« 金色夜叉 | トップページ | 少数民族の祭り2005夏 »

2005.06.06

金色夜叉(解説)

 なぜ下記挿絵で足蹴にされているのがGMではなく、2323なのかという点について、「金色夜叉」を知らない方のために解説しておきます。

 第一高等中学校の生徒・間貫一と鴫沢宮は婚約していましたが、宮の両親はそれを諦めさせて銀行家の息子・富山唯継に嫁がせます。貫一は、宮が金に目がくらんで心変わりしたと思い込んで、熱海の海岸ですがるお宮を足蹴にしたのが挿絵の場面。

 まるで貫一=レッズフロント お宮=2323 お宮の両親=ズビロフロント 富山=名古屋 ですね。

 さらに金色夜叉では、その後悲嘆に暮れる貫一は守銭奴になってしまうという筋になっているので、レッズサポの皆さんにおかれましてはせっせとスタジアムに足を運び、かつグッズ類を買いましょう(苦笑)

|

« 金色夜叉 | トップページ | 少数民族の祭り2005夏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/4434025

この記事へのトラックバック一覧です: 金色夜叉(解説):

« 金色夜叉 | トップページ | 少数民族の祭り2005夏 »