« (速報)G大阪 2−1 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:万博2005 »

2005.11.13

G大阪 2-1 浦和

171112osaka2

 立ち上がり5分は両サイドを使った攻撃が出来ていてそれほど悪くはない。ただその直後酒井がタックルを交わされて立て続けにガンバの攻勢を許したあたりから雲行きが怪しくなった。

 とにかく攻める人数が少ない。長谷部の位置は恐ろしいほど低く、前線でマリッチが孤立。立ち上がり良いように見えたサイド攻撃も結局合わせる相手がマリッチだけでは、シジクレイがそびえ立つガンバ守備陣を崩すのは難しかろう。時間が経つにつれて単純にマリッチへ放り込む場面が増え始め(でもマリッチはハイボールの競り合いに強いわけではないので効果なし)、両サイドは沈黙。ポンテが2、3人に囲まれながらも必死にキープして援護を待つも虚し。

 前半ギドが敷いた3ボランチ。ガンバの誇る攻撃陣を中盤で寸断する意図だったのだろうし、事実唯一喫した失点の場面以外はそれほどガンバに決定的なチャンスを与えなかったのだからこの策そのものが破綻したわけではない。ただそれはイーブンの状態でガンバと渡り合う場合の話。明らかにコンディションではレッズ優位、さらにガンバは最悪引き分けても良いという条件下で消極的とも取れる布陣はいかがなものか。

 前半終了間際唯一の決定的チャンス-永井のクロスがフリーのマリッチに渡った場面をマリッチが決められず、方やガンバはフェルナンジーニョが個人技で坪井を交わしてゴール。外国人選手の出来差が明暗を分けたようにも思えるが、敗因はそれ以上にゲームプランの立て方にあるように思う。

171112osaka1

 先制されてやむを得ずギドはカウンターを喰らうリスクを背負って人数をかけた攻めに転じる。三都主は前半よりは明らかに高めに位置を取り、分厚い攻撃から何度もシュートに持ち込むところまではいった。決定的といえるところまでには行かず、むしろ案の定ガンバのカウンターを喰らう場面が多かったが、この時間帯がこの試合を通じて一番可能性を感じた。ボールを回す。相手を走らせる。ガンバも粘りつよく守ってはいるが(この守りにはガンバの優勝への執念を感じたね、残念ながら。)、時間が経つにつれてコンディションの差が明らかになり、逆転は十分可能。誰もがそう信じたことだろう。

 だが不可解なことに横山投入を機に後半30分あたりからレッズは闘莉王を前線に上げてパワープレーに転じてしまった。永井のクロス→横山ヘッド、そして終了間際の永井クロス→闘莉王ヘッドというチャンスもあったけれども、結果論になってしまうのかもしれないが守るガンバを楽にさせてしまったのではなかろうか。

 オッサン的には後半すっかり足が止まったガンバに対しレッズが左右に揺さぶりながら猛攻を仕掛けるようなイメージを描いていたのだが、それは残念ながら画餅と化してしまった。

 結局この布陣がアダとなってガンバに追加点を許し(アラウージョに付いていたのが長谷部に代わって投入された岡野っちゅーのがなんとも・・・)、直後に三都主のFKで1点返すのが精一杯。この日はGK藤ヶ谷の好守にもやられた。

 選手個々人は十二分に奮闘しており、誰も責めることはできないし、双方汚いプレーがなく紛れもない好ゲームだった。ただ達也離脱後はいかんせん攻撃のバリエーションが少ない(スピードがないのが特に残念・・・)のと、個々人の頑張りではいかんともし難いゲームプランの拙さがレッズの勝利を阻んだように思う。

 次節は永井と長谷部が出場停止。もはや天運を信じ、目の前の敵を一つ一つ倒してゆくほかない。

|

« (速報)G大阪 2−1 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:万博2005 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/7075987

この記事へのトラックバック一覧です: G大阪 2-1 浦和:

» ガンバ戦。 [わいわいな日々]
テレビのこちらで見ているのがもどかしい、すばらしいゲームだった。 レッズは良く戦った。しかし、痛恨としか言いようのない敗戦。 まだ4試合ある。2.5ゲーム差、勝ち点7はあまりに重い。 でも、まだ4回もレッズ戦が見れる。チケットは4...... [続きを読む]

受信: 2005.11.15 09:38

« (速報)G大阪 2−1 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:万博2005 »