« 【め】目の上のこぶ | トップページ | 三都主が離脱 »

2006.02.07

【み】身から出た錆

(原解釈)

 押しに押しまくったが決定機に決められず、逆にひょんなことから相手に失点を許し、まさかの敗戦。幾度となく見てきたレッズの情けない負けパターンを指す言葉。

------------------------------------------

 自陣に引きこもった相手が苦手だったレッズ。相手が一人退場になるとスペースがなくなって却って攻めづらくなり、往々にしてカウンターを喰らって負けていたレッズ。

 それもこれももう全て過去のことだ(と思いたい)。

|

« 【め】目の上のこぶ | トップページ | 三都主が離脱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/8481679

この記事へのトラックバック一覧です: 【み】身から出た錆:

« 【め】目の上のこぶ | トップページ | 三都主が離脱 »