« 川口にフレンディアが!!! | トップページ | レッズポン顛末 »

2005.11.21

浦和4-1東京V

17-11-20tokyov1

 終わってみれば4-1の大勝。最近のヴェルディ戦といえば得失点差を一気に広げるボーナスステージのようなもので、この日もやっぱり結果はそうなったのだが、お世辞にも誉められたゲームではない。もう内容をあれこれいう局面ではなく、どんなに泥臭かろうか、どんなに偶然に恵まれようが、目の前の相手を倒してゆくしかない浦和。怪我人続出に加え、長谷部・永井を出場停止で欠く中でよくやっていると思うし、もっと素直に浦和の勝利を称えるべきなのだろうが、残念ながらこれじゃG大阪、C大阪、鹿島、そして千葉と上位チーム相手に1勝もできないのも無理はないと思わざるを得ない内容だった。

 だが、それ以上に酷いのがヴェルディ。後半やや意地を見せたが、前半の覇気のない闘いぶりはもう降格を甘んじて受け入れているとしか思えない出来だった。一応ポンテだけは抑えようとダーティープレーヤーを中心に厳しいマークをつけているのだが、ただそれだけ。ポンテに意識が行過ぎているせいか、4バックでやっているのにサイドの守備が甘いのには失笑を禁じえなかった。

 左の三都主はいつもの持ちすぎ癖が顔を出して大して見せ場が作れなかったが、右で活躍したのが岡野。ナイスヘッド!と思われたマリッチへのクロスは惜しくもオフサイドとなったが、なおも右サイドを蹂躙。マリッチのヒールパスを受けてエリア深く侵入すれば、後は中央でフリーのポンテに渡すだけ。立ち上がり20分の岡野は永井の代役として十二分の働きだった。

 しかし残念ながら良かったのはここまで。後は不甲斐ないヴェルディにお付き合いするかのようなぐだぐだの試合運び。この日はとにかくイージーなミスが多かった。2試合出場停止明けの啓太は溌剌とした仕事ぶりを見せてくれるかと期待したのだが、これが完全に期待外れ。試合感のなさを露呈するかのようにミスを連発。後半途中で交代を命じられるのも無理はない出来だった。苦戦になった原因の過半は啓太にあるといっても過言ではないが、交代で入った細貝もピッチを彷徨っていただけだったので、今日のスタメンで事実上浦和は全弾撃ち尽くしなのだろう。

 前半は岡野の裏を2度ばかり突破されただけで事なきを得ていたが、後半になるといよいよ岡野の疲労の色が濃くなって徹底的に裏を突かれ、さらに悪いことに両ボランチがずるずる下がって中盤のプレスが効かなくなってヴェルディの攻勢にさらされる始末。小林大の負傷で投入されたジウが、それこそ「怪我の功名」というべきか、なかなかの働きぶり。都築の奮闘で浦和はぎりぎりのところでこらえ、ギドも細貝を準備してなんとか事態の打開を図ろうとしていたのだが、残念ながら一歩遅くヴェルディの同点弾を浴びる。小林慶のゴールは偶然の産物に近いと思うが、それに至る経緯からすればここで追いつかれるのは妥当な結果だろう。

 「だが」「しかし」と逆接の接続詞連発なのもなんだが、ここで一気に畳み掛けられないのがヴェルディであり、追いつかれてもなお突き放す余裕のあるのが浦和。残り時間は両チームの状態を如実に表していた。岡野を退けてカニを投入し、2トップに変更。2トップにしたことが忽ち奏効したというわけではないが、試合を決めたのはこの日ここまであまり良いところのないマリッチだった。残念ながらマリッチの1トップは機能しているとは言い難いい。ハイボールではことどとく競り負け、ポストプレーも満足にこなせず、少なからずのレッズサポが失望の目で見ていたであろうマリッチ。しかしそのマリッチがサポーターの重圧に耐え、難しい角度からのシュートを決めて、苦しい試合をモノにしてくれた。

 このゴールで萎え萎えになってしまうのが勝てないチームの悪癖。あとはポンテの芸術的なループシュートを許すわ(その前にも一度長い距離をループで狙ったのがあったけど、ポンテはGKの位置をずっと注視してたんですなぁ・・・)、次の試合もあるのに2人も退場者を出すわとメロメロの状態で試合終了。逆に浦和サイドはエスクデロも投入して(この日投入された3人の若手の中では明らかに実力が抜けているが、外国人枠の関係で使い方が限られているのがなんとも残念・・・)、祭り状態でゲームを終えたのだが、お世辞にも良いゲームとはいえないのは冒頭申し上げた通り。

 パス回しのためのパス回しに終始する傾向は相変わらずだし、悪いことに頼みのワシントンすらその悪癖に染まってしまったようでゴールへ向かう意識が感じられないヴェルディ。また戦術的なもの以上に、とても降格圏内にいるとは思えない覇気のない闘いぶり。そして不甲斐ない内容にも関わらず、チームを暖かく迎えるゴール裏の人々www 相手(柏)があることなので、自動降格するかどうかはなんともいえないが、降格に値するチームであることだけは間違いない。下種の勘ぐりかもしれないが、ヴェルデイの選手はスキルフルなだけに、降格になっても他所で拾ってもらえるとの甘い期待を持ったまま試合に臨んでいるのではないだろうか?

P.S.

 試合の大勢に影響がないからお笑い草で済んだのだろうが、ベンチの指示を無視してPKを蹴った闘莉王にはなんがしかのペナルティがあって当然だろう。エメルソンの例からすると罰金くらいだと思うが。

P.S.2

 ヴェルディのACL出場自体は、それがいかに妥当性を欠いたルールであるにせよ、正当なルールに則っているのだから他チームはとやかくいうべきではないと思う。でも、この状態のチームがACLに出て中国のチームに7-0で負けるどころか、あまつさえベトナムやインドネシアに負けたりするのは日本の恥になるだけなので勘弁してくれよな。出るなら勝て。たとえJ1昇格を諦めてでもw

|

« 川口にフレンディアが!!! | トップページ | レッズポン顛末 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/7245541

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和4-1東京V:

« 川口にフレンディアが!!! | トップページ | レッズポン顛末 »