« 鹿国探訪記2005~入国編 | トップページ | 鹿国探訪記2005~出国編 »

2005.09.06

鹿国探訪記2005~国情編

追いかけて、追いかけて、追いかけてぇー、鹿国 (by 吉幾三)

 入場後はとりあえず2Fに座席を確保。昨年はバックスタンドだったので、ここに来るのは2003年のリーグ開幕戦以来。

 サッカー専用。スタンドの傾斜もきつく、2Fでも観戦に全く困らないのが鹿スタの良いところ。この日はアウェーゴール裏チケット完売のはずですが、かなり多くの人々が1Fに詰めかけたと見えて、2Fには結構な空席が。

 教訓:2Fなら並びに加わる必要性は全くない。

 座席を確保し終えた後は食事と行きたいところなんですが、どこもかしこも長蛇の列。オッサンは行列が大の苦手で、延々と伸びる列を見ただけでクラクラしてしまいます。どこへ行っても行列また行列が宿命づけられるレッズサポとしての資質を問われそうな話で恐縮です。なにかと評価の高い「モツ煮込み」ですが、昨年バックスタンドで食した限りでは、そんなに美味いかな???と思いましたし、そもそもそれほど腹が空いているわけでもなかったので食事類は我慢。アホほど行列が伸びるのも、要は来場者に比べあまりにも販売箇所が少ないためで、ここも入場同様「地元の村祭り」体質が見え隠れ。

 教訓:鹿国には食糧持参のこと

 フロアを埋め尽くした赤の大群の中に放りこまれた鹿国販売員(くじ引きかなんかで決めたんですかね。まるで罰ゲーム)は悪気はなさそうなんですが、注いでもらった生ビール(@600)は泡だらけでコップの軽いこと、軽いこと。スタジアムでの物品販売は鹿国にとって貴重な外貨獲得機会のはずですが、その販路の乏しさと手際の悪さによってみすみすその機会をフイにしているような気がしてなりません。

 そうこうしているうちに選手のウォーミングアップ開始。

 対面ではやおら鹿国国歌が唱和されておりましたが、これが実に長い。時折「あんとらぁーず」がどうしたこうしたと聞こえる程度で歌詞はほとんどわからないのですが、たぶんおいらは「君が代」とは違うぜ!!!と言いたいのでしょう。

 国歌斉唱が終わると、こんどは名物国旗掲揚。そのほとんどが選手入場前に畳まれてしまうため、国旗掲揚の意義については謎に包まれていますが、たぶん一種の宗教行事なんでしょう。鹿国の国旗は実にバリエーション豊富。

17-09-03kashima4

 これは毎度おなじみ磯臭い国旗。昨年メインスタンドで轟沈したことで有名。

17-09-03kashima5

 これは初お目見えかな。

17-09-03kashima6

 「どんな汚い手を使ってもとにかく勝て!」 素晴らしいスピリットがこのクラブには脈脈と息づいています。脱帽。

 あまりの意味不明さゆえ各所で絶賛された"No Antlers,No Infight,No Life"はいきなりお蔵入りになってしまったようです。残念。

P.S.

お蔵入りといえば、これ。

17-09-03kashima7

 2003年の開幕戦で披露されたものですが、あまりの怖さに卒倒しそうになりました。

|

« 鹿国探訪記2005~入国編 | トップページ | 鹿国探訪記2005~出国編 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/5796160

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿国探訪記2005~国情編:

« 鹿国探訪記2005~入国編 | トップページ | 鹿国探訪記2005~出国編 »