« 浦和0ー0 横浜 | トップページ | マリーゼ3ー2レッズ »

2005.09.25

消耗:横浜M戦補遺

 自宅に戻ってG大阪vs鹿島戦を見た。

 共になんだかなぁーという失点シーンがあり、「締まった好ゲーム」とは言いがたい試合だったが、久しぶりに見たガンバの攻撃はやはり見るものを唸らせるものがあった。特に1点目。二川のクロスが大黒の頭にはわずかに合わなかったが、その後ろにアラウージョがいる。

 人数をかけた怒涛の攻撃。前の三人だけでも十分強力なのに、二川がいて、遠藤も絡んできて、たまに橋本すら顔を出してくる。

 かたや昨日の浦和。攻撃は達也の独力突破に頼るだけで、あとは破れかぶれのミドルシュートを放つのが精一杯。達也の動き自体は悪くはないものの、エメルソンですら難渋した中澤の壁は厚く、達也の独力ではいかんともし難かった。せめて永井が、ポンテが絡んでくれれば助かるのだが、共に絶不調で何の助けにもならなかった。

 選手個々人はそれなりに頑張っており「寝ていた」とは全く思わないのだが、あれだけ中盤を支配されっぱなしで、こぼれ玉は拾えず、前線にボールが送れない試合は久々に見たような気がする。

 ポンテは両足を痛めていて、調整を重ねてかろうじて出場しているけれど、本来なら休ませるべきところなんだろう。ポンテに限らず、啓太しかり、長谷部しかり、昨日の浦和はコンディションがあまり良くないまま試合に臨んでいる選手が多すぎた。MDPを読むと永井も達也も大分戦のあたりで風邪を引いていたとのこと。達也はともかく永井はそこでコンディションを崩してそれっきりなのだろうか。

 即戦力選手補強失敗が響いたのか、単にサテライト選手の育成に失敗しているのか、はたまた平川なり酒井なり数少ない有力な控え選手をうまく活用できていないせいなのか、とにもかくにも今の浦和は「消耗」という言葉が相応しいように思う。

|

« 浦和0ー0 横浜 | トップページ | マリーゼ3ー2レッズ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/6105582

この記事へのトラックバック一覧です: 消耗:横浜M戦補遺:

« 浦和0ー0 横浜 | トップページ | マリーゼ3ー2レッズ »