« マリーゼ3ー2レッズ | トップページ | 坪井、とりあえず無事 »

2005.09.26

マリーゼ戦補遺

17-09-26hoshito

 前半終了時点では負ける気がしなかったんですけどね。

 後ろは4バック。中盤をダイヤモンド型にして、前に安藤、左に高橋、右に木原、1ボランチで岩倉。FWに北本と保坂(エリはコンディションがまだまだなのかな?)。

 前半の浦和は中盤でマリーゼを圧倒し、SBの攻撃参加も加わって右から左からマリーゼゴールに襲い掛かります。先制は木原が右から決めたもので、2点目は高橋のFK。今季あまり良いところがなかった北本も前線で攻撃の起点として機能していました。ただ惜しむらくはこの日はどういうわけか安藤が絶不調で攻守に全く冴えがなく、これが敗因の一つになってしまいました。

 マリーゼの攻撃は中央の丸山に前を向かせさえしなければ(といってもたまにDFのミスで前を向かれてしまうんですが)大して怖くなく、サイドに叩かれてもそこはしっかりと数的優位を持って守れてました。後半の半ばまでは。

 体格はマリーゼのほうが概してごついのでセットプレーだけは気をつけないといけないのですが、案の定CKをどフリーでヘッドで叩き込まれて1失点。時間にして65分なんですが、このあたりから浦和のガス欠が目立ち始めます。

 CKを全く同じ形でヘッドで叩き込まれさらに失点。自陣深いところからのクロスをやはりヘッドで叩き込まれて逆転を許し、そのまま試合終了。

 直接的には相手を簡単にフリーにして、何度も同じ形で失点したことが問題なんでしょうが、セットプレー時の守り方を再確認するだけじゃたぶんダメでしょう。根本的な問題は毎度毎度同じように後半半ばでガス欠を起こしてしまうことにあると思います。

 疲れてミスパスからカウンターを喰らう。もう一歩詰めないといけないところで足が出ない。こぼれ玉は拾われる。前半にはほとんど見られなかった光景が後半半ば以降からは常態と化し、その結果何度もCK・FKを与えてしまったことが負けに繋がったと考えるのが妥当でしょう。

 負け方も同じなら、サブに信用が置けないのか交代枠を余らせて終わるのもいつもと同じ。

 中断期間をここまで無為無策で終わらせるとは・・・

|

« マリーゼ3ー2レッズ | トップページ | 坪井、とりあえず無事 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/6131411

この記事へのトラックバック一覧です: マリーゼ戦補遺:

« マリーゼ3ー2レッズ | トップページ | 坪井、とりあえず無事 »