« 【観戦記】G大阪 1-1 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:万博2006 »

2006.03.06

【観戦記】甲府 0-2 清水

2006-03-05kofu1

 半ば小瀬競技場のネタを仕入れに出かけたようなものでしたが、甲府のサッカーはJ2経験の長いチームにしては珍しく攻撃的で結構楽しめました。

 ゲームを通じて終始攻めたのは甲府。シュート数も甲府が上回っています。清水は数少ないチャンスをきっちり決めて勝ち点3はものにしましたが、ただそれだけといった惨状で、試合運びの面白さという点では甲府に遠く及びませんでした。

 J2上がりのチームの常として甲府の運動量は清水を凌駕していました。J1緒戦で良いところを見せようとして前半から飛ばしすぎ、最後は運動量が激減してボールは支配すれども相手を崩すには至らない感じになってしまいましたが、清水のあまりの出来の悪さを割り引かないといけないにせよ、そこそこ闘えるレベルにはあったかなと思います。

 攻撃時にはやや3トップ気味になり、サイドに高く張った長谷川らを活かしながら清水のサイドを切り崩して、中央に構えるバレーへアーリー気味に速いクロスを送る攻撃が最も効果的でした。後方から直接バレーへロングボールを放り込む場面も目立ちましたが、ボールを受けたバレーがそのまま縦へ抜け出るには至らず。このあたりはJ2で通用したものがJ1では通用しないという一種の壁のようなものを感じました。運動量の落ちた後半は中盤からサイドへ速いバスを送ることができなくなり、後方から直接サイドへロングボールを放り込むようになってしまいました。これは清水の応対も楽で、甲府は攻めては跳ね返されの連続になり、攻めている割には得点の気配がしません。やはり運動量のある前半のうちに先制しないと、このやり方でJ1で勝つのは難しいでしょう。主力の藤田選手を欠いているのが非常に痛いようなのですが、藤田のプレーぶりが全くわからないのでそこは割愛します。

 前線で孤軍奮闘のバレー。真に乙でした。彼がいなかったらこのチームはお話になりません。浦和キラーとして名を馳せた堀井。今日は途中出場でしたが、知らん間にヘアバンドを止めていましたw 全般にせわしない選手が多い中、テクニックがあって意識的にペースダウンできる林の加入は非常に有益でした。CBに入ったビジュ。元札幌で嫌な奴でした。彼もそこそこ健闘していましたが、相変わらず汚いファウルで相手を止めてしまうことが多く、残念ながら外国人プレーヤーとしてはもはやJ1レベルでは厳しいかなと思いました。

 清水サポには申し訳ないですが、甲府がJ1でどれだけやれるかを推し量るには清水のレベルは格好の相手でした。結果は勝つのは難しいかもしれないが見せ場は十分に作れるといった感じで、勝ち点欲しさにガチガチに守備を固めてカウンター一発を狙うという現実志向というか、糞というか、まぁそんなチームよりは格段に面白いゲームでした。

 実際問題としてこのやり方でJ1を勝ち抜くのは難しいと思いますし、中盤での致命的なミスも散見される上に、信じがたいほど尻が軽いので強い相手には虐殺を食らうかもしれません。ただたとえそうであったとしても、目先の残留に拘らずに攻撃的で魅せるサッカーを志向する甲府を地元の方々は暖かく支えて上げて欲しいと思います。

 方や清水。勝ったこと以外何も収穫はありません。磐田とのPSMではスコアレスドローながらも内容は圧倒していたと聞いていたので楽しみにしていたのですが、今日の内容では今年も上位進出は難しいといわざるを得ません。相手の情報がなくてやりにくいという点はあるかなと思いますが、甲府に運動量で完敗している上にパスミスが頻発し、決定機は得点に繋がった場面以外は2回あったくらいでしょうか。まぁもともと決定機は数多く作りながら決定力のないチームですから、今回数少ない決定機をきっちり決めて勝ったというのは皮肉以外の何物でもないですが。

 左サイドをドリブルで突破してくるチェがいなくなったためでしょうか、サイドから縦に速いボールを送って相手のサイドを崩す意図が伺えましたが、それがモノになったのは数えるほど。とてもJ1上位相手に通用するレベルではありません。直接チョ・ジェジンへ放り込むだけではなく、FWと2列目の縦のポジションチェンジをかませるあたりが多少目新しいかなと思いますが。

 前評判の高かった藤本もほとんど見せ場なく、後半の早い時間帯で交代を命ぜられてしまいました。

P.S.

2006-03-05kofu2

 小倉選手の引退式。明るい別れは小倉らしくて好感が持てました。ご苦労様でした。

|

« 【観戦記】G大阪 1-1 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:万博2006 »