« 早すぎた侍-アルパイ | トップページ | GGRから »

2005.07.01

新潟戦展望

 リーグ戦再開へ向けて対戦相手の状況を探るべく「與野レッズ」様を覗きに行き、さらにエルゴラを買って万全を期しては見ましたが、新潟のスタメン予想は全く同じ。

 ちなみにナビスコの時の新潟出場選手を掲げておくと

(5/21)
GK 野澤 洋輔
DF アンデルソン・リマ
DF 海本 慶治
DF 高橋 直樹
DF 喜多 靖
MF 本間 勲
MF 萩村 滋則
MF ファビーニョ
FW 海本 幸治郎
FW 船越 優蔵(現在怪我)
FW 鈴木 慎吾

(6/11)
GK 野澤 洋輔
DF アンデルソン・リマ
DF 海本 慶治
DF 高橋 直樹
DF 喜多 靖
MF 海本 幸治郎
MF 寺川 能人
MF 桑原 裕義
MF 鈴木 慎吾
FW エジミウソン
FW ファビーニョ

というわけで、先のナビスコ・アウェー新潟戦とスタメンは同じ模様です。ナビスコ1・2戦で中盤の選手が変わっていますが、1戦目のあんまりな出来を考えれば妥当なところでしょう。

 4-3-3って「中盤はレッズの好きにやってください」といっているようなものなので、勝たないといけない試合ならともかく、引分けでも十分な試合でもそのシステムを採用するのかどうかちょっと疑問ですが、その辺は当日のお楽しみ。慎吾&幸治郎が前に出るに出られず、事実上4-5-1になっているんじゃないかなと思いますが。

 いうまでもなく左右に張った慎吾&幸治郎、あるいは直接エジミウソンへのタテポンからカウンターを喰らうのが最も危険なパターン。前がかりになって不用意にボールを失ったり、プレスがかからなくなってボールの出所を押さえきれなくなるとチト面倒です。

 かたやエメ抜きのレッズ。暢久のトップ下が濃厚なようですが、これはどちらかというと守備的な構え。0-0で後半半ばを迎えることも十分考えられ、その場合長谷部をトップ下に上げるのか、はたまたエスクデロを投入するのか、このあたりが見所でしょうか。

 (GGRを見て補足します)

|

« 早すぎた侍-アルパイ | トップページ | GGRから »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/4786858

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟戦展望:

« 早すぎた侍-アルパイ | トップページ | GGRから »