« ワシントンのコール | トップページ | 新兵器の正体 »

2006.03.03

ガンバ戦の見所

 いよいよ開幕。

 「今年の浦和は豊富な持ち駒を抱え、スタメン予想自体が楽しみ」とつい常套句を書き連ねそうなところですが、まぁそこはメンバーを固定するのが好きなギドのことですから、達也復帰までは怪我人でも出ない限りゼロックス杯のスタメンで行くんでしょうな。

 日本代表組も当然のように酷使。出場機会のなかった坪井・都築はもちろん、短時間の出場に留まった伸二もスタメン起用。

 ボスニア戦で90分出場し、唯一スタメンから外れる可能性がある三都主ですが、ギドは相馬の守備に相当不満を持っているようで、平川が完調でない現在、へろへろなのは承知でやっぱり三都主を使ってくるのでしょう。

 ここでいきなり相馬を起用すれば、「今年のギドは一味違う!!」と刮目するところですが。

 永井は腰の不調が伝えられたところですし、家長対策もあって右サイドは暢久で間違いなし。

 ゼロックス杯では無限の可能性を秘めつつも連携不足は否めなかったところですが、一週間を経てどの程度の出来になっているか。ワシントンのコンディション如何と共に注視したいところです。

 方やガンバ。こちらはゼロックス杯で諸問題が露呈したので、スタメン・フォーメーションの大幅な変更は必至。

 右サイドが脆いのが一目瞭然だったので、ボスニア戦フル出場でお疲れながら間違いなく加地は出場。明神のCB構想もあっけなく崩壊したので、宮本も起用せざるをえないでしょう(これが守備力強化に全く繋がらないところに笑いを禁じ得ませんがw)。

 ほとんど機能しなかったマグノアウベスの1トップをどうするのか。ここが予想のつかないところで、この一戦を見る上での最大の興味どころであります。

 じゃ、万博で(^^)/

|

« ワシントンのコール | トップページ | 新兵器の正体 »