« (メモ)浦和 3 ‐0 C大阪 | トップページ | 続・動く広告 »

2006.03.22

【観戦記】浦和 3-0 C大阪

 大阪ダービーの虐殺劇をテレビで見て予習したつもりでしたが、セレッソの状態はさほど好転しているように見えませんでした。前半浦和を無失点に抑えたことで守備は良くなったと見る向きもあるかもしれませんが、あれは半ば攻撃を放棄してベタベタ守っているだけ。堅守速攻の狙いは悪くはありませんが、ひたすら浦和のボール回しを耐え忍んでいるその姿はもはやJ1チームのそれではありません。

 セレッソの攻撃は一にも二にも西澤が機能してナンボのはずですが、西澤がなぜか中盤まで下がって来てしまうため、ほとんど得意の型に持ち込めず。結局セレッソのチャンスは2回-前半にワシントンが不用意にボールを奪われて速攻を食らった時と、後半モリシに浦和の右サイドを抜け出された時だけ。結局セレッソのシュートはわずか4本に留まりました。

 シーズンも半ばを過ぎ、降格が現実味を帯びてきた段階なら「ハナから引き分け狙い」と取られてもおかしくない消極策もやむを得ないかと思いますが、シーズン序盤で攻撃に全く繋がらない単なる引きこもり策を取るのはどうかと思います。負けが混んでいるとはいえ、チームが固まらない状態で強豪と連続して当たったという不運な面もあり、昨年同様後半から持ち直すくらいのタイムスパンでチーム再建を図れば十分でしょう。今日の大敗が迷走を深めることにならなければよいのですが・・・

 で、そんな状態のセレッソに見事なまでにお付き合いしてしまったのが前半の浦和。開始早々三都主が左サイドを駆け抜けて鋭いクロスを送ったものの、ワシントンのヘッドは枠を逸れてしまいます。これが決まっていれば楽勝そのものだったのですが、後はボールを一方的に支配すれども決定機まで持ち込めないもどかしい展開。

 セレッソは右WBに山田卓ではなく河村を配し、おそらくここが穴になるだろうと思ってみていたのですが、決定機となったのは立ち上がりだけ。あとは三都主の突破を数的優位を確保しながら巧みに防いでいたと思います。

 左からの崩しがうまく行かないので、ポンテが右に流れてみたり、闘莉王が乱入してみたりと浦和もいろいろ試しては見るのですが、セレッソの選手がぐちゃぐちゃいるところで細かいパス回しをしようとしてラストパスが相手に引っかかるの繰り返しでしかなかったような・・・前半は「撃て!撃て!」と心の中で4万総指示ラーになっても不思議はない展開でした。

 ワシントンのキープ力は驚異的なのですが、縦に入ってきたボールを簡単に叩く場面ではポンテ・長谷部・伸二らとの呼吸が寸でのところで合わず、これが前半の苦戦の一因になっていたように思います。

 ただ攻撃陣の連携は格段に良くなっており、パス交換のタイミングだけがもう一息のところで合わないだけで意図ははっきりと通じている状態なので、爆発するのは時間の問題でしょう。

 ボールは支配すれども決定機が掴めないような展開では、往々にしてカウンター一発で負けてしまうものですが、この日のセレッソはその可能性もほとんど感じさせず。後半立ち上がりから浦和はさらに攻勢を強め、伸二のダイレクト&ドライブ掛かりまくりという芸術的なミドルシュートがセレッソゴールに突き刺さった時点で勝負あり。今日の伸二は前半専らボランチの位置でボール配給に徹していた感がありますが、後半になって前へ出る動きが頻繁に見られるようになり、やっと3-6-1の2列目らしい働きができたかなと。

 あとは前に出てこざるを得なくなり、といってもDFラインは怖くて上げられないせいか、中盤がスカスカになってしまったセレッソ相手に着々と追加点を上げ、さらに伸二→内舘、暢久→平川、ワシントン→黒部とスタメン組を休ませながら、控え組の調整を図るという余裕も見せながら快勝。ここ2戦続いていた終盤の凡ミスもなく、今季初の完封勝利のおまけつき。

 今日の闘莉王は後ろで見ていてイライラしていたのかも知れませんが、セットプレー崩れでもなんでもないのに頻繁に前線に顔を出しておりました。しかし、ワシントンが叩いて闘莉王が決めるってなんちゅー2トップやねん・・・ 喜ぶ闘莉王が「動く広告」に登るかと思って楽しみにしていたのですが、そのそぶりさえ見せず。この辺はクラブからきつい申し渡しがあったのかも(^^?

 セレッソは前半から中盤で複数人でプレスを掛けにくるのですが、全くといってもいいほどボールを取れないので次第に運動量も減少。新外国人のピンゴですが、本来のポジションであるボランチに入っても大して見所がなく、セレッソ不振の元凶のように言われるのも無理はないかも。

 伸二のゴールで早々と勝利を確信してしまった人が多いせいか、後半は半ば内舘祭りになってしまいましたが、そのネタは今日のところは別の方にお譲りします。

 なおバックスタンドでは終了間際のオフサイドの判定を試合終了と勘違いして席を立つ人が多数いました。このあたりがゲームの雰囲気を象徴したのではないでしょうか。

|

« (メモ)浦和 3 ‐0 C大阪 | トップページ | 続・動く広告 »