« 妄想 | トップページ | ナ杯:浦和 1-0 神戸 »

2005.05.28

苦笑するしかない淡い期待

 予定通り昨夜は某所で焼肉食ってました。

 「UAE相手に守備的に戦うなら0-0間違いない!」と笑いながら肉ぅーしてたわけですが、終わってみれば負けとの報。またしても坪井が失点に絡んでいたようで・・・

 格下相手に点が取れないのは北朝鮮戦以来(というか、本予選についていえばインド戦以外は2点どまり)ずっとそうなわけで、いまさら慌てふためいても仕方ないでしょう。こうなればバーレーン戦では下手に勝ちにゆくよりも、運を最大限に活用して無失点で切り抜けるのが得策ですね(当たり前でスイマセン)。

 爺古代表のメリット(?)は、一試合一試合にほとんど何の関連もないこと。その場その場で出ている選手が場当たり的に戦っているだけなので(それが今日の苦境を招いた最大の原因なんですが・・・)、次のバーレーン戦になればまた違った戦いぶり(つまらないという点だけは一貫してますが・・・)になるかもしれないという淡い期待が抱けます。たぶんキリンカップの惨状を踏まえて、なんの躊躇いもなくヒデを使ってくることでしょうし。

 今まで積み上げてきた戦術が相手に研究されてしまった手詰まり感(例:オフト連敗時)とは全く異質の、何も考えずに戦ってきて次第に手詰まりという点ではカズオ・サイトー時代に似ているような気もします。選手をホイホイ代えられる分、カズオ・サイトーよりは爺古の置かれている状況のほうがマシでしょうか(だが代替選手を真面目に探していないのでそのメリットさえ満足に享受できないという凄い監督です、爺古は。)

 もっとも選手を代えたら劇的に良くなるわけではなく、その可能性があるだけマシというだけですが。

 切羽詰って、笑うはテレ朝。

|

« 妄想 | トップページ | ナ杯:浦和 1-0 神戸 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/4308882

この記事へのトラックバック一覧です: 苦笑するしかない淡い期待:

« 妄想 | トップページ | ナ杯:浦和 1-0 神戸 »