« 君達にホームはない | トップページ | 神戸ウイング到着 »

2005.05.03

浦和 0-7 ベレーザ

17-05-03beleza

 スタメン・フォーメーションはいつもの面々。交代は後半途中に森本→山本があっただけなので省略。

 点差通りコテンパンにやられました。

 先のスーパーカップでも明らかなように、個人能力に大きな差があるベレーザ相手には運動量でなんとかカバーするしかないのですが、いかんせん暑いのと日程が詰まっているせいか、今日は前半すら運動量でベレーザを凌ぐまでには至らずに失点を重ね、運動量の落ちる後半半ば過ぎにはゴール前に釘付けに近い状態になってしまいました。

 総じて言えば、普段通りの闘い方でベレーザに挑もうとしたのは良いが、攻守とも全く歯が立たなかったという感じでしょうか。ベレーザ相手に目先の勝ち点を拾いに行くには引いてカウンター狙いしかないと思いますが、そういう闘い方ができないのか、あるいは他に思うところがあるのか。

 極力良い方に解釈すれば、リーグ戦で3回当たることを考慮して、第一クールは自然体で闘って相手との力量差を測り、第2クール以降に相手に合わせた闘い方を仕掛けてくるのかもしれません。そうとでも考えないと、やられ放題の状態を放置しておく監督の意図が掴めないのですが・・・ こんなに勝負に執着心がない監督って犬飼社長は嫌いだと思うけどな。オッサンはまだ我慢するが。

 守ってはベレーザのFW陣や澤など個人能力の高い相手に1対1を仕掛けられた時点でほぼアウト。またリスタート時の集中力の差も顕著でした。

 攻めては前線でキープができないので得意のサイド攻撃に移ることができず、終始散発的な攻撃に留まりました。特にいったん若林に預ける攻撃パターンは高槻相手なら十分に機能するのですが、ベレーザ相手だと全く機能しません。

 本気でリーグ制覇を考えるのならベレーザやTASAKI相手には闘い方を変えないと無理だと思いますが、果たしてどうなることやら。監督の指導方針が実を結ぶ前に、大敗で選手達が自信を失わなければ良いのですが。

P.S.

 時間稼ぎを繰り返す小野寺GK。終いには野次られるぞ。たぶん。

P.S.2

 ベレーザだとイマイチ存在感の薄い川上選手。リセットしませんか?

P.S.3

 東に挨拶していったんはベンチへ引き上げかけたのですが、思い直してバクスタへ挨拶に戻った高橋主将。今日は辛かったでしょうが、詰めかけた観客への礼儀だけは忘れないでください。

|

« 君達にホームはない | トップページ | 神戸ウイング到着 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/3965221

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和 0-7 ベレーザ:

» レディース 完敗 [小田急沿線レッズサポ]
 残念ながら、実力の差。0-7の完敗。  それにしても、ベレーザの寄せの早さ、攻守の切り替えは見事でした。  まだ、2試合ベレーザとできるので、これを教訓に。  五月晴れの下、集まった3500人のサポ、お疲れでした。しかし、あまりやじるなよ。(約2名)... [続きを読む]

受信: 2005.05.03 20:08

« 君達にホームはない | トップページ | 神戸ウイング到着 »