« セレッソ戦、オッサンメモ | トップページ | 浦和 5-1 高槻 »

2005.04.24

惨敗:浦和 1-2  C大阪

 集中力を欠いたと罵られても仕方のない前半。あっさり西澤に抜け出された1失点目もなんだかなではあるが、左サイドを破られたあげく西澤をどフリーにしてヘッドを叩き込まれた2失点目は脱力感を覚えた。降格争いをしていた昔よく見たようなシーンだった。

 セレッソの出足は良く、縦へのパスはことごとくカットされる。引いて守る相手に対しドリブル以外打開策なし。しかもすぐに囲まれてしまう。さらに悪いことに相変わらずボールを持って考える場面が目立った。

 後半相次いでFWを投入し、最後は闘莉王を前線に上げて反撃を試みるも、セットプレーからカニが一点を返すに止まった。バランスを崩した反面、選手の集中力だけは高まったように見えたが、攻撃のアイデアの乏しさは如何ともしがたく閉塞感の漂うまま敗戦。サイドチェンジがほとんどなかったのが閉塞感の象徴なのかもしれない。連敗中のオフトサッカーを想起させるような得るところに少ないゲームだった。

 ホームでは久々に見る糞ゲーム。サイドで数的優位を崩さずきっちり守りきったセレッソを誉めるべきかもしれないが、どうもセレッソに負けた気はしない。やるべきことを見失い、やってはいけないことを繰り返す、半ば自壊といっても差し支えないゲームだった。そして「今年のレッズは弱い」。そのことを再確認させられたゲームだったように思う。

|

« セレッソ戦、オッサンメモ | トップページ | 浦和 5-1 高槻 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/3831204

この記事へのトラックバック一覧です: 惨敗:浦和 1-2  C大阪:

« セレッソ戦、オッサンメモ | トップページ | 浦和 5-1 高槻 »