« 浦和 2-2 神戸 | トップページ | 台風一過 »

2005.08.25

神戸戦補遺

 この試合を語る上で触れざるを得ないのはマリッチの出来。3試合目にして今だフィットせず。

 前2戦でさすがに懲りたのか、マリッチへのハイボールの放り込みは影を潜めましたが、神戸戦のマリッチは足元へ送られたボールをキープすることもままなりませんでした。またうまくボールが収まったのはいいとしても、叩いた先に誰もいないシーンもありました。ポンテ→永井、ポンテ→マリッチの関係は出来つつある(最も完成度の高いのがポンテ→三都主)のですが、永井-マリッチはまだまだこれからなんでしょうか。

 マークがべったりついたポンテや、元来ポストがあまり得意でない永井に縦パスを当てては奪われる場面が目立ちましたが、これはマリッチがチームメイトの信頼を勝ち得るには至っていないことの裏返しなんでしょう。

 独力で局面を打開する能力がないのは見ての通りで、結局1点目に繋がったポストプレーがこの日唯一無二の仕事でしょうか。達也の復帰が遅れているので、ギドも我慢しながら起用せざるを得ないかと思いますが、優勝を狙うチームが補強した外国人選手としては現状のマリッチはやや寂しいものがあります。

 マリッチが前線の柱として機能しはじめた頃には見沼田んぼに木枯らしが吹いており、クビツァ→モリツァ→梅ツァ→マリツァ の「ツァ」伝説第4章にならねばいいのですが。

|

« 浦和 2-2 神戸 | トップページ | 台風一過 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/5634087

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸戦補遺:

« 浦和 2-2 神戸 | トップページ | 台風一過 »