« REDS RICE登場も県は不作! | トップページ | 浦和、来季10億円補強 »

2005.10.21

大宮戦展望

 達也戦線離脱を受けてギドはついにフォーメーション変更を断行し、3-4-3で大宮戦に臨む模様。

 左に三都主、右に永井の両ウィング。共に岡目八目的には最適のポジションと思われ、中央のマリッチがポストorターゲットとして機能してくれれば、両ウィングや後ろに控えるポンテが絡んで爆発的な攻撃力を発揮してくれることでしょう。達也不在の折、三都主の守備の負担を軽くして攻撃に専念させるのは賢明な策です。

 ただ三都主、永井とも前線でのチェーシングは達也ほどには期待できませんから、どうしても中盤に負担がかかるでしょう。ここをどう凌ぐのかが一つの見所かも。プレスがかからないまま簡単に前線へのフィードを許してカウンターに沈むパターンは避けたいものです。

 新フォーメーションがいきなり100%機能するわけがありません。多少戸惑いや不具合もあるでしょう。ただ大宮から見れば今年既に3度闘ったとはいえ、主力選手も闘い方も変わってしまった浦和に対してこれまでの研究の成果が無に帰するわけですから、状況はそんなに悪いわけでもありません。前回の闘いでは長谷部にトニーニョを付けるといった大宮の奇策が見事に嵌りましたが、大宮がハーフタイムに混乱したチームを立て直せるかどうかも見所でしょう(混乱しているのは浦和も同じかもしれませんがw)。

|

« REDS RICE登場も県は不作! | トップページ | 浦和、来季10億円補強 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/6499181

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮戦展望:

« REDS RICE登場も県は不作! | トップページ | 浦和、来季10億円補強 »