« 浦和 3-2 川崎 | トップページ | ごらんホーム:しらこばと運動公園 »

2005.10.31

浦和 5-2 高槻

 木原復帰でスタメン陥落危機迫った党首でしたが、監督はどうも前節でそれなりに手応えを感じたようで、笠井出場停止明けにも関わらずそのまま岩倉-西口-田代-山本の4バックを採用。結局前節の保坂に代えて木原が入っただけで党首は無事左SHに納まりました。

 試合そのものは前半浦和が立て続けに4ゴールを叩き込んで早々と決着がついてしまいました。高槻のDF陣はスピードに難があるようで、裏を取られると一気にシュートまでもちこまれてしまうようでした。山郷のゴールキックを競った北本が反転して自ら突進&シュートした場面や、党首のスルーパスを受けて若林がゴールを決めた場面は高槻の弱点を如実に示した感がありました。他にもDFラインの裏へ抜け出してGKに迫った場面が何度かあり、こうしたチャンスを確実に決められるようになればチーム力はもうワンランク上に行けることでしょう。

 浦和は高槻と比べてもやはり体格では負けていて、笠井が抜けてしまうとただでさえ高さがない浦和は空中戦で全く歯が立ちません。前半のうちにCKのこぼれ玉を蹴りこまれて一点失ってしまいます。今日は与えたCK・FK自体が少なかったので大過には至りませんでしたが、依然セットプレー対策は喫緊の課題でしょう。また自らのCKを高橋は単純にゴール前に蹴りこんでいましたが、やはり高さのなさは如何ともしがたく、ほとんどチャンスには結びつかず。このあたりはショートコーナーを使うなり、多少工夫の余地があると思います。

17-10-30koshi2

 前半で試合にほぼ決着がついたためか、負傷明けの木原に代えて森本を投入。しかしこの投入は完全に失敗に終わり、後半は高槻に中盤を支配されて押し込まれる時間帯が長く続きました。森本は右サイドでそれなりに奮戦していましたが、やはり試合感がないせいか、ちょっと戸惑いがちにプレーしていたように思います。

 また困ったことに党首が前後半を通じてピッチを浮遊。意図的にやっているのかどうかわかりませんが、どうも党首は自然とトップ下に近い位置に出張ってしまう傾向があるようで、その穴を必死に高橋が埋めている場面がちらほら。左サイドをぶち破られて2点目を取られた場面に党首が絡んでいたのかどうかは遠くてわかりませんでしたが、なんとなくさもありなんって感じの失点シーンでした。両SHがいまいちだったせいか、安藤・高橋は攻守に大忙し。高橋は後半FWを追い越して最前線にしばしば顔を出していましたが、1ボランチにそこまでやらせちゃいかんわなぁ・・・ というわけで党首は人を使うプレーばかりを狙わず、たまには使われるプレーにもチャレンジしましょう。っちゅーか、それ以前に運動量を上げんと。

 苦しい時間帯が続きましたが、それを打開してくれたのはやはり安藤。左サイドから党首のありがたいクロスを受け、個人技でDFを交わしてゴール! これで高槻は完全に戦意を喪失したのか、後は再び浦和の攻勢が続きました。

 5点目に絡んだ以外は後半消えまくっていた党首に代えて伊藤を投入。レイニータ出身の伊藤は今季初登場。さらに終了間際には北本に代えて松田を投入する等の余裕も見せての勝利。

 次節ベレーザ戦は天皇杯と重なるので、オッサン的にはこれがレディース最終戦になってしまいますが、時折顔を覗かせる守備の不安定さを克服してなんとかベレーザに一矢報いてもらいたいものです。

P.S.

17-10-30koshi1

やっぱりキャプテンはすぐに横を向いてしまうのであった。浦和のキャプテンは男女とも挨拶下手w

17-10-29kawasaki3

高槻サポ2名ご来場。さすがに後半はかすれ気味でしたが、がんばって最後までコール。激しく乙でした。

|

« 浦和 3-2 川崎 | トップページ | ごらんホーム:しらこばと運動公園 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/6757075

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和 5-2 高槻:

« 浦和 3-2 川崎 | トップページ | ごらんホーム:しらこばと運動公園 »