« 探さないで下さい | トップページ | 碓氷鉄道文化むら(下) »

2005.08.21

瓦斯戦補遺

 4試合連続無失点と、かつての惨状を知る者にとっては信じがたいほどの堅守を誇る(まぁ相手の攻撃もしょぼかったことに助けられてもいますが)レッズですが、無失点記録の崩壊は実に情けないものでした。レッズの右サイドから放り込まれたクロス。軌道の先にはササが一人。こちらは2人DFがいたので、安心しきっていたのですが、信じ難いことにササにきっちり決められてあっさり失点。ボールウォッチャーになってしまって、ササのマークを外してしまうという非常に初歩的なミス。瓦斯の攻撃が迫力不足だったので事なきを得ましたが、この日のDFはサイド攻撃やセットプレーに対し、ちょっと安定感を欠いているように思えました。都築も久々に飛び出してボールに触れないミスを犯していましたし・・・

 勝ち点が一つでも欲しい瓦斯は早々と先制をして安心したのか、その後いきなり守備的に構えてきます。ラインを下げているわけではないので「ひきこもり」というには当たらないと思いますが、2トップもセンターライン付近まで下げてコンパクトな陣形を保ちながらレッズの中盤を封じ込める策に出てきました。これが奏功して前半30分くらいまでは完全に瓦斯のペース。レッズはボールこそ支配するものの、決定機を掴みきれないままズルズルといってしまうのかと思いました。

 しかし、そんな膠着した局面を一気に打開してくれたのが期待の新戦力ポンテ。この試合はもうポンテ様々。神様・仏様・ポンテ様です。ポンテのキープ力、視野の広さ、パスセンス、そして得点能力。久々にトップ下らしいトップ下、それも飛び切りの能力を持ったトップ下を拝めました。重心の低くそうな動きから山瀬のスケールアップ版を想像していたのですが、全然格が違いました。スピードがないのが玉に瑕ですが、それでも体の使い方がうまく、相手に追いつかれながらも容易にボールを失うことはありません。

 ポンテが相手の人数を引き付けてくれることで、永井がDFラインの裏へ飛び出しやすくなっているのは確か。そしてその永井へ難しい体勢から見事なパスを供給するポンテ。この日は1度しか決められませんでしたが、これまでのようなドリブル攻撃の繰り返しでは打開できなかった瓦斯の堅陣がレッズの新兵器によって崩壊してゆく様はなかなか痛快なものがありました。

 さらに距離のあるところから放ったシュートが逆転弾に。DFとGKの位置を見澄まして曲げてシュートを打つとは恐れ入りました。昨年のアウェー鹿島戦でのエメのゴールに似たような軌道を描いていましたが、こういうシュートを撃てる選手は長らくレッズにはいなかったような気がします。相手のマークを物ともせず、FWのみならず周囲の攻撃陣を生かし、自分で点も取れるトップ下。これだよ、これだよ、これを待っていたんですよ、レッズは。

 この日は平川はともかく、暢久は攻撃面ではさっぱりだったので目立ちませんでしたが、視野の広いポンテが左右へ大きく玉を散らすことでサイド攻撃が活性化するのも今後の楽しみの一つ。今日はベンチスタートとなった三都主との相性が良いのは先の清水戦で確認済みなだけに、三都主がスタメンに名を連ねるであろう次節が楽しみです。最後は負傷退場してしまいましたが、最後は足をひきずりながらも歩いて奥へ引っ込んでゆきましたし、大したことはないのでしょう。

 もう一人の新戦力マリッチは、残念ながらもうちょっと時間がかかりそうですね。ハイボールはやはり余り得意ではなく、ジャーンに対しては分が悪かったようですし、せめて足元のボールをキープしてくれれば良いのですが、今日はそれもあまりうまく行きませんでした。マリッチは明らかに人を活かすプレーヤーで、その存在によって相方のFWなりポンテなりが動きやすくなるのであればそれでいいと思いますが、今日はその良さを確認するには至りませんでした。

 逆転してからのレッズはカウンターで何度かチャンスを掴むくらいで、あまり積極的な攻撃を仕掛けず、適当に時間を使って逃げ切ろうという姿勢がにじみ出ていたように思います。暑いのでそれも無理はないかと思いますが、実質的な選手交代はマリッチ→三都主の一人だけ。疲労で動けない上に再三削られて足を引きずり気味の長谷部を代えるかと思ったのですが、ギドは動かずじまい。ヘロヘロになった両ボランチと前3人の距離が開いてしまいがちになり、これが最後の最後で瓦斯の猛攻を浴びる原因になったようにも思え、やや疑問の残る采配でした。また三都主はトップ下、ないしFWとも思える位置での投入。これはキープ力のある人間を入れて時間稼ぎを狙ったものかもしれませんが、これもやや意味不明。

 かたや逆転された瓦斯。伝統(?)の4-2-3-1を捨てて、4-2-2で構えてきましたが、サイド攻撃に固執するのは相変わらず。ただ従来よりはSBの攻撃参加が明らかに少なく(加地は一回上がったくらいでしょうか)、攻撃にあまり厚みがありません。レッズ両WBの裏へ選手を走らせるのが精一杯で、この日はあまり出来の良くなかったレッズDF陣を崩しきった場面はほとんどなかったような気がします。

 こちらは主力選手が相次いで退団してチームをゼロから作り直しているようなものですが、瓦斯もケリーの代わりに取った選手がついに使い物にならず、得点力不足の切り札としてFWを強化しては見たものの、さすがにシステムの組み換えまではスムーズに行っていないのでしょうか。たまたま早い時間に先制して守備的に構える時間が長かったせいもあって、ササの実力のほどはよくわからないままでしたが、逆転されたところでササを交代させたのは博実マジックでした。途中出場で終盤爆発しかかった石川がなぜかベンチスタートなのも謎でしたが、コンディション不良かなんかでしょうか。

 次節駒場での神戸戦。啓太&長谷部が共に警告累積による出場停止。酒井&細貝がボランチに入るものと予想されますが、先のビックスワンではまだ心もとない印象を拭えませんでしたが、細貝の急成長を踏まえギドはどういう手を打ってくるでしょうか。達也はまだ大事を取って欠場、あるいはせいぜいベンチスタートになるかもしれませんが、瓦斯戦は短時間の出場に留まった三都主が新外国人にどう絡むか、マリッチはどういう仕事をしてくれるのか、そしてもちろんポンテはどんな妙技を見せてくれるのか、残暑厳しい中での連戦ですが楽しみは尽きません。

*まだ録画を見ていないので、後で訂正するかも。

|

« 探さないで下さい | トップページ | 碓氷鉄道文化むら(下) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/5572783

この記事へのトラックバック一覧です: 瓦斯戦補遺:

« 探さないで下さい | トップページ | 碓氷鉄道文化むら(下) »