« メランコリー | トップページ | 小倉百人一首(38) »

2005.05.08

浦和 0-0 千葉

 負けなくて良かった。都築とポストと巻に助けられたような試合だった。前半はまだしも、後半は中央でエメがどフリーになったチャンスが一回あっただけで、後は完全に沈黙。引分けで御の字だろう。

 思いの他歯ごたえはあったが所詮パワープレーしか攻め手のない神戸相手にあれだけ苦戦したのだから、神戸よりは手ごわい千葉相手に苦戦するのは容易に想像できたのだが、案の定そういう試合内容になった。勝ち点をもぎ取る難易度からすればこの試合での勝ち点1のほうが大きいと思う。残念ながらそんな試合だった。

 オシムはレッズ相手に周到な手を打ってきた。素早く帰陣してスペースを消し、堅陣を造る千葉の前にレッズは手も足も出なかった。前半こそ何度か千葉DFの裏を取る場面があったものの、周囲のフォローがなくシュートには至らず。

 トップ下に入った永井は疲労が著しいのか目を覆いたくなるほどの出来で、前に出るでもなく、かといって守備に奔走するでもなく、終始何をやっているのかよくわからなかった。疲労の影は両ボランチにも著しく、両者とも致命的なパスミスを繰り返していたし、もともと守備力にたいして期待のできないアレックスは簡単にサイドをぶち抜かれて何度もチームを危機に陥れた。

 懸命のコンディション調整にも関わらずやはりレッズの疲労は隠し切れなかった。千葉に完全に走り負けた。

 千葉の攻撃パターンは極めて明解。いったん前線のハースに預けて、走ってきた両サイドに叩き、そこから中央への展開を図る。前線へ飛び込んでくる頭数は恐ろしく多い。さらにチャンスが潰えればとっとと帰陣。これを延々と繰り返すため千葉の両WBやボランチの運動量は半端でないはず。連戦中遠距離移動がないとはいえ、これだけの仕事を延々と繰り返す千葉に完璧に走り負けるのはショックだった。

 バリバリの結果論になってしまって恐縮だが、今日勝ち点3が取れなかった主因は選手起用にある。一応結果を出している中でスタメンをいじりにくいのだろうが、神戸戦の苦戦を見れば選手が相当疲れているのは明らか。千葉よりは間違いなく勝っている選手層の厚さを満足に活用できなかったギドの采配は非難されても仕方ないだろう。

 両ボランチのうち片方は酒井でも良かったのでは? 暢久トップ下で右は平川でも良かったのでは? 堀之内と酒井を共にベンチに入れておくぐらいなら、酒井の代わりにカニでも良かったのでは?

 オシムの手腕をもってしても消すことのできないレッズの長所を生かせなかったギド采配が悔やまれる一戦だった。

P.S.

 やればできる! その言葉を身をもって示したのがジョージ主審。完全にボールに行っていたように見えた坪井のプレーをファウルとした他、時間が経つにつれて妙な判定が目立ちはしたが、安易にファウルを取らず、不満感の残らない裁きぶりだった。とりわけ暢久と絡み合った後のハースの謎の転倒を、まるで馬をドウドウとあやすように丸く治めてしまったのは驚いた。

 成績が振るわない学生もサラリーマン諸兄も見習いたいものである。

|

« メランコリー | トップページ | 小倉百人一首(38) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/4041489

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和 0-0 千葉:

» 今日の敗戦から考える(あ、負けてないし(^^ゞ) [はいぱ のどしゃめしゃ日記]
正直な話、負けたような気がしていました。 「レッズ100%実況中継」を聞いていた方は分かると思いますが、 はっきり言って今日はJEFのサッカーに魅了されました。 後半浦和の中盤の出足が無くなってしまったため、ほぼ2ラインになり ジェフのやりたい放題にな... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 08:20

« メランコリー | トップページ | 小倉百人一首(38) »