« 浦和百人一首(89) | トップページ | 宴の後 »

2005.07.06

屠殺:東京V 0-7 浦和

 4失点、5失点あたりまえ。ここが弱さの東京V!

 5バック気味に守っては見たが(相馬はたまに上がってくるので5バックというのも変だが、山卓はコンディションが悪いのかほとんど攻めに絡まず)、その分レッズ中盤へのプレスが甘くなって、あっさり長谷部にミドルを許す。一応一人がプレスに行くには行くのだが、周囲との連動性がなく、レッズの選手にスコンと交される場面が非常に目立つ。

 先制されて攻めざるを得なくなったせいか、その後はサイド突破も許すようになって守備網が破綻。前半セットプレーで2点を献上したが、よくこれで済んだものだ。

 後半は集中力の欠如も重なってカウンターを食らって立て続けに被弾し、前節に続き7-0の大敗。ゲーム終了後はヴェルディの選手にPETボトルが飛んでいた様子。
 
 攻撃はまずは森本に当てて2列目やサイドを使おうとしたみたいだが、森本はボールを収めることもままならず、逆に簡単にボールを失ってはカウンターを許す始末。この仕事はまだ森本には荷が重かった模様。相馬はスピードだけで平川を抜こうとしてはダメですね。

 またワシントンはDFを引きずる力づよいドリブルを見せる場面もありましたが、これまたあまりの大敗の前に次第に脱力モード。

 結局何もできないまま大敗を重ねたヴェルディ。明日はどっちだ?

※後で補足します

|

« 浦和百人一首(89) | トップページ | 宴の後 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/4855765

この記事へのトラックバック一覧です: 屠殺:東京V 0-7 浦和:

» 【J1第14節】 浦和レッズ(Away) 7-0 東京ヴェルディ1969(Home)@国立霞ヶ丘競技場 [flexiblog]
【J1第14節】 浦和レッズ(Away) 7-0 東京ヴェルディ1969(Home)@国立霞ヶ丘競技場 08' [1-0] Hasebe 27' [2-0] Marcus Tulio TANAKA 42' [3-0] Yamada 47' [4-0] Nagai 51' [5-0] Tatsuya 53' [6-0] Hirakawa 59' [7-0] Hirakawa 国立で行われた東京V戦はゴール... [続きを読む]

受信: 2005.07.07 03:43

« 浦和百人一首(89) | トップページ | 宴の後 »