)

|

« ここにも腐臭が | トップページ | 引き続き「腐臭」について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/3205286

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉百人一首(9):

» 狂歌・落首の本 [たけやす駅長の日常茶飯事:Pub QUEEN of HEART]
江戸のパロディー もじり百人一首を読む武藤 禎夫東京堂出版 1998-12売り上 [続きを読む]

受信: 2005.03.07 21:04

« ここにも腐臭が | トップページ | 引き続き「腐臭」について »