« 惨敗:浦和 1-2  C大阪 | トップページ | 廃墟から立ち上がれ! »

2005.04.24

浦和 5-1 高槻

17-04-24takatuki

 北本     若林
    安 藤
 岩倉     木原
    高 橋
西口 笠井 田代 森本
    小金丸

後半?分:木原→保坂

 試合はレッズが実力差を見せつけて終始押し込み続け、ハーフコートサッカーになってしまいました。前半から中盤で高槻にボールをほとんど触らせず、良いサイド攻撃の形は作っていたのですが、ゴール前を固める高槻の前に前半の決定機は僅少に留まりました。

 後半立ち上がり早々、ちょん蹴りで角度をつけてから蹴りこんだ右サイドFKを笠井が叩き込んで先制。これを機にレッズの攻撃は苛烈さを増し、中央への放り込みを北本(?)が競り勝って若林(?)がオーバーヘッドでシュート。これはミスキック気味だったものの、安藤が押し込んで追加点。

 さらにエリア内で高橋のポストを生かして木原が飛び込んで3点目。

 さらにさらに左サイドを崩した高橋のクロスを北本がヘッド!これはバーを直撃したものの、若林が押し込んで4点目。

 最後はエリア内中央で北本が胸トラップで落としたボールを安藤が豪快に蹴りこんでダメ押しのダメ押し点を上げました。

 失点は2列目から飛び出してきた選手に誰もついておらず、いきなりGKと1対1になったもので、小金丸が飛び出したもののループ気味のシュートで交わされました。終始前がかりで攻めていたせいかと思いますが、不用意な失点であることは否めません。

 この日最大の収穫は今年全くといっていいところのなかった北本選手がようやく大器の片鱗を窺わせたことでしょう。相手と実力差があるのと、立て続けに失点した高槻の集中力が切れてしまったのは割り引く必要があるかと思いますが、サイドを崩すプレーはもちろん、ゴール近くでもようやく存在感を出せるようになりました。

 前半はハイクロスに飛び込むのが小さな若林だったりして「北本はどこいったんや!」と叫びたくなるような出来でしたが、後半尻上がりに調子を取り戻し、4・5点目は良いイメージで得点に絡めたと思います。北本はでかい割には案外ポストプレーが下手で、縦へのボールは若林がいったんキープする形が多いレッズですが、北本は前を向いてナンボの選手なんでしょうか。

 暑い中走りまくった選手の皆さん、お疲れ様でした。

|

« 惨敗:浦和 1-2  C大阪 | トップページ | 廃墟から立ち上がれ! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/3835941

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和 5-1 高槻:

« 惨敗:浦和 1-2  C大阪 | トップページ | 廃墟から立ち上がれ! »