« 屠殺:東京V 0-7 浦和 | トップページ | この街は何か間違っている »

2005.07.07

宴の後

 新潟戦の良かった時間帯の流れを引き継いでいるかのように、不甲斐ない東京V相手に多彩な攻めを繰り出すレッズ。

 ミドルシュートはもはや定番。先制点となった長谷部のシュートは当然、啓太も枠内シュートを放つ(詰めていた永井のシュートがバー直撃orz・・・)など効果満点。エリア前に人を並べるだけではもはやレッズの攻撃は抑えられません。

 課題のセットプレーも闘莉王のバックヘッドあり、オウンゴールっぽかったらしいが暢久の直接FKあり、そして惜しくもGK正面だったけれど坪井のHSありとこちらもいい感じになってきました。

 FWにあてて叩いて前に出る一連の動き、前が詰まればサイド展開を試みるなど、人も動けばボールも動いて良い感じ。ついでといってはなんですが、不甲斐ない相手には容赦のないw永井のドリブル突破や平川のドンと突き出る2ゴールも飛び出して、相手が相手だったとはいえ、いやはや恐れ入りました。満腹満腹。

 ただ重要なのはこの次なんですよね。大勝したあとの試合は往々にして気が緩みがち。次節も強いとは言い難い相手だけに、舐めてかかって痛い目に遭うのもよくある話。野球的な喩えで恐縮ですが、大量得点で勘違いしてブンブン振り回して調子を崩す例多し。レッズの場合だと前がかりになりすぎてカウンターを食らいまくるとか、個人技に走って元の木阿弥とか、そんなところかな。

 7-0だろうが、1-0だろうか、勝ち点は同じく3。今は得失点差よりもきっちり勝ち点を積み上げるほうがはるかに大切です。地に足をつけてゆきたいものです。

 なお早々と大差がついたため、レギュラー組の休養を兼ねて西谷・岡野・酒井が相次いで投入されましたが、チーム全体がお休みモードに突入してしまって大した見せ場は作れず。とりわけリーグ戦では久々登場の西谷はこれといったアピールもできずにちょっとかわいそうでした。

<ゲーム以外の見所>

*ホーム・ゴール裏の上のほうに陣取っていた、お揃いの黄色い帽子をかぶった一群。たぶん小学校の修学旅行だと思うけれど(でも帽子は幼稚園っぽいなぁ・・・)、前半30分くらいにスタンドを見るともう影も形もなくなっていた。最後まで観戦できないならスケジュールに入れるなっちゅーねん。

*同じくバックスタンド・ホーム側に陣取っていた夏服の高校生らしき一群。こちらは最後までご観戦していたようだが、案の定というべきか、最初は折り詰め菓子みたいに畏まって座っていたものの、最後は散り散りバラバラに。でも、彼ら(彼女ら)は配布のスティックバルーン片手にこの試合をどんな面持ちで観戦していたんでしょうね。

 まぁこうした団体さんの動員は、レッズ営業がヒト・カネ・手間をかけずとも、潜在的なレッズサポをガンガン掘り起こすのに役立つだけなので大歓迎です(^^)v(今のところはね)

P.S.

 試合終了後にヴェルディサポの大暴れという当然至極のオチがついていたようですが、サクサク帰ったのでそこまでは確認できず。

※今晩録画を見て、さらに追記します。

|

« 屠殺:東京V 0-7 浦和 | トップページ | この街は何か間違っている »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/4864657

この記事へのトラックバック一覧です: 宴の後:

« 屠殺:東京V 0-7 浦和 | トップページ | この街は何か間違っている »