« 読者の皆様へ | トップページ | 浦和外国人OBとのPSM »

2006.03.08

苦闘する相馬

相馬3バック左に(スポニチ)

 左サイドが本職の浦和MF相馬が、亜大との練習試合で3バックの左で起用された。東京V時代もほとんど経験のないポジションでの起用は得意の攻撃に比べ、不安視される守備意識の強化が目的。「いい勉強になっている。攻撃は自信があるけど守備面は修正しなければいけないので」と話した。即戦力と期待ながらゼロックス杯、開幕戦と出番なし。この日は45分間の出場で無失点、得意のクロスも4本上げるなど必死にアピールしていた。

-----------------------

 ゼロックス杯で三都主に代わってなんと細貝が左WBに投入されたことに象徴されるように、ギド監督は相当相馬の守備力(守備意識?)に不満を持っているようです。リーグ開幕戦の闘いぶりでも見て取れるように、今年のギドは「2点取られても3点取る」サッカーを放棄し(っちゅーかエメ離脱後、ずっとそうですが)、とりあえずは守備重視で手堅く勝ち点を拾ってゆく方針の模様。

 この分では予想以上に早く戦線に復帰した平川が今年も三都主不在時に左WBとして重用されそうですね。

 相馬は思わぬ壁にぶつかった格好ですが、これを機により一層精進して欲しいものです。

|

« 読者の皆様へ | トップページ | 浦和外国人OBとのPSM »