« 日本女子 0-0 中国 | トップページ | 泣くなっちゅーねん »

2005.08.04

日本 2-2 中国

 レッズサポ的には達也のファインゴールが見られただけでお腹一杯。(爺古の目がよほどの節穴でなければ)これで今後玉田に代わってA代表定着が決定的になってしまったのがちょっと鬱ですが、そこは怪我なくうまく立ち回ってくれるよう祈るばかりです。

 試合内容はもはやどーでもいいような気もしますが、スタメン全員入れ替えで勝てるほど世の中甘くないちゅーのを確認できただけといっても過言はないでしょう。

 連携もへったくれもないので、守備がぼろぼろでした。2点先行した中国が次の試合のことも考えてか、後半ベタ引きになったのでボロはでませんでしたが、あの1失点目を見ると立て続けに攻勢に出られたほうがしんどかっただろうと思います。引き分けに追いつけたのは中国の消極策に助けられたといっていいでしょう。またセットプレーでは何度もフリーに近い形でヘッドを打たれてしましたが、この辺もマークの確認すらまともにできていないのではと訝しくなるほどの出来栄えでした。

 1失点目は相手に前に入られ、さらに2度ほどFWに振り切られた場面があったので坪井が指弾されがちですが、少なくとも1失点目は坪井だけを責めてもしかたないでしょう(後者は今年の坪井の不振を見るような気もしましたが・・・)

 攻撃は立ち上がりの20分、すなわち駒野が文字通り「明日なき暴走」を繰り広げ、かつ本山が動けてドリブルやパスを織り交ぜながらゲームを作っていた時間帯だけが素晴らしく良くて,この時間帯だけは夢を見させてもらったような気がしますが、後はメロメロでした。2得点はいずれも個人技によるもの。

 やっぱり連携も何もないので、基本的に巻へめがけて放り込むか、達也にDFラインの裏を突かせるかしか相手の崩しようがなく、中盤を作ってパス交換で敵陣を崩すといった芸当は困難だったようです。本山が疲れてしまい、中国が引いてしまった後半にはその問題点が一層明らかになりました。ボランチから前線へ良いボールが送れなかったのも課題で、今野にそれを求めるのは無理だとしても、阿部には少々がっかりしました。FKはさすがのものがありましたが、ただそれだけ。俊輔がいる場で阿部をA代表に残す理由はほとんどないと思います。

 駒野が暴走とその後のシュリンクぶりで良くも悪くも印象に残ったのに対し、ほとんど何もできなかった村井。恐らくレッズサポ以外の全員がその起用を待ち望んでいたであろう村井でしたが、(無謀にも攻撃参加してくる茂庭に再三邪魔されていたような気もしますが)残念ながらこれなら守備とこねくり回しに目をつぶっても三都主のほうがまだマシかな?と思わざるをえない程度の出来でした。少なくとも良くも悪くも代表での使い方がわかっている三都主を代えるほどの有用性は見出せません。交代出場した三都主はいきなりイエローをもらってしまう「なんだかなぁー」ちゅープレーもありましたが、良いクロスを上げてましたしね。

 巻は久保の復帰の目処が立たない中、FWに同タイプがいないという有利な状況ではありますが、これといった仕事はできず、A代表に残れるかどうかは微妙なところ。村井しかり、阿部しかりですが、結局ジェフ出身の選手ってオシムの駒であってこそ良い働きをするのであって、凡庸な監督のもとでは凡庸な働きしかできない能力しか持ち合わせていないということなのかも。

 最終ラインでの横パス・オンパレードにはため息が漏れましたが、これはフィードに自信がないのか、ハートが弱いのかは知りませんが、そんなDF陣だけを責めても仕方なくって、前線や中盤の動きも悪かったちゅーか、どう動くかの意思統一がなかったのでしょう。

 本山の消耗は明らかなので、ここで小笠原を入れてくるかと思ったのですが、爺古の打った手はなんと玉田。巻→大黒の交代も全く機能しませんでしたが、本山→玉田はまさに自殺行為。爺古はこの大会の勝敗には拘らず、選手の見極めに専念しているとしか思えない(←しかもこの時期にやってるちゅーwww)愚策でした。アジアカップ@中国で燃え尽きた玉田。ご苦労様。大黒もアジア最終予選で燃え尽きそうな勢いです。

 さて、玉田out 達也in 以外は旧メンバーのほうがマシだったことを再確認したような試合でしたが、「ロスタイムが少ない!」こと以外に何も考えていないかもしれないあの爺さんは次の試合をどう戦ってくるのでしょうか(^^?

|

« 日本女子 0-0 中国 | トップページ | 泣くなっちゅーねん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/5305441

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 2-2 中国:

» 日本vs中国戦 試合詳細・寸評など [sattiのサッカー・スポーツ総合コラム ]
日本vs中国 2−2 得点者 37分中国 李金羽 43分中国 張永海 58分日本 茂庭  87分日本 田中達 ★試合詳細  スタメンは北朝鮮戦から総入れ替えで臨んだ。日本は前半から積極的に攻めて行く。両サイドの駒野、村井が上がりクロスを上げるが決定的な形は作... [続きを読む]

受信: 2005.08.04 17:55

« 日本女子 0-0 中国 | トップページ | 泣くなっちゅーねん »