« ナビスコ予選:浦和 2-1 新潟 | トップページ | サテライト:浦和 1-3 草津 »

2005.05.22

新潟戦補遺

 新潟があまりにも酷すぎたことを割り引かねばならないが、この試合の前半の出来は今季最高といってもいいだろう。

 単騎ドリブルで突っかける場面が激減し、シンプルなパス回し、サイドチェンジ、そしてサイドや相手DFライン裏のスペースへの走りこみ等、多彩な攻撃で新潟を翻弄。決定機を何度も作ったが残念ながら決定力を欠き、前半はエメルソンの1点のみ。

 エメルソンのゴールは永井が左サイドをドリブル突破したことがきっかけになっているが、不思議なことに新潟は両サイドのケアがずっとルーズなままだった。中盤を放棄してベタ引きで守ってはいたが、サイドを崩されてしまっては元も子もない。さらに中央もやたら人数がいるだけプレスはいたって緩慢。あれじゃ大原のグラウンドに突き刺さっているDF人形と変わりない。

 新潟って運動量だけはあると思っていたのだが、技術のない選手達が走りもしないようでは、いくらイマイチ調子の上がらないレッズ相手とはいえ、勝つ気があったのかと疑われても仕方あるまい。

 アレックス不在でセットプレーはエメの独断場。啓太の追加点はエメのバー直撃FKのこぼれを蹴りこんだものだが、啓太にはなにか憑いたのであろうか?

 前半は堀之内が高いラインを保ち、中盤での激しいプレスも十二分に機能して新潟にほとんど仕事をさせず(これも船越のあんまりな出来に助けられている面もあるが・・・)。ただ後半半ば以降は運動量も落ち、ラインもすっかり下がってしまって新潟のサイド攻撃を許した。後半グダグダになる弊は開幕当初から付きまとっており、前半で突き放しておかないと往々にして格下につけこまれる。中盤を締め直すために、こんな展開の時こそ長谷部を酒井に代えるべきだと思うのだが、ギドは動かずじまい。

 アルパイが不運にもPKを与えてしまって(ってあんな競り合いでPK取るか???)完封を逃し、さらに最後は新潟の攻勢にさらされたが、ジェフやマリノスのほどの怖さはなく、適当に時間を潰して試合終了。グダグダのらりくらりが本意ではないはずだが、最後の凌ぎっぷりは昨年のレッズにはなかった芸風だ。

 ついにトップ出場のエスクデロ。最初はちょっと遠慮気味で大丈夫か?と思ったが、次第にゲームに慣れ積極性が出てきた。レッズのトップ下は守備にも奔走しないといけない難しいポジションだし、いかんせんコンビネーションがほとんど出来ていないので、エメしか見ていない印象が拭いきれなかったが、まずまずのデビュー戦。これからの成長が楽しみである。

P.S.

 前後半で出来が一変するチームというのはよくあるが、上川主審の豹変振りには参った。前半は不用意に笛を吹かず、なぜか内舘への膝蹴りさえ不問に付してしまう流しっぷりだったが、後半はピーピーうるさいいつもの上川に逆戻り。ハーフタイムに何があったんだ?

P.S.2

17-05-21niigata

 どんな試合、どんな内容でも楽しそうな皆さん。今回もお土産にレッズグッズを大量にお買い上げいただいたでしょうか(^^?

|

« ナビスコ予選:浦和 2-1 新潟 | トップページ | サテライト:浦和 1-3 草津 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/4228921

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟戦補遺:

» 5/21菓子杯新潟戦試合雑感 [BornToBeRED!]
「こんなに楽に試合をさせてもらっていいのか!?」新潟になにか魂胆がないか疑心暗鬼 [続きを読む]

受信: 2005.05.22 09:13

» 亀田製菓 [FEVER PITCH]
うちが特別いいと言うよりも・・・。 オレンジがダメすぎ!! アウェイにいた彼らは [続きを読む]

受信: 2005.05.22 15:06

» VS新潟戦 啓太のゴール! [赤いパキラ]
 今日のスタメン発表を見たとき、ジェフ千葉戦を思い起こしてしまいました。それほど、あの試合は、セレッソ大阪戦と並んで、俺にとって悪魔のような出来事として刻まれているのかもしれません。  人もボールも硬直してしまって動かない。ドリブル一辺倒の攻め。そんな場... [続きを読む]

受信: 2005.05.22 16:09

« ナビスコ予選:浦和 2-1 新潟 | トップページ | サテライト:浦和 1-3 草津 »