« ボスニア戦、小野外れる? | トップページ | 党首不在 »

2006.03.01

ああ爺古、今日も反省なし

 前半はやや優勢、後半はメロメロ、終了間際に同点に追いつき、爺古日本の唯一無二の長所である「勝負強さ」がだけが際立った親善試合でした。欧州組が加わる最後の親善試合であることから、この日のスタメン&フォーメーションで爺古は本番に向かうと見るのが妥当なところですが、その結果は本番に不安を抱かせるもの以外の何物でもありませんでした。

 前半は中盤で相手を潰してDFラインの裏を狙うという意図がはっきりしていてまぁまぁ良い出来だったと思います。FWへスルーパスを出したり、大きなサイドチェンジでサイドから攻略してみたり、2列目から飛び出して見るなりと、なかなか決定機には至りませんでしたが多彩な攻めが見られました。飛び出してどフリーでボールを受けた福西のシュートが決まっていればかなりこの試合の様相は変わったかもしれません。また中村のセットプレーは強力な武器であることをこの日も再確認。前半終了間際の中村CK→高原ヘッドは、飛び出してボールに触れなかったGKのミスじゃないかという気もしますが・・・

 ボスニアはでかくてスピードもあって足元が上手いけれども、前半は結構パスミスが多くて、日本の中盤は結構楽にボールを奪っていたように思えました。またボスニアは日本のエリア前でポストプレーを絡めて細かくボールを回しながら攻勢に出ていましたが、これといった決定機は作れないまま前半終了。ここまでは日本楽勝と思ったんですけどネ・・・

 先制されたボスニアは後半頭から明らかにシフトチェンジ。しかもサイドに狙いを絞った攻撃に切り替えてきました。ボスニアの巧みな足技&スピードのあるパス回しの前に、日本は中盤でボールを奪うのもままならなくなり、たちまり日本の左サイドが火達磨に。三都主の守備力では全く対応できず、鋭いクロスを何本もゴール前に送られます。ボスニアに決定力がなかったのでこの形からの失点は免れましたが、それは天佑にすぎません。簡単に抜け出され、つい手で止めてしまってしっかりイエローをもらう三都主。このまま4-4-2の左SBに三都主を使い続けるようなら、たぶんブラジル戦に三都主は出場できないでしょう。

 レッズサポなのでつい三都主をかばってしまいますが、三都主を叩くのは全くの筋違いで、SBとして三都主を使うあのボケこそが責められるべきでしょう。ここで三都主を叩くのはいわばSBに置かれた久保を叩いているのと大差ないでしょうに。

 この形でやられるだろうと容易に想定できるシナリオがそのまんま現実になる日本。豪州やクロアチアの目にしっかりと焼き付いているでしょうな、このやられパターンは。

 炎上する左サイドに加えて気になったのは今年に入ってから中澤にキレが見られないこと。この試合でも不用意なPKを与えてしまいましたが、どうも米国戦といい、この試合といい、中澤の存在感が希薄になっているような気がして仕方ありません。中澤は日本防空システムの要、いわば「イージス艦」みたいなものだと思っているのですが、中澤の調子が上がらないまま本戦を迎えるとなると、左右からクロスを放り込まれては失点を重ねる姿が目に浮かんでまいります。

 川口ポロリで逆転され、小野・稲本・大黒・柳沢と相次いで投入するもさして局面は変わらず。このまま試合終了かと思い込んでいたところで、中村→中田の同点弾。いやはや恐れ入りました。

 生暖かい目で見守るしかない日本代表。嗚呼。

P.S.

日本相手に発煙筒やら花火やらを持ち出すとは大人気ない・・・・

瓦斯の中学生相手に大旗攻撃を仕掛けたウチも相当大人気ないですがwww

|

« ボスニア戦、小野外れる? | トップページ | 党首不在 »