« (メモ)浦和3 ‐1磐田 | トップページ | お詫び-月刊浦和レッズマガジン »

2006.03.12

【観戦記】浦和 3-1 磐田

180311_048

 スコア通りの快勝ですが、浦和が良かったというよりは磐田が弱すぎたといったほうがいいような試合でした。浦和の出来は万博の一戦とと大差なく、単にガンバと磐田の力の差がスコアの差に表れただけでしょう。

 先制点を取るまでの浦和の出来はゼロックス杯以降の3戦で最悪といっていいと思います。ワシントン、ポンテ、伸二の動きが悪く、せっかく中盤で良い形でボールを奪ってもパスの出しどころを探しあぐねているような場面が目立ちました。ポンテがここぞという時にしか動かないことは昨年で経験済みなのでそれほど驚きはないのですが、伸二の動きが良くないのはコンディションのせいなのかどうか。

 前半途中から伸二と長谷部がポジションを代えていましたが、ドリブル突破が期待できる長谷部を2列目に出したほうが今のシステムは機能しそうです。伸二は2,3人に囲まれてからの突破とか、逆回転をかけてスペースへパスを出す等小技で唸らせる場面もありましたが、どちらかというと後半の守備の貢献が高かったように思います。

 ワシントンもあまり良くありませんでした。何度か裏に抜け出しながらシュートを決められなかったのはまだしも、前線で拠点となう仕事も今一つ。またパスが出てくるタイミングが合わないのか再三オフサイドを取られました。ただ長谷部→闘莉王の先制点は明らかにワシントンがDFを釣っていたのが効いており、また茶野の凡ミスを招いた場面もその前にワシントンがハイボールを競ったことによるこぼれ玉が起因になっています。その意味では一定の仕事はしたといえるかもしれません。

 全般にぴりっとしない中、啓太の献身的な動きが光りました。練習中の怪我が伝えられ、万一のことを考えてベンチに酒井を置いたのですが、そんな心配は全く無用。獅子奮迅の働きでした。滅多に回ってこない攻撃機会ですが、ミドルシュートの精度が良くなっているのも頼もしいところ。

 今年は早々とFKを叩き込んだ三都主。対面の鈴木秀人では相手にならず、立ち上がりは一人でチャンスメークしているようなものでした。攻撃に専念させた時の三都主の威力を見せ付けた感も。もちろんお約束のアマアマのディフェンスでヒヤリとする場面もありますが。

 それほど良くないながらも前半のうちに2点を先取し、さらに後半磐田の誇る日本代表の素晴らしいコンビネーションで1点を頂いて以降は、引いて守ってカウンター狙い。磐田はボールを支配するもののラストパスがほとんど通らず、全くといっていいほど得点の気配がないまま時間が流れてゆきます。それだけに相手CK時に注意散漫になって1点を献上したのは余計でした。3点差・相手との力関係・相次ぐ選手交代と集中が切れそうな要素はいくつもありましたが、この失点は全くいただけません。

 豊富なタレントを擁する割には楽しいサッカーとは程遠い出来にありますが、今日は勝ち点3がきっちり取れて前回の引分けを有意義なものにできました。選手間のコンビネーション確立に時間がかかるのは致し方ないことですし、その間に比較的強い相手から勝ち点を取っておくことが何よりも重要。今の浦和は守備重視のように見えて仕方ありませんが、広島・C大阪・横浜と続く3月の連戦では負けないことが大切なのかもしれません。

 さほど良いようにも見えなかった浦和に対し、磐田は悲惨としかいいようがありません。浦和のサイド攻撃を封じる趣旨で4バックを敷いたのかもしれませんが、浦和の右サイドこそその狙いはほぼ完遂できたものの、右SBに入った鈴木は前半三都主にいいようにやられました。

 またカレンの1トップも不発。カレンがサイドに流れてボールをキープし、ボールを回してサイドを崩して速いクロスを入れて、再度前線のカレンに合わせるような狙いだったのかもしれませんがチャンスらしいチャンスは作れず。中盤で安易にボールを失うというかつての磐田では考えられないプレーも散見され、力の衰えは隠せないようです。

 浦和相手に実験を試みる山本監督の冒険精神には頭が下がります。

P.S.

 この試合のトホホ。

 ワシントン・黒部・闘莉王・堀之内と4人もターゲットがいるのに、ポンテのCKは誰にも合わずにファーに流れてそのままタッチを割ってしまった・・・orz

|

« (メモ)浦和3 ‐1磐田 | トップページ | お詫び-月刊浦和レッズマガジン »