« サンフランシスコの七面鳥狩り | トップページ | 疑惑 »

2006.02.12

【も】門前の小僧習わぬ経を読む

(原解釈)

 大原の金網越しに練習を眺めていたところで、素人のサッカーが上手くなるわけではない。駒場に、埼スタに何度足を運ぼうと同じことだ。

 だが、オフトが市原オシム監督の練習場を何度も覗いてみたらどうだろうか。きっと何か得るところがあるに違いない。

------------------------------------------

 浦和の練習風景を綴るサイトやブログが充実してきたのは、普段おいそれと大原に足を運べない者にとって誠に有難いことである。リハビリ中の選手も含め、選手達が厳しいながらも明るいムードでメニューをこなしている様子が窺われ、いつも読み手の気持ちを前向きにさせてくれる。

 ただ惜しむらくは浦和の練習を他チームの練習と比較したものは少ないように思う。他チームの練習の様子は移籍してきた選手のコメントから察するくらいしか情報がない。浦和の練習を見続けるだけで大変なのに、他チームの練習も見るというのは酷な注文だが、冗談の飛び交う和やかな練習風景を指して「チンタラしている」とか「あれじゃ千葉に運動量で負けるのは当然」とか印象論でしかない批判が出てしまう現状は残念だ。

 他チームの練習を一日見ただけでは有益な比較はできないだろうが、チーム間の練習風景比較というのは興味ある課題だと思う。

|

« サンフランシスコの七面鳥狩り | トップページ | 疑惑 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/8482415

この記事へのトラックバック一覧です: 【も】門前の小僧習わぬ経を読む:

« サンフランシスコの七面鳥狩り | トップページ | 疑惑 »