« 大分戦へ向けて | トップページ | 鹿島舞踏会 »

2005.09.09

漠然とした不安

 大分戦のポイントはいうまでもなく闘莉王・堀之内が欠けるDFラインの構成。

 ネネの復帰が報じられているので推測がより難しくなっているのですが、ネネは先週のサテライト鹿島戦に出場予定だったところ、なぜか出場を見合わせたという経緯を踏まえればまだコンディションは十分でないと見るのが妥当でしょう。しかもネネに多少経験があるとはいえ、試運転なしにいきなり本番というのは怖いです。

 従って平川-内舘-坪井-暢久 の4バックで臨むと考えるのが普通だと思うのですが、案外ギドってその時の状態よりもネーム・実績でスタメンを決めてしまう傾向がありますし、水曜日の練習レポから察すれば実際は ネネ-内舘-坪井 だったりするんでしょう。ナビスコ・アウェー新潟戦の闘莉王もそうでしたが、久しぶりの実戦でボロが出なければいいのですが。

 永井も状態が良くなさそうですし、怪我等は報じられていないものの啓太もこのところずっとお疲れのように見えますし、代表戦明けの三都主も気がかり。

 大分の状態如何に関わらずしょっぱい試合になりそうな要素満点で明日を迎えそうです。本日中に明るい話が出てくればいいのですが。

|

« 大分戦へ向けて | トップページ | 鹿島舞踏会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/5854998

この記事へのトラックバック一覧です: 漠然とした不安:

« 大分戦へ向けて | トップページ | 鹿島舞踏会 »