« (速報)浦和 3-2川崎 | トップページ | 浦和 5-2 高槻 »

2005.10.30

浦和 3-2 川崎

17-10-29kawasaki2

 この試合の印象を一言で言えば「家本」ということになりましょうか。

 とにかく前半は家本主審の一挙手一投足から目が離せませんでした。長谷部のシミュレーション判定に始まる迷裁きの数々。アレックスのPKゲットも謎でしたが、それよりPKに値すると思われたマリッチへのファウルはなぜか流す等、時折帳尻あわせとしか思えない判定を織り込みながら、スタジアムに疑惑と怒号の渦を巻き起こす家本。笛が鳴るたび、あるいは選手が倒れるたびに、「次は何をやらかしてくれるのか?」と気が気でありませんでした。

 川崎逆転!と誰もが思ったCKからの得点がなぜかファウルで取り消され、結果的にこの判定がゲームを左右しただけに、今日の判定は川崎に厳しかったといわれても仕方のないでしょう。昨年神戸戦@ユニバーでも同じような展開で家本に救ってもらったのを思い出しましたが、家本の繰り出す謎判定に監督・スタッフ総出で激怒する川崎ベンチを見ていると、こういう糞審判への対応は(ある意味悲しいことですが)浦和のほうが一日の長があり、それが今日の勝ちに結びついたのかもしれません。

 主審の手によってめちゃくちゃにされたゲームをあれこれ語ってもしかたないのかもしれませんが、浦和の出来はあまりよくありませんでした。3点も取りましたが、相手を崩して決定機に持ち込めた場面は非常に少なかったと思います。ただその少ないチャンスをきっちりものにして勝ち点3をもぎ取ったのは、リーグ終盤となっては大いに価値あり。

 アレックスのPKは拾い物ですが、ツヅキック→マリッチがエリア内で競ってこぼれたところにアレックスが飛び込んで得た2点目は、なぜそこにアレがいる!と驚きを禁じえませんでした。アレックスは大宮戦からの好調を維持しているようです。

 平川とのパス交換で右に流れたポンテのクロスを攻撃参加してきた闘莉王がヘッドで叩き込んで3点目。その前の長谷部が左に切り込んでからの折り返し→飛び込んで来た闘莉王がシュート!の場面も惜しかったですが、いずれにせよ今日良かったプレーはこの時間帯に集約されていました。

 期待された永井はアウグストとけん制しあった格好になったようで、良いクロスを上げたのは一度きりでしょうか。途中平川と負傷交代(その平川がさらに負傷してしまったなんとも不運・・・)してしまいましたが、アウグストに決定的にやられた場面もなかったので総じていえば可もなく不可もなし。

 問題だったのは長谷部かな。大宮戦ではよく機能したのですが、今日はポンテと被ることも少なくなく、後半はボテボテのミドルシュートを放ったくらいで消えている時間がながかったように思えます。ガス欠なのか酒井が立て続けに大きなミスを犯して交代を命じられた時、FWを入れて長谷部がボランチに下がるのかなと思いましたが、ギドが投入したのは堀之内。だが膠着状態は打開できず。

 攻撃のほうは今一つでしたが、守備も前半はヒヤヒヤもの。都築の好セーブに救われましたが、3度ばかり川崎にDFラインをぶち破られました。中盤のプレスがかかっていないと、浦和DFはスルーパスで簡単に裏を取られてしまいます。今日も同じ失点パターンを繰り返すところでしたが、まさに都築様々。後半も押し込まれる時間帯が長く、何度もCKを与えましたが、幻の3失点目を除けば決定的な場面はなく、ハーフタイム中にそれなりの修正ができたようです。

17-10-29kawasaki1

 それにしても川崎は強く、良いチームでした。全力疾走の坪井が追いつけないジュニーニョ。エメルソンとあまりにもプレースタイルが似ている(周りを使う分エメルソンより良いという評価もw)ためか、今日はレッズサポなら誰しも!」との妄想を抱いて家路に着いたことでしょう。恐るべき精度でFKを蹴りこんできたマルクスしかり(何度見ても新潟の農夫にしか見えんけどなぁ・・・)、危険な飛び出しでDFラインを脅かした我那覇しかり、さすがに衰えは隠せないものの堅実なプレーを続けるアウグストしかり、攻撃的なタレントはJ1上位並み。ちょっと外国人選手と日本人選手の力量差がでかくて、日本人選手はプレスをかけるとミスが出やすい難点があり、また初めての埼スタでナーバスになってていた嫌いはありましたが、柏・大宮と比べると格段に歯ごたえのある相手でした。

 来年はまともな審判のもとで川崎と壮絶な打ち合いを演じてみたいものです。

P.S.

 到底間に合いそうもないタイミングで飛び込んで来て、都築に蹴りを喰らわせた都倉。84分に登場して、87分にピッチを去ったこのアホの名前はしっかり記憶しておきたい。報復行為があったのか都築もイエローをもらって次節出場停止。

 自作自演も含めて前半は1対1を3度ばかりセーブしながらも、2度もFKをぶちこまれ(2点目は壁のわずか外を蹴ってきたので軌道が見えていたはず。都築のミスでしょうなぁ・・・)、最後は都倉の卑劣なプレーで負傷しながらももはや交代要員がいないためピッチに立ち続けた都築。サポーターへの挨拶もできず、すぐにベンチに下がってしまいましたが、その後姿にはちょっぴり目が潤まずにはいられませんでした。

|

« (速報)浦和 3-2川崎 | トップページ | 浦和 5-2 高槻 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/6745504

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和 3-2 川崎:

» 浦和vs川崎 試合レポート [sattiのサッカー・スポーツ総合コラム]
浦和vs川崎「サバイバルを制し、生き残ったのは浦和」 2005/10/29(Sat) 浦和vs川崎 15:35キックオフ 会場:埼玉スタジアム2002 天気:曇り 観衆:37593人 主審:家本 政明(SR) スコア 3−2 8分三都主(=PK)、34分三都主、37分、ジュ...... [続きを読む]

受信: 2005.10.30 19:56

« (速報)浦和 3-2川崎 | トップページ | 浦和 5-2 高槻 »