« モンテディオの秘密 | トップページ | 達也、A代表選出 »

2005.07.18

百薬の長:浦和2-0広島

 闘莉王のヘッドで先制するも、幾度も三都主の裏へ駒野に飛び出され、押してはいるものの万全ともいえない前半。

 ただ広島は相当疲れている様で動きが鈍く、ミスも続出。後半は駒野の飛び出しもなくなり、達也が追加点を決めた後は一方的なレッズペース。先制された広島は前がかりになるものの攻撃の形がほとんど出来ず、レッズに広大なスペースを与えるだけの結果に。

 2点取られて広島は急遽2外国人を投入しては見たものの、これも全く効果なし。ちょうど前節の浦和を見るかのような不甲斐ない闘いぶりに遠来の熊サポはさぞ憤慨してることでしょう。後半の広島のチャンスは終了間際のFKだけかも。

 広島の出来があまりにも酷かったためこの試合の評価は難しいと思いますが、壊れそうになったチームを建て直す特効薬を手にできたのは何よりでしょう。

 先制弾だけでなく、要所で広島の攻撃を寸断した闘莉王は攻守に文句なくMOM!

*録画見てから明日補足します。

|

« モンテディオの秘密 | トップページ | 達也、A代表選出 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/5026119

この記事へのトラックバック一覧です: 百薬の長:浦和2-0広島:

» 久々の快勝!! [正義と微笑]
対サンフレッチェ広島戦@さいたまスタジアム2002 2−0 レッズ、久々の快勝で、順位も4位に再�上 上位チームが軒並引き分けた中での勝利は かなり大きいと見る。 田中達也がいれば、レッズは大丈夫だ。 そんな風に思った一日でした。... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 23:00

« モンテディオの秘密 | トップページ | 達也、A代表選出 »